WordPress XMLサイトマップ

WordPressで構築したブログにXMLサイトマップを自動生成する実践例を紹介します。初心者でも簡単に導入できます。

ブログを運営する上で、XMLサイトマップの利用は必須になります。XMLサイトマップを利用することで、ブログの更新情報を検索エンジンに対して円滑に伝えることができます。

XMLサイトマップを生成する方法は、この記事で紹介する「Google XML Sitemaps」を利用する方法が一番簡単です。便利なプラグインなので活用しましょう。

ちなみに、「All in One SEO Pack」と「Yoast SEO」にもXMLサイトマップを生成する機能が搭載されています。既にそのプラグインを利用している場合は、現在利用中のプラグインの機能をそのまま利用して下さい。

はじめに

XMLサイトマップとは?

XMLサイトマップは、Webサイト(ブログ)の更新情報を検索エンジンに円滑に伝える役割があります。Google・Bingなどの検索エンジンがXMLサイトマップのXMLデータを定期的に取得して、検索エンジンに表示される情報を更新します。

XMLサイトマップがなぜ必要なの?

インターネット上に公開しているWebサイト(ブログ)は、検索エンジンのクローラー(自動巡回ロボット)が自動的に巡回して存在するページを検出しますが、検索エンジンのクローラーだけでは全てのページを検出できません。

XMLサイトマップを利用すれば、検索エンジンのクローラーだけでは検出しにくいブログの全てのページをXMLサイトマップから検索エンジンに通知することができます。

WPプラグインの紹介

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemapsは、GoogleおよびBingの検索エンジン向けのXMLサイトマップを自動生成&通知できるプラグインです。

検索エンジン向けのXMLサイトマップを自動生成して、検索エンジンに対してXMLサイトマップを通知できます。そうすることで、検索エンジンに対してWebサイト(ブログ)の更新情報を円滑に伝えることができます。

ちなみに、このプラグインはGoogleおよびBingの検索エンジンに対してXMLサイトマップを生成して通知する機能のみです。送信結果や詳細レポートを見たい場合は、Googleサーチコンソールに登録する必要があります。

このプラグインが優れている点
  1. GoogleおよびBingの検索エンジンに対して、XMLサイトマップを生成して通知できる。
  2. 検索エンジンに対してXMLサイトマップを通知することで、Webサイトの更新情報を円滑に伝えることができる。
  3. プラグインの管理画面が日本語化されているのでわかりやすい。

プラグインの初期設定

「Google XML Sitemaps」のインストールおよび初期設定の方法を説明します。

1. インストール&有効化

まずはじめに、「Google XML Sitemaps」のWPプラグインをインストールして有効化してください。

インストール方法
  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Google XML Sitemaps」で検索する
  2. WordPress.orgからダウンロードする
プラグインのインストール

プラグインのインストール

管理画面の場所

このプラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > 設定 > XML-Sitemap

2. XMLサイトマップの設定

XMLサイトマップの設定は、必要に応じて設定を調整して下さい。
初期設定のままでも運用できます。

必要に応じて設定を変更する
  1. 優先順位の設定
  2. コンテンツの指定
  3. 除外設定
プラグインの管理画面

設定項目の補足説明を画像の下の方にまとめています。詳しくは補足説明をご確認下さい。

Google XML Sitemaps

補足説明
基本的な設定 基本的な設定に関しては、特に変更する必要はありません。
追加ページ

WordPressで管理しているページ以外で、XMLサイトマップに手動で追加したいページがあれば、そのページのURLを登録して下さい。特に追加するページが無ければそのままで問題ありません。

ちなみに、WordPressの投稿や固定ページを利用して作成した記事はXMLサイトマップに自動的に追加されるのでここに追加する必要はありません。

優先順位の設定

優先順位の設定を手動で変更することができます。

ブログにコメントが投稿される件数が少ない場合、「優先順位を自動的に計算しない」に変更した方が良いかもしれません。

ブログにコメントが頻繁に投稿される場合は、そのままの設定でも問題ありません。

コンテンツの指定

XMLサイトマップに出力する内容は、必要に応じて設定を調整して下さい。出力内容に含めたくないコンテンツがあればチェックを外して下さい。

除外設定

もし、XMLサイトマップから除外したいカテゴリーや記事があれば、除外したい対象を指定して下さい。

頻度・優先順位の指定

もし、XMLサイトマップの中のコンテンツで頻度・優先順位を変更したい場合は、設定を調整して下さい。この設定は初期設定のままでも運用できます。無理に変更する必要はありません。

3. XMLサイトマップを通知する

プラグインの初期設定を済ませただけではまだ完了ではありません。XMLサイトマップが作成されただけで、まだ検索エンジンに対しては通知されていません。

検索エンジンにXMLサイトマップの更新情報を通知するためには、記事を書くまたは記事を更新する必要があります。その後は、記事を作成・更新するたびにXMLサイトマップの内容が更新されます。

通知完了

検索エンジンに対しての通知が完了すると、完了メッセージが表示されます。
その後、検索エンジンのクローラー(自動巡回ロボット)がXMLサイトマップの情報を取得しに来ます。

通知完了

Googleサーチコンソールに登録する

Googleサーチコンソールへの登録は必須ではありませんが、ブログを運営する上で役に立つ情報を確認できるので、可能であれば登録しておくことをお勧めします。

ウェブマスターツール

プラグインの管理画面の右側には「Googleサーチコンソール」と「Bingウェブマスターツール」のリンクがあります。

サーチコンソールに登録すると、XMLサイトマップの送信結果や詳細レポートを確認することができます。

ウェブマスターツール

Googleサーチコンソールとは?

Googleサーチコンソール(Search Console)は、検索エンジンのクローラーの活動状況を把握できるツールです。Googleが無料で公開しています。

作成したXMLサイトマップをGoogleサーチコンソールに登録すると、検索エンジンの「検索での見え方、検索トラフィック、インデックス状況、クロール状況」などを確認できます。

サーチコンソールで確認できる内容
  • 検索での見え方
  • 検索トラフィック
  • インデックス状況
  • クロール状況
  • セキュリティの問題
参考リンク

Googleサーチコンソールの詳細や使い方に関しては、公式サイトやヘルプの内容をご確認下さい。

まとめ

WordPressを利用してブログを運営する上で、XMLサイトマップの利用は必須です。XMLサイトマップはブログの更新情報を検索エンジンに対して円滑に伝えることができます。

XMLサイトマップを生成する方法は、この記事で紹介する「Google XML Sitemaps」を利用する方法が一番簡単です。便利なプラグインなので活用しましょう。

スポンサーリンク