Ultimate TinyMCEは、記事編集画面のビジュアルエディタを拡張できるプラグインです。様々な種類のボタンが用意されており、それを利用することでビジュアルエディタの機能を拡張できます。

このプラグインはHTMLを直接編集しない方(したくない方)が利用すると非常に役に立ちます。もちろん、HTMLソースコードの編集も可能です。

ビジュアルエディタを拡張するプラグインは他にもありますが、このプラグインは高機能で使いやすいです。尚、このプラグインには、有料版もありますが、無料版の機能だけでも十分に高機能で便利です。

追記

このプラグインは既に開発を停止しています。
最新の環境では正常に動作しないようです。
他のプラグインを利用してください。

参考記事

WordPressのビジュアルエディタとテキストエディタを拡張できるプラグイン8選

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. 記事編集画面のビジュアルエディタを自分好みに拡張できる。
  2. 色々な種類のボタンが用意されており、管理画面で追加・削除することで、ビジュアルエディタの機能を拡張できる。
  3. YouTube動画の貼り付け機能がある。
  4. HTMLソースコードの編集もできます。
  5. WordPressの記事編集画面の自動整形を停止できる。
  6. ウィジェットでPHPを利用できるようにする機能がある。

拡張したビジュアルエディタの例

下記は、Ultimate TinyMCEを利用して拡張したビジュアルエディタの例です。ボタンは、管理画面で自由に追加・削除できます。

拡張したビジュアルエディタの例

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Ultimate TinyMCE」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

管理画面の設定

Ultimate TinyMCEの管理画面は、日本語化されています。見れば殆ど分かると思いますので、要点のみ解説します。

管理画面の場所

プラグインをインストールすれば、管理画面の第一階層にメニューが表示されます。

WordPress管理画面 > Ultimate TinyMCE

デフォルト設定

プラグインをインストールした直後は、ボタンが空の状態になっています。まずは、デフォルトの設定に変更し、そして、その後に必要に応じてボタンの追加・削除を行う方がスムーズに設定を完了できます。

Buttons Options(ボタン・オプション)

この画面でボタンを自分好みにカスタマイズできます。自分が利用したいボタンと表示位置を指定しましょう。

Misc Options(色々なオプション)

この画面は、色々な拡張機能の設定画面です。画面の一番下には、エディタのプレビューが表示されています。

便利な機能の紹介

Misc Optionsの中では、特に下記の機能が便利です。必要に応じて活用しましょう。

PHP Text Widget を使う ウィジェットでPHPを利用できます。使用するには、Ultimate TinyMCE専用のウィジェットをサイドバーにドラッグして指定して下さい。
Disable wpautop 記事編集画面の自動整形を停止できます。

管理オプション

管理オプションは、必要に応じて設定を変更しましょう。初期設定では、ダッシュボードや管理バーにリンクが追加されますが、ここのチェックを外して保存すると、非表示にできます。

ultimaate_img06

まとめ

Ultimate TinyMCEは、記事編集画面のビジュアルエディタのボタンを拡張できます。このプラグインは、HTMLを直接編集しない方(したくない方)が利用すると役に立つでしょう。このプラグインを活用して記事を書く作業を効率化しましょう。

ビジュアルエディタをメインで使用する場合は、標準のエディタを利用するよりは、このプラグインを利用してエディタを拡張した方が便利です。

スポンサーリンク