WordPress

WordPress(ワードプレス)の固定ページ(page)の機能を利用して記事を書く方法について説明します。固定ページはWordPressの基本機能です。ブログとは別の記事を作成する場合に利用します。

機能の役割や使い方を理解した上で利用しましょう。

はじめに

固定ページとは?

WordPressの固定ページ(page)は、時間の概念とは関係のない独立したページを作成する際に利用します。要するに、ブログとは別のページを作成できます。

固定ページを利用すると、ページの階層を指定したり、任意のテンプレートを指定できます。会社概要や商品紹介など、ブログではないWebページを作成するのに向いています。

投稿と固定ページの違いについて

WordPressで記事を書く方法は、投稿(post)と固定ページ(page)の2種類あります。
それぞれ役割が異なりますので、特徴を把握した上で利用しましょう。

種類 特徴 利用例
投稿
(post)
  1. 時系列順に記事が表示される。
  2. カテゴリーとタグが指定できる。
  3. 日付別アーカイブ、投稿者アーカイブ、カテゴリー、タグで記事を整理しやすい。
  4. フィード(RSS)で記事を配信できる。
  • 個人日記
  • 時事ニュースなど
固定ページ
(page)
  1. 記事は時系列と関係がない。
  2. 記事に階層を指定できる。
  3. 記事ごとにテンプレートを指定できる。
  • 会社概要
  • 商品紹介
  • お問い合せフォームなど

固定ページのページ属性について

WordPressの固定ページ(page)は、ページ属性が設定できます。
ページが属する親の指定(階層の指定)と、テンプレートを指定できます。機能の役割を理解した上で利用しましょう。

区分 役割
ページに対して親になるページを指定できます。親と子の関係の指定ができる入れ子型です。要するに、ページの階層の指定です。
テンプレート ページごとにテンプレートを指定できます。テンプレートを予め作成する必要がありますが、この機能を利用すると、ページごとにデザインを変更することができます。

備考

固定ページのテンプレート機能を利用するには、予め固定ページ専用のテンプレートを作成しておく必要があります。

WordPressのテンプレートの作り方を学びたい方は、WordPressの入門書などを購入するのが一番早いです。

記事編集のエディタを選ぶ

WordPressには標準で2種類の記事編集エディタが用意されています。
それぞれ特徴が異なります。エディタの特徴を理解した上で利用しましょう。
エディタの機能はWPプラグインで拡張することもできます。

WordPressの記事編集エディタの特徴

ビジュアルエディタ
(WYSIWYGエディタ)
記事を視覚的に編集できるエディタです。
初心者でも簡単に利用できます。
「ビジュアル」のタブで切り替えることができます。
初めてWordPressを利用する方は、まずはビジュアルエディタを利用して記事を書いてみましょう。
テキストエディタ 記事をテキストで編集できるエディタです。
「テキスト」のタブで切り替えることができます。
HTMLコードを直接記述することもできます。
HTMLやCSSのタグを手動で記述することが多い方は、テキストエディタを利用した方が効率的に記事を編集できます。

固定ページを作成する

固定ページ(page)を利用する場合は、下記の手順でページを作成できます。
親(階層の指定)とテンプレートの機能は便利な機能です。必要に応じて活用しましょう。

ページを作成すること自体は非常に簡単です。
初めてWordPressを利用する場合は、試しに固定ページの記事を何件か作成して機能を試してみましょう。

固定ページで記事を書く

記事を書いて慣れる

まずは、実際に記事を書いてみて、WordPressの機能や仕様に慣れましょう。
実践が上達の近道です。

次の記事へ

画像の登録と編集方法