WordPressお問い合わせフォーム

WordPressにお問い合わせフォームを設置する方法およびメール管理に役立つWPプラグインを紹介します。初心者でも簡単に導入できます。

ブログを運営する場合は、お問い合わせフォームを設置して、ブログ読者が意見・要望を運営者に対してメールで送信できるようにしておきましょう。そうすることで、ブログ読者の生の声を聞くことができます。ブログ読者の意見はブログ運営に役立つ情報が含まれている場合が多いです。

WordPressに問い合わせフォームを設置できるWPプラグインは様々な種類が存在しますが、この記事で紹介するWPプラグイン「Contact Form 7」を利用する方法が一番簡単です。尚且つ、無料で利用できます。便利なWPプラグインなので活用しましょう。

はじめに

お問い合わせフォームとは?

メール

お問い合わせフォームは、ブログに設置したメールフォームからメールを送信できるシステムです。ブログ読者が運営者に対して連絡したいことをお問い合わせメールとして送信できます。

メールフォームは、お問い合わせ目的以外にも利用できます。例えば、「ブログの感想、読者アンケート」など、色々な用途で活用できます。

ブログにお問い合わせフォームを設置しよう

ブログ運営において、お問い合わせフォームを設置して、読者の意見や感想に耳を傾けることも重要です。

ブログ読者の意見はブログ運営に役立つ情報が含まれている場合が多いです。それらの意見を上手く取り入れてブログ運営に役立たせましょう。

活用例
  • お問い合わせフォーム
  • 読者アンケートフォーム(読者が感想を送れる)
  • リクエストフォーム(読者が要望を送れる)
お問い合わせフォームの見本(画像)

記事公開

お問い合わせフォームのプラグイン

Contact Form 7

Contact Form 7

Contact Form 7は、WordPressにお問い合わせフォームを設置して簡単に利用できるプラグインです。メールフォームはシンプルで設定も簡単です。

WordPressにお問い合わせフォームを設置したい場合は、このWPプラグインを活用しましょう。

インストール方法
  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Contact Form 7」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

お問い合わせフォームの設置

「Contact Form 7」の設置および初期設定の方法を説明します。

1. インストール&有効化

まずはじめに、「Contact Form 7」のWPプラグインをインストールして有効化してください。

インストール方法
  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Contact Form 7」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード
プラグインを追加

プラグインを追加

管理画面の場所

このプラグインの管理画面は、下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > お問い合わせ

2. お問い合わせフォームの雛形を編集する

初期状態では、お問い合わせフォームの雛形が1つ用意されています。まずは、それを編集して利用しましょう。

メールフォームやメール本文は後からでも変更できます。必要に応じて後から文言を調整してください。

お問い合わせフォーム一覧

お問い合わせフォーム一覧

お問い合わせフォームの雛形

お問い合わせフォームの雛形は初期状態のままでも運用できるようになっています。
必要に応じて入力項目や文言を調整してください。

お問い合わせフォームの雛形

メールの雛形

メールの雛形は初期状態のままでも運用できるようになっています。
必要に応じて文言を調整してください。

メールの雛形

メッセージの雛形

メッセージの雛形は初期状態のままでも運用できるようになっています。
メッセージは必要に応じて文言を調整してください。

メッセージの雛形

3. 専用のショートコードを記事に貼り付ける

ショートコードをコピーする

専用のショートコードをコピーします。

ショートコードをコピーする

記事に貼り付ける

先ほどコピーしたショートコードをお問い合わせフォームを表示したい記事に貼り付けて、記事を公開してください。

お問い合わせフォームを設置するのは、投稿(POST)・固定ページ(PAGE)のどちらでも問題ありません。

記事に貼り付ける

4. 記事公開&テスト

これで設定は完了です。
念のために、自分のブログでお問い合わせフォームの動作テストを行いましょう。

確認すべきこと
  • テスト送信のメールが届いているか確認しておきましょう。メールが届いていなければ、登録したメールアドレスを再度ご確認下さい。
  • メールの件名や本文の文言を確認しておきましょう。メール本文の文言を変更したい場合は、上記で説明したメッセージ本文の雛形を編集してください。

お問い合わせフォームのカスタマイズ

「Contact Form 7」の公式サイトには、お問い合わせフォームやメール本文のカスタマイズ方法が詳しくまとめられています。

詳しい情報は公式サイトの情報をご確認ください。

公式サイトのマニュアル

Contact Form 7 使い方

メール管理システムのプラグイン

Flamingo

Flamingo

Flamingoは、お問い合わせフォームの接触履歴(お問い合せリスト)を管理できるWordPressプラグインです。「Contact Form 7」を利用したお問い合わせフォームから送信されたメールの履歴を記録・閲覧できます。

このWPプラグインの利用は必須ではありませんが、「Contact Form 7」とセットで利用すると便利です。

インストール方法
  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Flamingo」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

メール管理システムの設置

「Flamingo」の設置方法および機能の使い方を説明します。このWPプラグインの利用は必須ではありませんが、「Contact Form 7」とセットで利用すると便利です。

このWPプラグインはインストールして有効化するだけで利用できます。「Contact Form 7」を利用したお問い合わせフォームから送信されたメールの履歴を記録・閲覧できます。

それに加え、「ブログのコメント欄」から投稿されたメッセージとメールアドレスが自動的に追加されます。

インストール&有効化

「Flamingo」のWPプラグインをインストールして有効化してください。

インストール
  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Flamingo」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード
プラグインを追加

プラグインを追加

アドレス帳

アドレス帳には「お問い合せフォーム」「ブログのコメント欄」から投稿されたメールアドレスが自動的に追加されます。

メールアドレスからお問い合せ内容やコメントの接触履歴を確認できます。

アドレス帳

受信メッセージ

受信メッセージには、お問い合せフォームから送信されたお問い合せメールの内容が自動的に追加されます。

受信メッセージの件名をクリックすると、メールの詳細を表示できます。

受信メッセージ一覧

受信メッセージ一覧

メッセージ詳細

メッセージ詳細

まとめ

WordPressにお問い合わせフォームを設置する方法およびメール管理に役立つWPプラグインを紹介しました。説明した手順で進めれば、初心者でも簡単に導入できます。

ブログを運営する場合は、お問い合わせフォームを設置して、ブログ読者が意見・要望を管理者に対してメールで送信できるようにしておきましょう。そうすることで、ブログ読者の生の声を聞くことができます。ブログ読者の意見はブログ運営に役立つ情報が含まれている場合が多いです。

スポンサーリンク