WordPressのスマートフォンサイト自動生成プラグインを紹介します。

WordPressを利用して運営するWebサイトをスマートフォンやタブレット端末に最適化する方法は、主に3通りあります。下記はその方法です。

  1. WordPressプラグインを利用する。
  2. WordPressテーマを自分で作る。(又はカスタマイズ)
  3. 既存のレスポンシブWebデザイン対応のWordPressテーマを利用する。

要するに、WPプラグインを利用するか、レスポンシブのWPテーマを利用するかになります。

この記事では、上記の1番目のWPプラグインを利用する方法に絞って説明します。

3番目の方法に関しては、記事の最下部に説明とリンクを載せておきますので参考にして下さい。

スマートフォンサイト自動生成プラグイン

スマートフォンやタブレット向けのページを自動生成するWordPressプラグインを紹介します。どのプラグインも優れており、それぞれ特徴があります。特徴や機能を参考にして、自分が利用するプラグインを決めて下さい。

WPtouch Pro

WPtouch Pro 3

WPtouch Proは、スマートフォンやタブレット端末向けのサイトを自動生成するプラグインです。WPtouchの有料版なので、非常に高機能です。標準で3種類の専用テンプレートが用意されており、様々なジャンルのWebサイトに対応できます。

主な特徴

  • スマートフォン、タブレット端末に完全対応。
  • 管理画面は日本語化されている。
  • 3種類の専用テンプレートがあり、柔軟にカスタマイズできる。
  • PC版と同一URLでスマートフォンサイトを運営できる。
  • トップページにコンテンツスライダー機能搭載。
  • 記事一覧の無限スクロール機能搭載。
  • スマートフォンサイトがサクサク表示される。
  • 専用テンプレートは柔軟にカスタマイズできる・・・ などなど

管理人の個人的メモ

WPtouch Proは、ネタワン編集部でも姉妹サイトで利用していました。高機能で使いやすく、カスタマイズ性も非常に高いです。定期的にバージョンアップで機能追加や修正が加えられます。

ただ、以前のバージョンより販売価格が高くなっているので、やや割高に感じるかもしれません。でも、アクセス数の多いサイトで、スマートフォン向けのページにAdSense等の広告を掲載すると、直ぐに元が取れますよ。このプラグインは、どちらかと言うとアクセス数が多いWebサイトを運営している方向けのプラグインです。

注意点としては、プラグイン自体は日本語化されていますが、WP touch Proの購入画面やサポートサイトのオンラインマニュアルは、全て英語表記です。英語に慣れていないと使いづらく感じると思います。

WPtouch Mobile Plugin

WPtouch

WPtouchは、スマートフォン端末向けのサイトを自動生成するプラグインです。WPtouch Proの無料版です。言語設定でJapaneseを選択すれば、管理画面が日本語表記になります。専用テンプレートのカスタマイズもできます。

非常に有名なプラグインですが、無料版なので機能は限定されています。本格的にスマートフォン向けのWebサイトを運営するのには向いていません。シンプルでもいいからスマートフォン向けページ表示を最適化したいと割り切って利用すると便利です。

Webサイトの内容が「文章と画像中心」の場合、これを利用するとスマートフォンに最適化されて見やすくなります。ただ、CSSで装飾したページや表組みが多いページなどは、逆に見づらくなる場合もあるので注意して下さい。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「WPtouch Mobile Plugin」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

WPtap News Press

wptap

WPtap News Pressは、スマートフォンやタブレット端末向けのサイトを自動生成するプラグインです。モバイル端末のユーザーエージェントを元にテーマの切り替えをON/OFFする機能もあります。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「WPtap News Press」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

WordPress PDA & iPhone

WordPress PDA & iPhone

WordPress PDA & iPhoneは、iPhoneやタブレット端末向けのサイトを自動生成するプラグインです。デフォルトの専用テンプレートがシンプルで洗練されたデザインです。難しい設定も不要です。インストールすれば利用できます。専用テンプレートを手動でカスタマイズすることもできます。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「WordPress PDA & iPhone」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

WordPress Mobile Pack

wp-mobilepack

WordPress Mobile Packは、スマートフォン端末向けのサイトを自動生成するプラグインです。デフォルトテーマは、シンプルなデザインです。カラーは4色用意されています。モバイル用の簡易的なアクセス解析機能もあり、あなたのWebサイトを利用しているユーザーに何パーセントモバイルユーザーがいるかの統計を知ることができます。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「WordPress Mobile Pack」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

MobilePress

スマートフォン

MobilePressは、スマートフォン端末向けのサイトを自動生成するプラグインです。専用テンプレートのカスタマイズもできます。無料版なので機能は限定されています。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「MobilePress」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

携帯サイト生成プラグイン

厳密に言うと、スマートフォン向けではありませんが、関連性があるので合わせて紹介します。いわゆる、ガラケーやフィーチャーフォンと呼ばれる高機能な携帯電話に搭載されたWebブラウザ向けのWebサイトを生成するWordPressプラグインです。

Ktai Style

携帯

Ktai Styleは、携帯サイト向けのWebページを自動生成するプラグインです。携帯サイトはスマートフォンの普及とともに利用者が減少傾向ですが、Webサイト閲覧者の年齢層によっては、携帯サイトを併用すると良いかもしれません。このプラグインは、必要に応じて活用しましょう。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Ktai Style」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

レスポンシブWebデザイン

単一のHTMLでPCをはじめ、スマートフォンやタブレット端末に表示を最適化させる手法を「レスポンシブWebデザイン」と呼びます。最近はレスポンシブWebデザイン対応のWordPressテーマも増えてきています。新しいテーマを探している方は、利用してみると良いですよ。

下記は参考までに、過去に書いたレスポンシブWebデザイン対応テーマの記事です。

関連記事

レスポンシブWebデザインのWordPressテーマ

WordPressテーマ比較

まとめ

ここで紹介したプラグインは、どのプラグインも優れており、それぞれ特徴があります。特徴や機能を参考にして、自分が利用するプラグインを決めて下さい。

あくまでも管理人の個人的な意見ですが、Webサイトのスマートフォンやタブレット端末対応は、プラグインで対応するより、WordPressテーマ側で対応した方が良い気がします。管理が楽です。複数のテンプレートを管理する必要がないのと、プラグインのアップデート毎にテンプレートを修正しなくて済みます。

スポンサーリンク