WordPress Related Posts

WordPress Related Postsは、記事の下に関連記事を表示できるプラグインです。簡単にWordPressに関連記事を表示する機能を導入できます。

PC用とモバイル用テーマが複数用意されており、好きなデザインを選ぶことができます。表示させる内容も細かくカスタマイズできるので便利なプラグインです。簡易的なクリック統計機能もあります。

関連記事は、今読んでいる記事を読み終えた後に、その記事に関連する記事の候補をユーザーに表示することで、次の記事にユーザーを誘導する役割があります。記事の閲覧数を増やし、ユーザーがWebサイトに滞在する時間を増やす効果があります。

もし、あなたが使用しているWordPressテーマに関連記事の機能が無ければ、このプラグインを利用して関連記事を表示しましょう。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. 記事の下にその記事に関連する記事の候補を表示できる。
  2. WordPressに簡単に関連記事を表示する機能を導入できる。
  3. PC用とモバイル用テーマが複数用意されており、好きなデザインを選ぶことができる。(PC用8パターン、モバイル用3パターン)
  4. アイキャッチ画像が登録されていない場合や登録画像が小さすぎる場合は、ダミーのサムネイル画像が表示されます。見た目も良いので、ブログの雰囲気が良くなります。
  5. 管理者が表示させたい関連記事を記事ごとに指定できる。
  6. 簡易的なクリック統計機能があり、関連記事のユーザー利用状況を把握できる。統計機能はダッシュボードに表示できる。

関連記事の見本

記事の下に関連記事の候補が表示されます。

WordPress Related Posts 関連記事の見本

注意点

記事に登録するアイキャッチ画像のサイズ(寸法)が小さすぎると、関連記事のサムネイル画像に反映されません。このプラグインを利用する際は、大きい画像をアイキャッチに登録しましょう。画像が小さすぎる場合は、ダミーの画像が表示されます。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「WordPress Related Posts」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの設定

管理画面の場所

このプラグインの管理画面は、下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > Related Posts

管理画面の設定

プラグインを有効にすると、サービスに接続するようにメッセージが表示されます。

「Turn on」ボタンをクリックしてプラグインの機能を有効にして下さい。ボタンをクリックするだけで機能が有効になります。

プラグイン

管理画面の設定

プラグインの管理画面で関連記事の表示内容を設定できます。

WordPress Related Posts 管理画面

関連記事の選択

管理者ユーザーのログイン状態で記事にアクセスすれば、関連記事の編集ボタンが表示されます。そのボタンをクリックすると、表示する関連記事を直接指定できます。もし、関連記事の精度が悪いなと感じたら、自分で表示させる記事を指定しましょう。

関連記事の編集ボタン

関連記事の編集ボタン

関連記事の選択画面

関連記事の選択画面

PHPコードで表示位置を指定する場合

PHPコードで表示位置を指定する場合は、下記のPHPコードをテンプレートに直接記述します。

<?php wp_related_posts()?>

まとめ

WordPress Related Postsは、記事の下に関連記事を表示できるプラグインです。簡単にWordPressに関連記事を表示する機能を導入できます。

もし、あなたが使用しているWordPressテーマに関連記事の機能が無ければ、このプラグインを利用して関連記事を表示しましょう。そうすることで、記事の閲覧数が増え、記事の直帰率が下がります。

スポンサーリンク