WP Copyright Protection

WP Copyright Protectionは、不正コピー防止機能をWebサイトに組み込めるプラグインです。あなたのWebサイトに対し、コピペを防止する為に「右クリック禁止」や「文章のドラッグ禁止」の機能を実装できます。このプラグインを利用すると、Webサイト内の文章と画像がコピーできなくなります。あくまでも簡易的なコピペ防止機能です。DRM機能ではありません。

もし、あなたのWebサイトの記事が他サイトに盗用されている形跡を発見したり、コンテンツをコピペされたくなかったら、このプラグインを活用しましょう。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. 不正コピー防止機能をWebサイトに組み込める。
  2. コピペを防止する為に「右クリック禁止」や「文章のドラッグ禁止」の機能を実装できる。
  3. 管理者ユーザーに対し、不正コピー防止機能を無効化できる。(自分に対しては機能を無効化できる。)
  4. 難しい設定無し。プラグインをインストールして有効にするだけで利用できる。

あなたのWebサイトが狙われているかもしれない・・・

コピー

Webサイトを運営していると、必ず記事の内容を全部又は一部をパクる酷い輩が現れます。それらの人々の殆がブログを始めたばかりの初心者の方です。(※残念ながら、自分で記事を書いた経験が少ないので、自分で良い記事が書けず、他人の記事をベースに記事を書き直そうとしている人。)

それらの不正コピーに対し、何も対策を取らずに放置していると、最悪の場合、他者のサイトからコピーした記事(パクる側のコンテンツ)が先に検索エンジンにインデックスされ、オリジナルのあなたのサイト(パクられた側のコンテンツ)が検索エンジンから悪い評価を受けるなんてこともありえます。Google等の検索エンジンは、同じような記事がある場合、先にインデックスした記事の方が、オリジナルの可能性が高いと認識するようです。

※ 厳密には、そんなに単純な仕組みではありませんが、あくまでも最悪の場合の例です。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「WP-Copyright-Protection」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの設定

管理画面の場所

このプラグインの管理画面は、下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > 設定 > WP-Copyright-Protection

管理画面の設定

管理画面では、「除外記事のID登録」と「管理者ユーザーに対しての機能無効化」の設定ができます。

wpcp_img01

参考プラグイン

Check Copy Contents

ccc

WP Copyright Protectionは、いきなり導入するよりは、「Check Copy Contents」等の監視機能があるプラグインを利用し、あなたのWebサイトの現状を把握した上で利用しましょう。Webサイト内の文章がコピーされたらメールで教えてくれる便利なプラグインです。このプラグインを利用すると、あなたのWebサイトのコピペ履歴が分かります。

プラグインの解説

Check Copy Contents – あなたのWebサイトの記事が誰かにコピーされたら教えてくれるWordPressプラグイン

PuSHPress

google

Googleの検索エンジンのインデックスを早めるのには、PuSHPressを活用しましょう。このプラグインを利用すると、記事を公開して数分でGoogleにインデックスされるようになります。自分の記事を素早くインデックスさせることにより、検索エンジンから悪い評価を受けることを未然に防ぎます。

プラグインの解説

PuSHPress – Googleの検索エンジンに瞬時にインデックスさせるWordPressプラグイン

まとめ

WP Copyright Protectionは、不正コピー防止機能をWebサイトに組み込めるプラグインです。もし、あなたのWebサイトの記事が他サイトに盗用されている形跡を発見したら、このプラグインを導入しましょう。

ちなみに、このプラグインは、あくまでも簡易的なコピペ防止機能なので、抜け穴は沢山あります。DRM機能もありません。防犯効果は、気休め程度ですが、不正コピーは減ると思われます。

スポンサーリンク