ワードプレス関連の役立つ情報をまとめています。WordPressプラグイン、WordPressテーマ(テンプレート)の情報をわかりやすく紹介します。

WP Copyright Protection - 不正コピー防止機能であなたのWebサイトを守るWordPressプラグイン

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事公開 2013.10.12

最終更新 2016.12.31

WP Copyright Protectionは、不正コピー防止機能をWebサイトに組み込めるプラグインです。あなたのWebサイトに対し、コピペを防止する為に「右クリック禁止」や「文章のドラッグ禁止」の機能を実装できます。このプラグインを利用すると、Webサイト内の文章と画像がコピーできなくなります。あくまでも簡易的なコピペ防止機能です。DRM機能ではありません。

もし、あなたのWebサイトの記事が他サイトに盗用されている形跡を発見したり、コンテンツをコピペされたくなかったら、このプラグインを活用しましょう。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. 不正コピー防止機能をWebサイトに組み込める。
  2. コピペを防止する為に「右クリック禁止」や「文章のドラッグ禁止」の機能を実装できる。
  3. 管理者ユーザーに対し、不正コピー防止機能を無効化できる。(自分に対しては機能を無効化できる。)
  4. 難しい設定無し。プラグインをインストールして有効にするだけで利用できる。

あなたのWebサイトが狙われているかもしれない・・・

コピーWebサイトを運営していると、必ず記事の内容を全部又は一部をパクる酷い輩が現れます。それらの人々の殆がブログを始めたばかりの初心者の方です。(※残念ながら、自分で記事を書いた経験が少ないので、自分で良い記事が書けず、他人の記事をベースに記事を書き直そうとしている人。)

それらの不正コピーに対し、何も対策を取らずに放置していると、最悪の場合、他者のサイトからコピーした記事(パクる側のコンテンツ)が先に検索エンジンにインデックスされ、オリジナルのあなたのサイト(パクられた側のコンテンツ)が検索エンジンから悪い評価を受けるなんてこともありえます。Google等の検索エンジンは、同じような記事がある場合、先にインデックスした記事の方が、オリジナルの可能性が高いと認識するようです。

※厳密には、そんなに単純な仕組みではありませんが、あくまでも最悪の場合の例です。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「WP-Copyright-Protection」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの設定

管理画面の場所

このプラグインの管理画面は、下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > 設定 > WP-Copyright-Protection

管理画面の設定

管理画面では、「除外記事のID登録」と「管理者ユーザーに対しての機能無効化」の設定ができます。

wpcp_img01

参考プラグイン

Check Copy Contents

ccc

WP Copyright Protectionは、いきなり導入するよりは、「Check Copy Contents」等の監視機能があるプラグインを利用し、あなたのWebサイトの現状を把握した上で利用しましょう。Webサイト内の文章がコピーされたらメールで教えてくれる便利なプラグインです。このプラグインを利用すると、あなたのWebサイトのコピペ履歴が分かります。

プラグインの解説

Check Copy Contents – あなたのWebサイトの記事が誰かにコピーされたら教えてくれるWordPressプラグイン

PuSHPress

google

Googleの検索エンジンのインデックスを早めるのには、PuSHPressを活用しましょう。このプラグインを利用すると、記事を公開して数分でGoogleにインデックスされるようになります。自分の記事を素早くインデックスさせることにより、検索エンジンから悪い評価を受けることを未然に防ぎます。

プラグインの解説

PuSHPress – Googleの検索エンジンに瞬時にインデックスさせるWordPressプラグイン

まとめ

WP Copyright Protectionは、不正コピー防止機能をWebサイトに組み込めるプラグインです。もし、あなたのWebサイトの記事が他サイトに盗用されている形跡を発見したら、このプラグインを導入しましょう。

ちなみに、このプラグインは、あくまでも簡易的なコピペ防止機能なので、抜け穴は沢山あります。DRM機能もありません。防犯効果は、気休め程度ですが、不正コピーは減ると思われます。

スポンサーリンク

最後までお読み頂き、ありがとうございます

この記事の内容が役に立ったと思ったらソーシャルメディアで共有してね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSSフィードを購読する

follow us in feedly

関連記事

コメント

    • あるる
    • 2014年 3月 09日

    参考になります。
    うちもコピーされて困っていて気休めでも対策しないと気がすまない気分です。
    このプラグインは除外記事の子弟だけですが、逆に指定した記事だけを右クリ禁止にすることはできますか?記事数的にそっちのほうが有効なのです

      • ネタワン管理人
      • 2014年 3月 09日

      残念ですが、この記事で紹介しているプラグイン以外で、他に役に立ちそうなプラグインは把握していません。このプラグインも効果は気休め程度です。

      記事をコピーする人は、殆どの場合がレベルの低い人なので、無視でも問題無いと思います。
      悪質なコピーサイトを作られて、自分に害が出る場合は、Googleに通報しましょう。
      ウェブマスターツールから通報もできます。
      https://www.google.com/webmasters/tools/spamreport?hl=ja

        • あるる
        • 2014年 3月 09日

        ID指定した記事だけにプラグインの効果を適用することはできないですかね?

          • ネタワン管理人
          • 2014年 3月 10日

          現状ではできないですね。
          ネット上に記事を公開すると、必ずコピーする人はでてきます。
          それでも、記事の内容をどうしても守りたい場合は、記事をパスワード保護して会員にしか見せないようにするとかしか方法はないですね。

    • 出来ました
    • 2015年 12月 13日

    出来ました!
    為になる記事を書いてくださってありがとうございます^^

    わかりやすかったです。

CAPTCHA


ソーシャルメディア & RSS

Twitter Facebook Google+ RSSフィード

スポンサーリンク

賢威7 - SEOマニュアル&テンプレート

新バージョンの賢威7が購入者向けに先行公開中。


賢威7の詳細&レビューはこちら