Simple Map

Simple Mapは、Googleマップの地図を効率的に記事に貼り付けられるプラグインです。ショートコードに住所や緯度を記述して利用します。

このプラグインは、主に会社概要ページなど、Webサイト上にちょっとだけ地図を表示したい場合に利用することを想定して開発されています。専用のショートコードを記事に貼り付けて利用します。地図の「住所、緯度、幅、高さ、倍率」などを指定できます。1ページ内に複数の地図を表示することもできます。

このプラグインを利用すると、Googleマップの地図を効率的に記事に貼り付けることができます。Googleマップのサイトに訪れてからiframeを利用して地図を貼り付けるより簡単で効率的です。Webサイト運営が効率化できるので活用しましょう。

追記

Google Mapsの仕様変更により、APIキーの入力が必要になりました。
APIキーを発行して入力してください。

参考

Maps JavaScript API

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. Googleマップの地図を効率的に記事に貼り付けられる。会社概要サイトなどで利用するのに調度良い。
  2. ショートコードに「住所、緯度、幅、高さ、倍率」を記述して利用する。
  3. 1ページ内に複数の地図を表示できる。
  4. レスポンシブWebデザイン対応(一定の横幅以下の環境では、自動的にGoogle Static Mapsが表示される)
  5. フィルターフックが用意されてるので、柔軟なカスタマイズができる。
  6. 日本語に完全対応しています。(開発者は日本人)

利用イメージ

※ 見本の画像です。

Simple Map

実際に動作するデモサイト

公式ブログの記事に実際に動作するデモがあります。

公式ブログ

Simple Map – 超簡単&スマフォ対応のGoogle Map

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Simple Map」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

ショートコードの使い方

このプラグインに管理画面はありません。専用のショートコードを記事に貼り付けて利用します。下記にショートコードの記述例をまとめました。参考にして下さい。

基本形 住所指定1

[map addr="東京都新宿区西新宿2-8-1"][/map]

※ ショートコードの閉じタグは必ず必要です。閉じタグが無いと複数の地図を表示できない。

基本形 住所指定2

[map]東京都新宿区西新宿2-8-1[/map]

幅と高さを指定

[map width="400px" height="300px"]東京都新宿区西新宿2-8-1[/map]

※ 「%」でも指定可能です。

地図の倍率を指定

[map zoom="18"]東京都新宿区西新宿2-8-1[/map]

※ 初期値は「16」です。

より詳しい情報

詳しくは公式ブログの情報を御覧下さい。

公式ブログ

Simple Map – 超簡単&スマフォ対応のGoogle Map

まとめ

Simple Mapは、Googleマップの地図を効率的に記事に貼り付けられるプラグインです。ショートコードに住所や緯度を記述して利用します。

このプラグインを利用すると、Googleマップの地図を効率的に記事に貼り付けることができます。Googleマップのサイトに訪れてからiframeのタグを利用して地図を貼り付けるより簡単で効率的です。Webサイト運営が効率化できるので活用しましょう。

スポンサーリンク