ブロックエディタ

WordPress 5.0 以降に実装されている「ブロックエディタ」には、非常に多くの機能が搭載されています。

この記事ではブロックエディタの機能を使いこなすために、役に立つ機能・活用方法などを説明していきます。

ブロックエディタの機能を上手く活用して、ブログで記事を書く際に役立たせましょう。

前の記事

この記事は「ブロックエディタ入門」の続編です。
ブロックエディタの基本的な使い方を知りたい方は、まず最初に「前の記事」をご覧下さい。

ブロックを追加する

初心者

まずは基本的なことから説明します。

ブロックエディタを利用して記事を書く際は、まずは記事にブロックを追加します。

ブロックの追加

記事に新たな要素を追加する際は、ブロックを追加します。
ブロックエディタの「左上」または「記事本文」にブロックの追加ボタンが表示されます。
そのボタンをクリックしてブロックを追加します。

記事の中に追加したブロックは、ブロックごとに移動・編集・削除ができます。

エディタの左上からブロック追加

エディタの左上からブロック追加

記事本文からブロック追加

編集中のブロックの下に追加ボタンが表示されます。

記事本文からブロック追加

入力補助機能を活用する

初心者

ブロックエディタにはエディタの入力を補助する機能が用意されています。

記事の編集中に役立つ機能なので活用しましょう。

コンテンツ構造

ブロックエディタの「上部」にある「コンテンツ構造」をクリックすると、作成中の記事の構造を把握できます。

文章の概要に表示されている項目をクリックすると、ブロックエディタの対象の位置に移動します。記事の内容が長くなった場合に活用すると役立つ機能です。

コンテンツ構造

コンテンツ構造

ブロックナビゲーション

ブロックエディタの「上部」にある「ブロックナビゲーション」をクリックすると、ブロックの構造とカーソル位置が表示されます。

ブロックの構造が複雑になると、自分がどのブロックを編集しているのかが把握しにくいことがあります。ブロックナビゲーションは、自分が編集しているブロックをわかりやすくする役割があります。

ブロックナビゲーション

ブロックの配置と選択位置を把握することができます。

ブロックナビゲーション

カラムを3分割した場合のブロックナビゲーション

記事のレイアウトをカラムで分割した場合でも、ブロックの構造と選択位置を把握することができます。

カラムを3分割した場合のブロックナビゲーション

コンテンツ全体の複製・貼り付け

新しい記事を書く際は、以前に書いた類似性のある記事・ブロックをコピー(複製)して流用すると、記事作成を効率化できます。

すべてのコンテンツをコピー

ブロックエディタの「右上」にあるメニューを展開して、「すべてのコンテンツをコピー」をクリックすると、表示している記事全体をクリップボードにコピー(複製)できます。

すべてのコンテンツをコピー

貼り付け

そして、Webブラウザの「編集」→「貼り付け」を選択すると、先ほどクリップボードにコピー(複製)した内容を貼り付けることができます。

コンテンツの貼り付け

再利用ブロック機能を活用する

初心者

ブロックエディタには、作成したブロックを他の記事で使い回すことができる「再利用ブロック」機能が用意されています。

複数の記事で共通で使うコンテンツは「再利用ブロック」に登録してコンテンツを使い回すと便利です。

例えば、企業サイトを運営している場合は、「お問い合わせの連絡先・所在地」「お問い合わせフォームへの誘導ボタン」など、複数の記事で共通で使うコンテンツで利用すると役に立つ機能です。

再利用ブロックに追加する

例として、表(TABLE)を再利用ブロックに追加する手順を説明します。

再利用ブロックに追加

対象のブロックを選択した状態で、エディタの右上に表示されるメニューから「再利用ブロックに追加」をクリックします。

再利用ブロックに追加

ブロックの名前を保存する

ブロックの名前を入力する画面が表示されます。名前を付けて保存して下さい。

ブロックの名前を保存する

再利用ブロックを挿入する

それでは、他の記事に移動して、先ほど登録した再利用ブロックを記事に挿入してみましょう。

ブロック挿入画面の「再利用可能」の中に登録したブロックが表示されます。
挿入したいブロックをクリックすれば、記事に再利用ブロックが挿入されます。

再利用ブロックを挿入する

再利用ブロックを編集する

再利用ブロックに登録したブロックは、後から内容を編集することができます。

すべての再利用ブロックを管理

作成済みのブロックを管理したい場合は、右上のメニューから「すべての再利用ブロックを管理」をクリックします。

すべての再利用ブロックを管理

作成済みブロック一覧

作成済みの再利用ブロックが一覧表示されます。

ちなみに、再利用ブロックに登録すると、他の記事でも共通して利用する部品(ブロック)となります。再利用ブロックを編集すると、再利用ブロックを挿入した他の記事にも変更が適用されます。

作成済みブロック一覧

ブロックの表示・非表示を管理する

初心者

ブロックエディタのブロック追加画面には沢山のブロックが表示されますが、使用頻度が低いブロックは非表示にすることもできます。

必要に応じて、表示するブロックを調整しておくと、ブロック追加画面が整理できて、作業効率が上がります。

メニュー

ブロックエディタの右上のメニューから「ブロックマネージャー」をクリックします。

ブロックマネージャー

ブロックマネージャー

ブロック追加画面の表示・非表示の設定画面が表示されます。
チェックを外すとブロック追加画面の挿入ボタンが非表示になります。
利用しないブロックは非表示にしておくことを推奨します。

ブロックマネージャー

次の記事

投稿(POST)で記事を書く方法に関しては、次の記事で詳しく説明しています。

投稿の機能で記事を書く(POST)