WordPress

WordPress(ワードプレス)のカスタムメニュー機能の使い方について説明します。

カスタムメニューは、Webサイトのグローバルメニューやサブメニューなど、サイトナビゲーション関連のメニューのリンク先URLと表示文言を管理できます。

WordPressでは殆どのWPテーマがカスタムメニューに対応していますので、この機能を活用しましょう。

はじめに

カスタムメニューとは?

WordPress(ワードプレス)のカスタムメニュー機能は、Webサイトのグローバルメニューやサブメニューなど、サイトナビゲーション関連のメニューのリンク先URLと表示文言を管理できます。

カスタムメニューに登録したメニューは、グローバルメニューやウィジェットで表示させることができます。サイト内で使用するメニューは、このカスタムメニューに登録しましょう。そうした方がメニューを効率的に管理できます。

管理画面の場所

カスタムメニューの管理画面は、外観の中にあります。

外観 メニュー

カスタムメニューの使い方

カスタムメニューの使い方について説明します。

メニュー登録画面の使い方

カスタムメニューの使い方を簡単に説明すると、画面の左側でメニューのURLや文言を設定し、画面の右側でメニューの表示順番や階層を指定します。そして、最後に設定を保存します。

実際にメニューを追加・編集して、カスタムメニュー機能の使い方を把握してみましょう。

カスタムメニュー 管理画面

メニューの文言とリンク先URLの設定

固定ページ

固定ページをメニューに表示させるには、固定ページの一覧から表示させたい項目にチェックを入れて追加します。「すべて表示」をクリックすると全ての項目が表示されます。

カスタムメニュー 固定ページ

リンク

この画面を利用すると、自由な文言とURLをメニューに追加できます。

カスタムメニュー リンク

カテゴリー

カテゴリーをメニューに表示させるには、カテゴリーの一覧から表示させたい項目にチェックを入れて追加します。「すべて表示」をクリックすると全ての項目が表示されます。

カスタムメニュー カテゴリー

グローバルメニューの登録

作成したメニューをグローバルメニューに表示させるには、「位置の管理」のタブをクリックすると、グローバルメニューの選択画面が表示されます。そして、作成したメニューを選択して保存すると、作成したメニューがグローバルメニューに表示されます。

カスタムメニュー グローバルメニュー登録

ウィジェットで指定する

作成したメニューは、ウィジェットを利用してサイドバーやフッターに表示することもできます。

カスタムメニュー ウィジェット利用

次の記事へ

投稿で記事を書く