WP Htaccess Editor

WP Htaccess Editorは、「.htaccess」のファイルをWordPressの管理画面上から編集できるプラグインです。「.htaccess」のファイルをバックアップする機能も搭載されています。

このプラグインを利用すると、FTPソフトなどを利用することなく、WordPressの管理画面上から「.htaccess」のファイルを簡単に編集できます。

このプラグインの活用方法としては、通常はプラグインを停止しておき、「.htaccess」のファイルを編集する際にプラグインを有効化して利用すると便利です。FTPソフトなどを利用する手間が省けます。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. 「.htaccess」のファイルをWordPressの管理画面上から編集できる。
  2. 「.htaccess」の ファイルのバックアップと復元ができる。バックアップファイルは、同じ階層に「htaccess.backup」のファイル名で保存される。
  3. FTPソフトなどを利用する手間が省ける。

.htaccessとは?

.htaccess(どっと・えいちてぃーあくせす)は、ApacheなどのWebサーバーの動作をディレクトリ単位で制御する為に利用される設定ファイルのことです。アクセス制限、MIMEタイプの指定、URLの内部書き換えなどの設定を記述できます。

WordPressをインストールすると、「.htaccess」にURLの内部書き換えの設定などが追加されます。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「WP Htaccess Editor」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの設定

このプラグインに設定画面はありません。プラグインを有効化すれば利用できます。

.htaccessの編集画面

管理画面の場所

このプラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > Htaccess

.htaccessエディタ

WordPressの管理画面上から .htaccess を編集できます。

.htaccessエディタ

バックアップの生成

.htaccess の記述を誤り、エラーが発生してしまう場合に備えてバックアップを作成できます。バックアップファイルは、同じ階層に「htaccess.backup」のファイル名で保存されます。

バックアップファイルの生成

バックアップの復元

バックアップファイルが存在する場合、バックアップから復元できます。

バックアップの復元

まとめ

WP Htaccess Editorは、「.htaccess」のファイルをWordPressの管理画面上から編集できるプラグインです。「.htaccess」のファイルをバックアップする機能も搭載されています。

このプラグインの活用方法としては、通常はプラグインを停止しておき、「.htaccess」のファイルを編集する際にプラグインを有効化して利用すると便利です。FTPソフトなどを利用する手間が省けます。

スポンサーリンク