HeadSpace2は、SEO対策の設定を総合的に管理できるプラグインです。具体的に何が出来るかを説明すると、TITLEタグとメタタグのDescriptionとkeywordsの設定がページ毎に細かく設定できます。他にも様々な拡張機能を利用でき、SEO対策の設定を一括して管理できます。

SEO対策の定番プラグイン「All in One SEO Pack」のSEO機能が物足りなく感じたらこれを使ってみると良いかもしれません。

プラグインの管理画面は日本語化されています。SEO対策の知識がある程度必要ですが、非常に役に立つプラグインです。

追記

このプラグインは長期間更新されていません。
WPプラグインの機能が古くなっています。
このWPプラグインの利用は避けた方が無難です。
おそらく、近年の検索エンジンの仕様に対応できていないと思われます。

All in One SEO Pack」や「Yoast SEO」などの他のSEO対策管理WPプラグインの利用をお勧めします。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. 個々の記事の「タイトル、ディスクリプション、キーワード」の書き換えができる。
  2. 様々なモジュール(拡張機能)が用意されており、必要に応じて機能を拡張できる。
  3. 他のプラグイン(All-in-one SEO pack等)から設定をインポートできる。
  4. プラグインの管理画面は日本語化されている。

直ぐにSEO対策の効果は出ません

念のため説明しますが、このプラグインをインストールすれば、直ぐにSEO対策の効果が出る訳ではありません。SEO対策は、長期的にじっくり取り組む必要があります。あなた自身にもSEO対策の知識が必要です。このプラグインは、SEOの内部対策の知識を有している上で使用すると便利なプラグインです。SEO対策のことがよく分からない方は、書店でSEO関連の本を購入して読んで勉強することをお勧めします。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「HeadSpace2 SEO」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

管理画面の設定

HeadSpace2の管理画面は、日本語化されているので分かりやすいです。詳しくは各画面の説明を参照して下さい。

ページセッティング

各テンプレートのメタデータの設定です。ここで設定したデータは、個々のページに反映されます。

記事投稿画面のページ毎の設定

プラグインをインストールすると、記事投稿画面の下にHeadSpace2の設定画面が追加されます。各記事のメタデータの設定は、ここに設定します。

ページモジュール

個々のページ毎に適用されるモジュール(拡張機能)を組み込みます。ここで読み込んだ機能の設定は、個々のページに反映されます。

サイトモジュール

プラグインを拡張するモジュール(拡張機能)を組み込みます。ここで読み込んだ機能の設定は、Webサイト全体的に反映されます。

オプション

この画面でプラグインのオプションの設定や設定データの削除ができます。

インポート

もし、All in One SEO Packなどの他のSEO対策関連のプラグインを過去に利用していた場合は、その設定をインポートして引き継ぐことができます。

headspace_img05

まとめ

HeadSpace2は、SEO対策の設定を総合的に管理できるプラグインです。このプラグインを利用するには、ある程度のSEO対策の知識が必要ですが、ヘッダーのタグの置き換えを一括して管理できるので非常に役立ちます。

All-in-one SEO pack等から設定をインポートできるので、SEO対策のプラグインを乗り換える時の手間を軽減できます。もし、All-in-one SEO pack等のプラグインが使いづらく感じたら、このプラグインを試してみると良いかも。

スポンサーリンク