Portfolio Gallery

Portfolio Galleryは、ポートフォリオやギャラリーを簡単に作成できるプラグインです。ギャラリーは7種類の表示形式に対応しています。

このプラグインはデザイナーなどの作品集をWebサイトに掲載する際に利用します。作品などのイラストや写真と説明文を掲載して、自分の作品をアピールできます。ポートフォリオに動きを付けたり、Lightboxで表示する機能も搭載されています。

デザイン系の学生などは、就職活動の際に自分の作品集のポートフォリオをまとめたWebサイトを作ることが多いです。このプラグインとWordPressを利用すれば、無料で見栄えの良いポートフォリオが簡単に作成できます。非常に役立つプラグインなので活用しましょう。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. ポートフォリオ(ギャラリー)を簡単に作成できる。自分の作品集が作れる。
  2. ポートフォリオには「画像、説明文、リンクURL」を登録できる。
  3. ポートフォリオの表示形式は7種類ある。自由に変更可能。
  4. ポートフォリオの表示位置指定は、ショートコードとPHPコードの2通りに対応。
  5. デザイナーやフォトグラファーなどの作品集を自分のWebサイトに掲載できる。
  6. 無料版の機能だけでも十分に役立つ。

利用イメージ(英語)

デモサイト

ポートフォリオの表示形式は7種類あります。表示形式はポートフォリオ作成画面で変更可能です。

1. ブロック切り替え表示

2. 高さ最大ブロック表示

3. キャラリー・コンテンツポップアップ表示

4. 最大幅ブロック表示

5. FAQ切り替え表示

6. コンテンツスライダー

7. ライトボックス・ギャラリー

ポートフォリオとは?

ポートフォリオ(Portfolio)とは、デザインの分野では、自分の作品集のことを表します。作品集は「印刷物、DVD、Webサイト」などの媒体を利用するのが一般的です。その作品集を他者に見せて過去の実績や技術力をアピールします。

例えば、Webデザイナーのポートフォリオ、イラストレーターのポートフォリオ、写真家のポートフォリオ、デザイン会社のポートフォリオなどがあります。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Portfolio Gallery」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの使い方

管理画面の場所

プラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > Huge-IT Portfolio

Portfolio Gallery

ポートフォリオの管理

ポートフォリオに追加する「画像、説明文、リンクURL」は管理画面で自由に変更できます。表示順番はドラッグ&ドロップで変更できます。ここで作成したポートフォリをショートコード又はPHPコードを記事に貼り付けて利用します。

上記に実際に動作するポートフォリオのデモサイトがあります。実際に動く見本をご覧ください。

ポートフォリオの管理

管理画面の設定

管理画面ではポートフォリオの外観をカスタマイズできます。設定内容については、初期設定のままでも運用可能です。

まとめ

Portfolio Galleryは、ポートフォリオやギャラリーを簡単に作成できるプラグインです。ギャラリーは7種類の表示形式に対応しています。

デザイン系の学生などは、就職活動の際に自分の作品集のポートフォリオをまとめたWebサイトを作ることが多いです。このプラグインとWordPressを利用すれば、無料で見栄えの良いポートフォリオが簡単に作成できます。非常に役立つプラグインなので活用しましょう。

スポンサーリンク