ワードプレス関連の役立つ情報をまとめています。WordPressプラグイン、WordPressテーマ(テンプレート)の情報をわかりやすく紹介します。

User Switching - ユーザーアカウントを素速く切り替えられるWordPressプラグイン

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事公開 2014.09.04

最終更新 2016.12.30

User Switchingは、WordPressに管理者ユーザーとしてログインしている状態から、他のユーザーアカウントに素速く切り替えられるプラグインです。WordPressに登録済みのユーザーアカウントに素速くスイッチングできます。そして、確認作業が終わったら、また元の管理者ユーザーに戻ることができます。

このプラグインは、主にWordPressを複数ユーザーで運用している際の動作確認用として利用します。WordPressのマルチサイト環境、BuddyPress、bbPressの環境でも利用可能です。マルチサイト運用時の表示内容の確認、テーマやプラグイン開発時の動作確認に役立ちます。

利用方法は簡単です。ユーザー編集権限を持った管理者ユーザーで管理画面にログインすると、ユーザー一覧ページに「ユーザー切り替え」リンクが表示されます。そのリンクをクリックするだけで素速くスイッチングできます。WordPressを複数ユーザーで運用している際に非常に役立つプラグインなので活用しましょう。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. WordPressに登録済みのユーザーアカウントを素速く切り替えられる。
  2. 管理者ユーザーとしてログインしている状態から、他のユーザーアカウントに素速くスイッチングできる。
  3. ユーザーをスイッチング後、また元の管理者ユーザーに戻ることができる。
  4. WordPressのマルチサイト環境、BuddyPress、bbPressの環境でも利用できる。
  5. プラグインは日本語化されている。
  6. セキュリティに配慮されて設計されている。

WordPressを複数ユーザーで運用時に役立つ

下記内容に該当したらこのプラグインが役立つかもしれません。

  1. WordPressをマルチサイト環境で運用している。
  2. WordPressを利用して会員制サイトを運用している。(複数ユーザーが存在する)
  3. WordPressのユーザーを「管理者、編集者、投稿者、寄稿者、購読者」を利用して複数ユーザーで運用している。
  4. BuddyPressを運用している。
  5. bbPressを運用している。
  6. WordPressテーマやプラグインを開発していて、ユーザーの権限ごとに動作確認を頻繁に行っている。

セキュリティは大丈夫なの?

  1. ユーザー編集権限がある管理者ユーザーのみ、スイッチング機能を利用できます。一般のユーザーはスイッチング機能を利用できません。
  2. ユーザーをスイッチングする際は、アカウントの情報をcookieに保存して認証しています。
  3. ユーザーを認証する際は、暗号化された使い捨てのランダム値を利用します。認証に利用できるのは一度のみです。過去に生成されたデータは繰り返し利用できません。
  4. パスワードは表示されません。入力も不要です。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「User Switching」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの使い方

管理画面の場所

このプラグインには専用の管理画面はありません。管理者ユーザーでログインすると、ユーザー一覧ページに「ユーザー切り替え」リンクが表示されます。

WordPress管理画面 > ユーザー > ユーザー切り替え

ユーザー切り替え(ユーザースイッチング)

ユーザー一覧ページにある「ユーザー切り替え」リンクをクリックすると、他のユーザーに1クリックで切り替えることができます。選択したユーザーでログインした状態と同じ状態で管理画面とWebサイトを閲覧できます。

ユーザー切り替え

元の管理者ユーザーに戻る

他のユーザーに切り替えた後、元の管理者ユーザーに1クリックで戻ることができます。

元の管理者ユーザーに戻る

まとめ

User Switchingは、WordPressに管理者ユーザーとしてログインしている状態から、他のユーザーアカウントに素速く切り替えられるプラグインです。WordPressに登録済みのユーザーアカウントに素速くスイッチングできます。そして、確認作業が終わったら、また元の管理者ユーザーに戻ることができます。

このプラグインは、主にWordPressを複数ユーザーで運用している際の動作確認用として利用します。WordPressのマルチサイト環境、BuddyPress、bbPressの環境でも利用可能です。マルチサイト運用時の表示内容の確認、テーマやプラグイン開発時の動作確認に役立ちます。

WordPressを複数ユーザーで運用している際に非常に役立つプラグインなので活用しましょう。

スポンサーリンク

最後までお読み頂き、ありがとうございます

この記事の内容が役に立ったと思ったらソーシャルメディアで共有してね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSSフィードを購読する

follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ソーシャルメディア & RSS

Twitter Facebook Google+ RSSフィード

スポンサーリンク

ワードプレステーマTCD

ネタワンでも利用しているTCDのWordPressテーマを紹介します。様々な種類のテーマが販売されています。

CORE(TCD027)

WordPressテーマ「CORE (TCD027)」

マガジンスタイルのメディアサイト(ポータルサイト)を構築できるWordPressテーマ


ワードプレステーマTCDの詳細&レビューはこちら