MailPoet Newsletters

MailPoet2は、ステップメール機能を利用できるWordPressプラグインです。通常のメールマガジン送信機能に加えて、メールマガジンを自動送信するスケジュールを設定できます。この機能を活用するとステップメールとして利用できます。

例えば、メルマガに送信するメールとスケジュールを予め設定しておけば、ユーザーがメルマガを購読した時点から「すぐに配信、1日後に配信、2日後に配信、3日後に配信、7日後に配信」など、自由にメルマガ送信のスケジュールを設定できます。メルマガに配信する内容を予め設定しておくことで、メルマガ配信を自動化できます。

このWPプラグインを上手く活用すると、自分が契約したレンタルサーバー上でメルマガ配信システムを運用できます。もし、あなたが運営するメルマガの購読者数が2000以下であれば、このWPプラグインでも十分に運用できます。

メルマガ運用に役立つWPプラグインなので活用しましょう。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. WordPressを設置したサーバー上でメールマガジンの配信機能を利用できる。日本語のメルマガでも問題なく運用できる。
  2. ステップメール機能を利用できる。予め設定しておいたメールを自動送信するスケジュールを設定できる。
  3. メールマガジンのメール送信結果の反応を解析できる。
  4. ブログの新着記事を購読者にメールで通知できる。
  5. ウィジェットを利用してサイドバーやフッターにメルマガ登録フォームを表示できる。
  6. メルマガの購読停止・承認ページを固定ページに表示できる。
  7. メールの表示形式はHTML形式のみに対応。
  8. メールのテンプレートをビジュアルエディタで編集できる。HTMLコードを直接編集も可能。
  9. メールのテンプレートは、予め用意された無料のテンプレートを利用したり、自分でテンプレートを作成することもできる。
  10. 外部のSMTPサーバーを利用することもできる。
  11. 様々なアドオン(拡張機能)が用意されている。
  12. WPプラグインの基本機能は無料で利用できる。無料版は購読者数が2000まで利用できる。統計機能やスパムフィルター対策などの高度な機能は有料版のプラグインとして提供されている。

利用イメージ

英語のデモサイトになりますが、管理画面の利用イメージがわかります。
ちなみに、実際の管理画面は日本語化されています。

MailPoet Newsletters デモサイト

公式サイト

MailPoet Newsletters 公式サイト

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「MailPoet Newsletters」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

ステップメールとは?

ステップメールは、予め設定しておいたメールをメルマガ購読者に自動送信できるメールマガジン自動配信システムのことです。

メルマガの運営者は、メールの送信内容と配信スケジュールを一度設定しておけば、毎回手動でメルマガを配信する作業を行う必要がなく、後は継続的に自動でメールが購読者に配信されるようになります。

例えば、ビジネス利用の場合、資料請求やメルマガ購読などで「見込み顧客」のリストを集め、ステップメール機能を利用して入門記事などのメルマガ配信を行い、売り上げに繋がる「顧客」へと育てることもできます。

利用上の注意点

メルマガ送信にはサーバーへの負荷がかかります。契約しているレンタルサーバーのプランにもよりますが、MailPoet Newslettersは、多数の購読者に対してメルマガを送信するのには向いていません。

多数の購読者に対して大量のメールを送信するなど、本格的にメルマガを運用する場合は「アスメル」などのステップメールの専用配信サービスを利用しましょう。その方が効率的に運用できます。

プラグインの使い方

WPプラグインの管理画面は日本語化されています。ただ、翻訳の精度はあまり高くありません。日本語が変な部分が多々ありますが、日本語のメルマガでも問題なく運用できます。

プラグインの使い方に関する細かい説明は省略します。見本として用意されているニュースレターを編集して、プラグインの機能を確認して見ましょう。

管理画面の場所

WPプラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WP管理画面 > MailPoet

MailPoet Newsletters

ニュースレター

WPプラグインをインストールした直後の初期状態では、見本として1つのニュースレターが用意されています。まずは見本のニュースレターを編集して、WPプラグインの機能を把握しましょう。メルマガのテスト配信もできます。

見本のニュースレターを利用してプラグインの機能を説明します。

見本のニュースレター

見本のニュースレター

ニュースレター編集 第1ステップ

ニュースレター(メルマガ)は、2種類の配信形式から選択できます。

スタンダードなニュースレター ニュースレター(メルマガ)を作成して、即時にメールを配信できます。
自動的なニュースレター ニュースレター(メルマガ)を作成して、メール配信のスケジュールを設定できます。この機能を活用すると、メルマガ配信を自動化できます。

スタンダードなニュースレター

ニュースレター(メルマガ)を作成して、即時にメールを配信できます。

スタンダードなニュースレター

自動的なニュースレター

ニュースレター(メルマガ)を作成して、メール配信のスケジュールを設定できます。
下記の3点を基準点として、配信日時のスケジュールを設定できます。

  1. ユーザーがメルマガ購読を完了する
  2. サイトに新規記事が公開される
  3. 新規ユーザーが会員登録を行う

自動的なニュースレター

ニュースレター編集 第2ステップ

ニュースレター(メルマガ)の編集画面は、ビジュアルエディタで視覚的にメールの内容を編集できます。

メールの形式はHTML形式になっているので、ロゴなどの画像をメールに表示したり、テキストの配色を指定することもできます。

ニュースレター編集画面

ニュースレター編集画面

ニュースレター編集 最終ステップ

メール送信に関する最終的な設定を行う画面です。

ニュースレター編集 最終ステップ

購読者

メルマガの購読者を管理できる機能が用意されます。

購読者一覧

メルマガの購読者や関連情報を一覧表示できます。簡易的な解析機能もあります。それに加え、購読者リストのインポート及びエクスポート機能もあります。

購読者一覧

購読申し込みフォーム

メルマガの登録フォームは、ウィジェットに「MailPoet購読申し込みフォーム」が用意されています。それをサイドバーまたはフッターに表示位置を指定して利用します。

購読申し込みフォーム

設定

基本設定

WPプラグインに関する全体的な設定を行う画面です。

基本設定

フォーム

メルマガ登録フォームの作成・編集ができます。複数のメルマガのリストを作成できます。

フォーム

サインアップ承認

メルマガ購読時に送信するメールに記載したURLにアクセスすることで、メルマガ購読の承認ができるようになっています。

この機能は初期状態から有効化されています。不要であれば無効化することもできます。

サインアップ承認

送信方法

メールの送信方法の設定画面です。通常はWordPressを設置したサーバーを利用しますが、外部のSMTPサーバーを指定して利用することもできます。

送信方法

高度な設定

権限の設定など、様々な設定を行う画面です。必要に応じて設定を調整してください。

高度な設定

まとめ

MailPoet2は、ステップメール機能を利用できるWordPressプラグインです。通常のメールマガジン送信機能に加えて、メールマガジンを自動送信するスケジュールを設定できます。この機能を活用するとステップメールとして利用できます。

このWPプラグインを上手く活用すると、自分が契約したレンタルサーバー上でメルマガ配信システムを運用できます。あなたが運営するメルマガの購読者数が2000以下であれば、このWPプラグインでも十分に運用できます。メルマガ運用に役立つWPプラグインなので活用しましょう。

ちなみに、MailPoet2は、多数の購読者に対してメルマガを配信するのには向いていません。メルマガ配信にはサーバーへの負荷がかかります。本格的にメルマガの運営を行う場合は「アスメル」などのステップメール配信サービスを利用した方が効率的に運用できます。

スポンサーリンク