ワードプレス

無料のWordPressテーマ(テンプレート)を配布しているサイトを紹介します。日本と海外の無料テンプレート配布サイトです。配布サイトが沢山あるので、優良なサイトのみに厳選しています。テンプレート選びの参考にして下さい。

この記事で紹介している無料テンプレートを活用して、あなたもブログを無料で始めてみましょう。そして、無料テンプレートと無料レンタルサーバーを組み合わせれば、お金は一切かかりません。WPテーマやサーバーにお金をかけられない学生などの方は活用しましょう。

尚、この記事は新しい無料テンプレート配布サイトを発見次第、随時追加していきます。

追記 2017.05.08

最近の変更履歴
[削除] オーツービジネステーマ

はじめに

注意事項

注意

この記事で紹介しているWordPressテーマ(テンプレート)は、基本的に無料で利用できます。ただし、配布サイトごとに利用条件が異なります。各サイトの利用規約をご確認の上、ルールを守って利用して下さい。

WPテーマによっては広告や著作権表記のリンクの表示が必須なものもあります。もし、自分のWebサイトに広告や著作権表記のリンクを表示したくない場合は、有料販売されているWPテーマを利用することをお勧めします。

参考記事

WordPressテーマ比較

日本製の無料テンプレート

日本語

日本国内の無料のWordPressテーマ(テンプレート)を配布するサイトを紹介します。

BizVektor

BizVektor

BizVektor(ビズベクトル)は、無償GPLライセンスで提供されているWordPressテーマです。シンプルで汎用性の高いデザインなので、どんなジャンルのブログを運用する際にも相性が良いです。

WordPressテーマの本体は無償GPLライセンスで提供され、拡張プラグイン(デザインスキン)が有料販売さています。拡張プラグインを購入することで、デザインやWPテーマの機能をさらにパワーアップできます。まずは無料で始めて、後から拡張プラグインを利用することもできます。

この無料テンプレートをベースにして、自分でCSSをカスタマイズしてデザインを変更することもできます。または、拡張プラグイン(デザインスキン)を利用して、デザイン性と運用性に優れた本格的なWebサイトを運用することもできます。

拡張プラグイン(有料販売)

BizVektor 拡張プラグイン(デザインスキン)

Lightning

Lightning

Lightning(ライトニング)は、WordPressの公式テーマディレクトリに登録されているWordPressテーマです。WPテーマ本体は「Bootstrap」ベースのテーマになっています。機能面は多機能統合型プラグイン「VK All in One Expansion Unit」に分割し、テーマファイルのシンプルさを追求する事で、カスタマイズ性を向上しました。

WordPressテーマ本体が無料で提供され、WPテーマのデザイン拡張プラグイン(デザインスキン)が有料で販売さています。デザイン拡張プラグインを購入することで、デザインやWPテーマの機能をさらにパワーアップできます。

拡張プラグイン(有料販売)

Lightning デザイン拡張プラグイン(デザインスキン)

STINGER

STINGER

STINGERは、初心者の方でも簡単にSEO対策やアフィリエイトを考慮したブログを構築できるWordPressテーマです。テンプレートは無料で提供されています。

この無料テンプレートは、WordPressテーマをカスタマイズすることを前提に無料テンプレートを探している方にお勧めです。このテンプレートをカスタマイズして利用している人も多いです。カスタマイズ方法の記事も公開されています。

テンプレートはシンプルで軽く、ただ「記事を書くこと」に特化したテーマを使用したい方や自身の好みのプラグインをたくさん使いたい方、CSSやhtml、PHPがある程度わかり自身でガリガリとカスタマイズされたい方などに最適のWPテーマになっています。

関連WPテーマ(有料販売)

STINGERにアフィリエイト機能を備えたAFFINGERを大幅にアップグレードした最新のWPテーマです。

AFFINGER 4

Xeory

Xeory

Xeoryは、バズ部が提供する無料のWordPressテーマです。「サイト型テーマ」「ブログ型テーマ」の2種類の無料テンプレートが配布されています。

この無料テンプレートは、無料でありながら非常に高機能です。通常のブログ機能に加えて、CTA作成、ランディングページ作成、ソーシャルメディア連携の機能が搭載されています。特に、CTA機能はメルマガやソーシャルメディアの購読者を集めるのに役立ちます。

Xeoryの無料テンプレートは、ブログを利用したWebマーケティングに役立ちます。ソーシャルメディアやメルマガ会員を集めるのに活用しましょう。尚、無料テンプレートをダウンロードするには、会員登録が必要です。

WSCプロジェクト

WSCプロジェクト

WSCプロジェクトは、WordPressテーマを開発するプロジェクトです。3種類の無料テンプレートが配布されています。

「WSC 10days」が一番高機能なのでお勧めです。解説書も販売されています。テンプレートはシンプルな構成になっています。WordPress初心者の勉強用としても最適な無料テンプレートです。

また、PHPがわからないWEBデザイナーでも、簡単にWordPressテーマ制作が行えるようなフレームワークとしてもご利用いただけます。GPLライセンスで無料配布されているので、商用利用に限らず、どなたでもご利用できます。

Simplicity

Simplicity

Simplicityは、内部SEO施策済みの無料Wordpressテーマです。1種類の無料テンプレートが配布されています。

この無料テンプレートは、カスタマイズしやすい無料テーマを探している方にお勧めです。ブログを運営する上で必要な機能が一通り揃えられています。スキン機能でテンプレートの配色を簡単にカスタマイズできる機能も搭載されています。

自分でテンプレートをカスタマイズして利用したい方は活用しましょう。

Luxeritas

Luxeritas

Luxeritas(ルクセリタス)は、SEO最適化済み、高カスタマイズ性を持つ無料のWordPressテーマです。

多機能であるにも関わらず、Webページを高速に表示するための仕組みが満載されており、非常に高速に動作するのをウリにしています。

このWordPressテーマは、カスタマイズせずにそのまま利用することもできますが、自分でCSSをカスタマイズして運用すると更に良くなります。WPテーマ自体が非常に高機能になっているので、インストールするWPプラグインを最小限に抑えることができます。自分でWPテーマをカスタマイズして運用したい方に最適です。

クールでかっこいいWordPressテーマ

クールでかっこいいWordPressテーマ

クールでかっこいいWordPressテーマでは、5種類の無料テーマが公開されています。実用性のあるテンプレートを無料で利用できます。

シンプルデザインのWPテーマ「No.7012」「No.6012」「No.5012」などを無料で利用できます。

尚、無料テンプレートをダウンロードするには、メールアドレスを登録して無料クーポンコードを発行する必要があります。

無料WordPressテーマ No.7012

無料WordPressテーマ No.6012

無料WordPressテーマ No.5012

マテリアル

マテリアル

マテリアルは、ブログ用WordPressテーマです。無料でありながら高機能をウリにしています。標準装備の機能が多く、プラグインとの連携性も優れています。

この無料テンプレートは、個人ブログやアフィリエイトブログを運営するのに必要な機能が初期状態から実装されています。ソーシャルメディア連携機能、広告コード管理機能、アクセス解析コード設定機能など、ブログを運営するのに役立つ機能が満載です。

最初から必要な機能が実装されているので、自分でテンプレートをカスタマイズする労力を最小限に抑えることができます。

ビジネス向け無料テンプレート

テンプレートキング

テンプレートキング

テンプレートキングは、ファーストサーバが運営する無料のWordPressテーマの配布サイトです。16種類の無料テンプレートが配布されています。ビジネスで利用できるWPテーマや画像素材を無料でダウンロードできます。

無料テンプレートをダウンロードするには、利用者情報の登録が必要です。氏名とメールアドレスを登録するだけでダンロードできます。

micata

micata

micata(ミカタ)は、会社やお店などのビジネス向けホームページを簡単かつ高機能、個性的に作成できるように考えたWordPressテーマです。テンプレートは無料で提供されています。商用利用可能です。

テンプレートはSTINGERの機能をベースにしています。マニュアルにまとめられた手順通りに進めれば、自社の企業サイトやあなたが運営するお店などのイメージにあったホームページが作成できるようなっています。

WordPressテーマの作り方

WordPressテーマの作り方を解説した記事を紹介します。サンプルデータをダウンロードできます。

Webデザインレシピ

Webデザインレシピ

初めてオリジナルのWordPressテーマを作る際に参考になるように、テンプレートの制作手順がまとめられています。解説が分かりやすいです。テンプレートの作り方を学びたい方に最適です。

参考記事

はじめてWordPressのオリジナルテーマを作るときの参考になればと思って書きました


WordPressを使ってコーポレートサイト(企業サイト)を作る手順がまとめられています。解説が分かりやすいです。固定ページやカスタム投稿タイプの説明も詳しくまとめられています。テンプレートの作り方を学びたい方に最適です。

参考記事

WordPressでブログじゃないWebサイトを作るときのいろいろ

海外の無料テンプレート

海外のWordPressの無料テンプレート(WordPressテーマ)配布サイトを紹介します。海外のテンプレート配布サイトは数が多いので超厳選しています。

海外の無料テンプレートは、WPテーマ本体、マニュアル、保守サポートの全てが英語です。英語の説明がわかる人のみ利用して下さい。

Themify 無料テンプレート

Themifyでは、WordPressの無料テンプレートが4種類公開されています。MAC風のWPテーマもあります。

Themify

WPZOOM 無料テンプレート

WPZOOMでは、WordPressの無料テンプレートが2種類公開されています。

WPZOOM

ThemeFuse 無料テンプレート

ThemeFuseでは、WordPressの無料テンプレートが2種類公開されています。WPテーマ一覧の「FILTER THEMES」から「FREE」を選択してください。

ThemeFuse

WOOTHEMES 無料テンプレート

WOOTHEMESでは、WordPressの無料テンプレートが4種類公開されています。

WOOTHEMES

FlexiThemes 無料テンプレート

FlexiThemesでは、広告や制限付きの無料テンプレートが大量に公開されています。広告を非表示にするには有料のライセンスを購入する必要があります。

FlexiThemes

ThemePix 無料テンプレート

ThemePixでは、広告や制限付きの無料テンプレートが大量に公開されています。広告を非表示にするには有料のライセンスを購入する必要があります。

ThemePix

最後に

無料で配布されているWordPressテーマは、テンプレートを自分でカスタマイズして利用したい方に最適です。無料テンプレートでも高機能なWordPressテーマは多数あります。

この記事で紹介した無料テンプレートを活用してブログを無料で始めてみましょう。無料テンプレートと無料レンタルサーバーを組み合わせれば、お金は一切かかりません。

初めてWordPressを利用する方、お金の無い学生などは活用してみましょう。

参考記事

WordPressが使える日本の無料レンタルサーバー

無料テンプレートはビジネスには不向き?

無料テンプレートは、ビジネスで利用するのには向いていません。あくまでも個人ブログでの利用までにしておきましょう。

その理由は、無料テンプレートはテンプレート配布者が「自社サービスの宣伝目的」や「被リンクを増やすことでアクセス数を増やし、見込み客を獲得する目的」で提供しています。また、無料版なのでデザインもシンプルでテンプレートの機能も限定されています。本格的にビジネス向けのWebサイトを運営するのには不向きです。

本格的にWebサイトを運営する場合は、プロにオリジナルのテンプレートを制作してもらうか、もしくは、既存の有料で販売されている高機能なテンプレートを購入することをお勧めします。

スポンサーリンク