SEO

SEO対策に特化したWordPressテーマ(テンプレート)を紹介します。WPテーマ本体とは別にSEO対策のマニュアルなどが付属しているテンプレート集もあります。(※全てではない)

SEO対策のマニュアルを読むことで、SEO対策がよくわからない方でも、SEO対策を実践しながらブログを運営できます。特に初心者にお勧めのテンプレート集です。

検索エンジンやソーシャルメディアから集客する仕組みを理解することで、ブログに訪れるユーザーを増やすことができます。

はじめに

主な特徴

  1. WordPressテーマ(テンプレート)は、もちろん検索エンジンに最適化されています。SEO対策はバッチリです。
  2. WPテーマ本体より、SEO対策マニュアルの方が価値がある気がします。(ネタワン管理人の感想)
  3. アフィリエイターが複数のアフィリエイトブログを制作して運営するのに最適です。(サイト量産に最適)
  4. SEO対策のマニュアルが付属しているWPテーマもあります。SEO対策を実践しながらWebサイトを運営できるので、初心者でも安心です。

SEOとは?

SEOとは「Search Engine Optimization」の略称のことです。日本語に訳すと、検索エンジン最適化のことです。

検索エンジンに対して最適化することで、検索エンジンに上位表示されやすくする手法や概念のことです。

SEO対策に特化したWPテーマ集

SEO対策に特化したWordPressテーマ(テンプレート)を紹介します。
全て日本製のWPテーマです。

名称 レビュー 販売価格 カラム SEOマニュアル
賢威7(ケンイ) 詳細 24,800円 1カラム
2カラム
SEOマニュアル 194P
コンテンツ制作マニュアル
動画マニュアル
SEO塾テンプレート × WordPressテーマ 3.0 32,400円 1カラム
2カラム
3カラム
SEO×WPガイダンス 56P
Lsii(レジー) 販売終了 1カラム
2カラム
SEOマニュアル58P
奪取SEO3 販売終了 1カラム
2カラム
内的SEO 170P超

よくある勘違い

SEOテンプレートを利用すれば
すぐに上位表示される訳ではありません

注意

たまに勘違いされる方がいるので、念の為に説明しておきますが、SEO対策に特化したテンプレートを利用すれば、誰でも簡単に検索エンジンの検索結果で上位表示されるわけではありません。

テンプレート自体は検索エンジンに最適化されていますが、ブログ運営者側もSEOの概念をよく理解し、「わかりやすいタイトル付け」「SEOの内部対策」「キーワード選び」「ソーシャルメディアでの拡散」などを行う必要があります。その全ての要素が合わさって、検索エンジンの上位表示ができます。

そして、近年では、SEO対策の内部対策・外部対策より、コンテンツの質が重要視されるようになっています。記事の質が高く、ユーザーに拡散されたり、評価が高くなった記事は、自然と検索結果に上位表示されるような仕組みになっています。

また、SEO対策は、すぐに成果が出るものでもなく、根気強く、長期的に取り組むことが必要です。

もし、どうしてもすぐに成果を出したいのであれば、「Google AdWords」や「Yahoo!プロモーション広告」などのリスティング広告の利用を検討してみましょう。

参考

検索エンジンの検索順位を毎日確認する

google

あなたは、SEO対策を行う上で、どの検索キーワードで上位表示を狙うかを事前に決めていると思います。(まだ決めていなければ、直ぐに決めましょう。)

検索エンジンの検索結果の順位は、SEO分析ツールを活用して順位を毎日確認しましょう。

検索順位をモニタリングすることで、自分が書いた記事の反響がどう検索順位に影響しているかを把握することができます。

下記のSEO分析ツールは、自分のブログの現状把握に役に立ちます。

GRC

GRCは、SEO専門業者も利用しているプロ向けのSEO分析ツールです。
Windows・MacOSの環境で利用できます。

このSEO分析ツールは、検索エンジンの検索順位の動きを検索キーワードごとに計測できます。
登録した複数の検索キーワードの検索順位を一括して確認できます。
無料版でも機能制限はありますが、3URL・10件まで利用できます。

参考ツール

GRC – 検索エンジンの検索順位チェックツール