WordPress

WordPressのパーマリンク設定について説明します。パーマリンク設定は「WebサイトのURL構造」の設定です。

パーマリンクの設定は、Webサイトを新しく構築した直後に設定します。設定した内容がWebサイトのURL構造になります。

パーマリンクの設定は、一度設定したら、後から変更しないようにして下さい。Webサイトを運営している途中にパーマリンク構造を変更すると、外部サイトからのリンクがずれてリンク切れになる場合があるので注意してください。

はじめに

パーマリンクとは?

パーマリンクとは、半永久的に使用するWebサイトのURL構造のことです。パーマリンクは、一度設定したら、半永久的にずっと使用します。

パーマリンクは、あなたのWebサイトに対して外部からリンクを張る際や、記事のURLをEメールやソーシャルメディアで送信する際に利用されます。

パーマリンクをカスタマイズするメリット

  1. WebサイトのURL構造に入る文字列を自由にカスタマイズできる。
  2. WebサイトのURL構造にSEO対策に配慮したキーワードを入れることができる。
  3. WordPressの初期設定では、URL構造に投稿の固有IDの数字が利用されています。IDの数字だと記事内容が分かりづらいのでそれを変更することもできる。

パーマリンクの設定

WordPressのパーマリンク設定は、インストール直後の初期設定では、URL構造に記事の固有IDの数字が利用されています。そのIDの数字の部分を設定で変更することができます。

もちろん、特に拘りが無ければ、設定を変更せずにそのまま利用しても問題ありません。

パーマリンク設定

WordPressのパーマリンク設定

カスタム構造の設定例

パーマリンク設定としてよく利用されるのが、パーマリンクに投稿名(postname)を使用するパターンです。投稿名(postname)を利用すると、記事タイトルに入力した文字列がパーマリンクに自動挿入されます。URL構造にSEO対策用のキーワードを入れることもできるので、ほんの僅かではありますが、SEO効果が少しあります。

例えば、URL構造の先頭の文字列を「archives」から「blog」に変え、投稿の固有IDの替わりに投稿名(postname)を使用することもできます。

/blog/%postname%/

参考

ちなみに、ネタワン(当サイト)では、パーマリンク設定を下記のように設定し、記事のパーマリンクに英語のキーワードを入力して運用しています。そうすると、記事のURL構造に英語のキーワードを入れることができます。

URL構造は英語の文字列にした方がURLの文字数も少なくなり、サイト運用者はURLを見ただけで記事の内容がある程度わかります。アクセス解析のレポート画面も見やすくなります。つまり、サイトの運用がやりやすくなる効果が期待できます。

/wp/%postname%/

パーマリンク設定時の注意点

パーマリンクに投稿名(postname)を使用すると、記事タイトルに日本語を使用する場合、URL構造に日本語の文字列が挿入されます。URL構造に日本語の文字列があると、Webブラウザで閲覧すると日本語表記のように見えますが、実際にはURLエンコードされた非常に長い文字列になっています。URLが長すぎると、記事がソーシャルメディアで拡散されにくくなるなど、デメリットも多いです。

パーマリンクに投稿名(postname)を使用する場合は、URL構造には「英語の文字列」を使用することを強くお勧めします。

パーマリンクに関する詳細情報

更に詳しいカスタマイズ方法などに関しては、日本語版Codexの「パーマリンクの使い方」の記事を参照して下さい。

WordPress Codex 日本語版

パーマリンクの使い方

WordPressテーマのインストール手順

WPテーマのインストール手順に関しては、次の記事で詳しく説明します。

次の記事へ

テーマのインストール手順

スポンサーリンク