WP BASIC Auth

WP BASIC Authは、Webサイト全体にBASIC認証(ベーシック認証)をかけることができるプラグインです。

プラグインを有効化すると、Webサイトを閲覧する際にBASIC認証でアクセス制限がかかります。「.htaccess」のファイルやパスワードファイルを直接編集する必要が無いので、プログラマーでなくても簡単に扱う事ができます。制作途中のWebサイトやテストサーバーなど、Webサイトを外部の人に見せたくない場合に利用すると便利です。

尚、管理画面にログインしている際は、BASIC認証のアクセス制限はかかりません。BASIC認証で入力するユーザー名・パスワードは、WordPressに管理者ユーザーとして登録されているユーザー名とそのパスワードになります。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. BASIC認証を簡単に利用できます。Webサイトに簡易的なパスワード認証を設置できます。
  2. プラグインをインストールして有効にするだけで利用できます。

BASIC認証とは?

BASIC認証(ベーシック認証)とは、Webサイトの閲覧に使われるプロトコルの「HTTP」が備える、最も基本的なユーザ認証方式です。簡易的なパスワード認証の方式です。アクセス制限されたWebサイトにアクセスしようとすると、Webブラウザでユーザ名とパスワードの入力を求め、サーバーでアクセスを許可しているユーザに一致すると、ページを閲覧することができる仕組みです。尚、あくまでも簡易的なパスワード認証方式であり、重要なデータの保護には利用すべきではない。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「WP BASIC Auth」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

管理画面の設定

このプラグインには管理画面がありません。プラグインを有効にすれば利用できます。

BASIC認証のID・パスワード

BASIC認証の認証画面に表示されるIDとパスワードは、管理画面にログインする際に利用するあなたのIDとパスワードと共通です。BASIC認証を解除するには、プラグインを停止するかアンインストールして下さい。

まとめ

WP BASIC Authは、インストールして有効にするだけで利用できます。管理画面もありません。他人に見せたくない、制作途中のWebサイトやテストサーバーなどで利用すると良いかもしれません。

尚、このプラグインは一時的にWebサイトにパスワード認証をかけるためのプラグインであり、会員制サイトや重要なデータの保護に利用するものではありません。

スポンサーリンク