ワードプレス関連の役立つ情報をまとめています。WordPressプラグイン、WordPressテーマ(テンプレート)の情報をわかりやすく紹介します。

WP Htaccess Editor - .htaccess を管理画面上から編集できるWordPressプラグイン

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事公開 2014.03.19

最終更新 2016.12.31

WP Htaccess Editorは、.htaccess ファイルをWordPressの管理画面上から編集できるプラグインです。.htaccess ファイルをバックアップする機能も搭載されています。

このプラグインを利用すると、FTPソフトなどを利用することなく、WordPressの管理画面上から .htaccess ファイルを簡単に編集できます。

このプラグインの活用方法としては、通常はプラグインを停止しておき、.htaccess ファイルを編集する際にプラグインを有効化して利用すると便利です。FTPソフトなどを利用する手間が省けます。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. .htaccess ファイルをWordPressの管理画面上から編集できる。
  2. .htaccess ファイルのバックアップと復元ができる。バックアップファイルは、同じ階層に「htaccess.backup」のファイル名で保存される。
  3. FTPソフトなどを利用する手間が省ける。

.htaccessとは?

.htaccess(どっと・えいちてぃーあくせす)は、ApacheなどのWebサーバーの動作をディレクトリ単位で制御する為に利用される設定ファイルのことです。アクセス制限、MIMEタイプの指定、URLの内部書き換えなどの設定を記述できます。

WordPressをインストールすると、.htaccess にURLの内部書き換えの設定などが追加されます。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「WP Htaccess Editor」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの設定

このプラグインに設定画面はありません。プラグインを有効化すれば利用できます。

.htaccessの編集画面

管理画面の場所

このプラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > Htaccess

.htaccessエディタ

WordPressの管理画面上から .htaccess を編集できます。

.htaccessエディタ

バックアップの生成

.htaccess の記述を誤り、エラーが発生してしまう場合に備えてバックアップを作成できます。バックアップファイルは、同じ階層に「htaccess.backup」のファイル名で保存されます。

バックアップファイルの生成

バックアップの復元

バックアップファイルが存在する場合、バックアップから復元できます。

バックアップの復元

まとめ

WP Htaccess Editorは、.htaccess ファイルをWordPressの管理画面上から編集できるプラグインです。.htaccess ファイルをバックアップする機能も搭載されています。

このプラグインの活用方法としては、通常はプラグインを停止しておき、.htaccess ファイルを編集する際にプラグインを有効化して利用すると便利です。FTPソフトなどを利用する手間が省けます。

スポンサーリンク

最後までお読み頂き、ありがとうございます

この記事の内容が役に立ったと思ったらソーシャルメディアで共有してね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSSフィードを購読する

follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ソーシャルメディア & RSS

Twitter Facebook Google+ RSSフィード

スポンサーリンク

賢威7 - SEOマニュアル&テンプレート

新バージョンの賢威7が購入者向けに先行公開中。


賢威7の詳細&レビューはこちら