Shortcode Exec PHPは、ショートコードを利用して記事本文やウィジェットの中でPHPコードを実行できるプラグインです。記事本文やウィジェットに直接記述するより、PHPコードを一括して管理できるので便利です。

このプラグインを利用すると、記事本文やウィジェットなどの中でPHPコードを実行できます。プラグインの管理画面にPHPコードを登録し、ショートコードを利用して呼び出して利用します。記事やウィジェットにはPHPの実行結果のみ出力されます。

記事の中でPHPを使用する場合は、このプラグインを活用しましょう。尚、このプラグインはPHPが分かる人向けのプラグインです。PHPが分からない人は利用しないで下さい。

追記

このプラグインは既に公開停止になっています。
プラグインを利用することはできません。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. ショートコードを利用して記事やウィジェットなどの中でPHPコードを実行できる。
  2. PHPコードを一括して管理できるので便利です。
  3. Syntax highlightingを利用してPHPコードを表示できるのでコードが見やすい。
  4. プラグインの管理画面上でPHPコードの実行テストもできる。

PHPを実行できる場所

  1. 投稿の記事本文
  2. 固定ページの記事本文
  3. 記事のコメント
  4. ウィジェット
  5. RSSフィード

使用上の注意点

このプラグインは、マルチサイト環境や複数ユーザーで管理している環境では利用しないで下さい。プラグインをインストールすると、全ての管理者ユーザーがPHPを実行できてしまいます。使い方を誤ると、このプラグインの存在自体がセキュリティホールになる可能性があります。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Shortcode Exec PHP」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの設定

管理画面の場所

このプラグインの管理画面は、下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > ツール > Shortcode Exec PHP

管理画面の設定

プラグインの管理画面でPHPコードを登録できます。PHPコードは何個も登録できます。登録したPHPコードを呼び出す際はショートコードを利用します。

初期状態では、各オプションはOFFになっています。利用する機能を有効化して利用しましょう。

Shortcode Exec PHP

まとめ

Shortcode Exec PHPは、ショートコードを利用して記事やウィジェットの中でPHPコードを実行できるプラグインです。記事本文やウィジェットに直接記述するより、PHPコードを一括して管理できるので便利です。

記事の中でPHPを使用する場合は、このプラグインを活用しましょう。

念の為に説明しておきますが、このプラグインを利用する際は、セキュリテイ面に注意して下さい。マルチサイト環境や複数ユーザーで管理している環境では利用しないで下さい。プラグインをインストールすると、全ての管理者ユーザーがPHPを実行できてしまいます。使い方を誤ると、このプラグインの存在自体がセキュリティホールになる可能性があります。

スポンサーリンク