ベクター形式のロゴ素材を無料で配布するサイトを紹介します。自分でロゴを制作する際に素材として活用できるサイトは非常に役に立つのでお勧めです。

ロゴ素材配布サイトのロゴデータは、Adobe Illustratorで編集可能なEPS形式でダウンロードできます。ロゴデータを編集するにはAdobe Illustrator又はEPS形式を編集できるソフトが必要です。

これらのロゴデータをあなたのWebサイトのロゴを作成する際の素材として活用しましょう。

無料でロゴ素材をダウンロードできるサイト

自分でロゴを作成する際に素材として活用できる素材を配布するサイトです。ロゴデータはベクター形式なので自分で加工できます。

もちろん、クレジット表記不要で商用利用ができます。ロゴ素材には使用条件があります。詳しくは各サイトの利用規約をご確認下さい。

ロゴマルシェ

ロゴマルシェ

ロゴマルシェはベクター形式のロゴ素材の配布サイトです。ロゴデータは100種類以上あります。全て無料で利用できます。商用利用も可能です。クレジット表記は不要です。気に入ったロゴを見つけたら、あなたの企業サイトや個人ブログで利用できます。

クラウドロゴ

クラウドロゴ

クラウドロゴは、ベクター形式のロゴ素材の配布サイトです。ロゴデータは全部で100種類あります。全て無料で利用できます。商用利用も可能です。クレジット表記は不要です。気に入ったロゴを見つけたら、あなたの企業サイトや個人ブログで利用できます。

【参考】有料のオンラインロゴ作成サービス

インターネット上のシステムを利用してロゴを作成できるサービスを紹介します。

LOGASTER

LOGASTER

LOGASTERは、オンラインロゴ作成サービスです。様々な種類のロゴが作成できます。ロゴ作成は日本語にも対応しています。

全ての機能を利用するには有料になりますが、無料では小さいサイズのロゴをダウンロードできます。ただ、無料版では作成したロゴの横に「logaster.com」の表記が入ります。無料版で機能を試して、気に入ったら有料で購入しても良いかもしれません。

LogotypeMaker

LogotypeMaker

LogotypeMakerは、オンラインロゴ作成サービスです。様々な種類のロゴが作成できます。

ロゴの文字は英数字のみに対応しています。日本語には非対応です。ちなみに、ロゴ作成は無料ですが、作成したロゴをダンロードするのは有料です。

まとめ

上記で紹介した、素材として利用できるロゴ素材を配布するサイトは特にお勧めです。自分でロゴを作成する際に利用すると便利です。

ベクター形式のロゴデータはAdobe Illustratorで編集可能なEPS形式です。ベクター形式なので加工できます。例えば、ロゴの文字だけを差し替えるだけでも、一流企業のロゴみたいになります。あなたも、これらのロゴ素材を活用しましょう。

参考

高品質の写真素材やイラスト素材をお探しの方へ

もし、高品質の写真素材やイラスト素材をお探しであれば、有料の写真素材サイト(ストックフォト)をお勧めします。

圧倒的に高品質で、ロイヤリティフリーの写真素材を利用できます。購入した写真素材は、自分のサイト内であれば、何度でも使い回して利用できます。有料販売と言っても、海外の写真素材サイトの場合は、安いサイトは「素材画像1枚あたり200円」くらいで買えたりします。結構安いので、費用対効果に優れています。

参考記事

有料の写真素材サイト8選、圧倒的に高品質なストックフォト!

スポンサーリンク