LinkWithin

LinkWithin は、画像サムネイル付きの関連記事を表示するプラグインです。記事の下にサムネイル画像付きの関連記事が表示でき、関連記事のクリックすることでWebサイト内の他の記事を読んでもらいやすくなります。そうすることで、ユーザーのサイト滞在時間が長くなる効果が期待できます。

他の関連記事を表示するプラグインの設定が難しいという方におすすめです。画像サムネイル付きの関連記事を表示する機能のみなので、とてもシンプルで使いやすいです。もし、使ったことがなければ一度試してみよう。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. とにかく、インストールと設定が簡単です。
  2. 関連記事を画像サムネイル付きで表示できる。
  3. 関連記事は、表示列の数を指定できる。
  4. WordPressだけでなく、Blogger、TypePad、その他ブログサービスでも利用できます。

利用イメージ

linkwithin

LinkWithinの公式サイト

LinkWithinは、WordPress.orgに登録されているプラグインではありません。LinkWithinの公式サイトからダウンロードしてから利用します。

LinkWithin

インストール&設定

プラグインのインストール及び初期設定は、下記の手順で行います。

ブログの情報を入力します。

LinkWithin

Email: 自分のメールアドレスを入力します。
Blog Link: ブログのURLを指定。ここで指定したブログの関連記事が表示されます。
Platform: WordPressを選択します。
Width: 何列表示にさせるかを選択します。(3列、4列、5列)
My blog has light text on a dark background
ブログの背景色を暗い色を使用している場合、チェックを入れます。そうすると、明るい文字の色で表示されます。

ZIPファイルのダウンロードとインストール

LinkWithin

表示される画面にあるZIPファイルをダウンロードして、WordPress管理画面のプラグインにインストールし、プラグインを有効にします。

プラグインの設定

WordPress管理画面 > 設定 > LinkWithin

LinkWithin

「関連記事」を投稿記事のみに表示させたい場合は、チェックボックスにチェックを入れます。固定ページや任意の位置に「関連記事」を表示させたい場合は、チェックを入れず、そのままにしておきます。

表示位置の指定

任意の場所に表示位置を指定する場合は、ブログ記事のテンプレート(single.php)に下記内容を記述します。

<div class="linkwithin_div"></div>

見出しの文言の変更

LinkWithin

初期設定では、見出しの文言が「You might also like:」となっていますが、この文言は変更できます。見出し文言を変更する場合は、上記ソースコードに加え、下記の内容を追加します。シングルクォーテーション(’)で囲んである部分の文言を変更できます。

<script>linkwithin_text='関連記事:'</script>

合体すると、下記の様になります。

<div class="linkwithin_div"></div>
<script>linkwithin_text='関連記事:'</script>

見出しの文言を変更すると、最終的に下記の様になります。これで設定は完了です。LinkWithinは、設定が非常に簡単なので、初心者におすすめです。

LinkWithin

スポンサーリンク