TypePad emoji for TinyMCEは、絵文字をWordPressのビジュアルエディタで利用できるプラグインです。

このプラグインを利用すると、記事に絵文字を簡単に挿入することができます。携帯やスマホの絵文字みたいな感じで利用できます。このプラグインはビジュアルエディタ専用です。

記事は文字だけだと、記事閲覧者に地味な印象を与えてしまいますが、このプラグインを利用すると、記事の見栄えが良くなります。絵文字を利用したい方はこのプラグインを活用しましょう。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. WordPressのビジュアルエディタで絵文字を利用できる。(ビジュアルエディタ専用)
  2. 252種類の絵文字を利用できる。
  3. 絵文字を利用すると、記事の見栄えが良くなる。

TypePad絵文字とは?

Six Apart絵文字は、Movable Typeを開発しているSix Apart社が配布している絵文字画像データ集のことです。250種類以上の絵文字画像を無料で利用できます。

このプラグインは、Six Apart絵文字をWordPressで利用できるようにしたプラグインです。

ちなみに、TypePadの名称が変更され、正式名称は「Six Apart絵文字」に変わっています。

公式サイト

Six Apart絵文字

絵文字の見本

252種類の絵文字を利用できます。

絵文字

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「TypePad emoji for TinyMCE」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

絵文字の挿入方法

1. ボタンをクリック

プラグインをインストールして有効にすると、ビジュアルエディタに専用のボタンが追加されます。ボタンをクリックすると、絵文字が一覧表示されます。

TypePad emoji for TinyMCE

2. 絵文字一覧

ボタンをクリックすると、絵文字が一覧表示されます。絵文字を選択して挿入します。

絵文字

3. 挿入完了

記事に絵文字を挿入すると、下記の様に表示されます。

TypePad emoji for TinyMCE

プラグインの設定

管理画面の場所

このプラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > 設定 > TypePad 絵文字

管理画面の設定

プラグインの管理画面で挿入ボタンの表示位置を指定できます。設定は特に変更しなくても利用できます。

TypePad emoji for TinyMCE

まとめ

TypePad emoji for TinyMCEは、絵文字をWordPressのビジュアルエディタで利用できるプラグインです。このプラグインはビジュアルエディタ専用です。

記事は文字だけだと、記事閲覧者に地味な印象を与えてしまいますが、このプラグインを利用すると、記事の見栄えが良くなります。絵文字を利用したい方はこのプラグインを活用しましょう。

スポンサーリンク