ワードプレスやブログ運営に役立つ情報をまとめています。WordPressプラグイン、WordPressテーマ(テンプレート)の情報をわかりやすく紹介します。

Stealth Login Page - ログイン画面に2つ目のパスワードを追加できるWordPressプラグイン

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事公開 2014.02.01

最終更新 2016.12.31

Stealth Login Pageは、WordPressのログイン画面に2つ目のログインパスワードを追加できるプラグインです。パスワードを複数にすることでセキュリテイを強化できます。

このプラグインを利用すると、ログイン画面に第二認証コードを追加できます。管理画面にログインする際にパスワードを2つ入力する必要があります。WordPressのセキュリテイを更に強化できます。

ログイン画面のパスワードに対するセキュリテイ対策は、二段階認証など、他にも方法は幾つかありますが、このプラグインは単体で動作するので導入が簡単です。他のセキュリテイ対策のプラグインと併用して利用することもできます。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. WordPressのログイン画面に2つ目のログインパスワード(第二認証コード)を追加できる。セキュリテイを強化できる。
  2. 他のセキュリテイ対策のプラグインと併用して利用できる。
  3. プラグインは単体で動作するので導入は簡単です。

ログイン画面の例

WordPress ログイン画面

なぜこのプラグインが必要なの?

危険WordPressのログイン画面は、WordPressを利用したことがあるユーザーであれば、容易にログイン画面のURLを推測できます。そして、そのログイン画面に対して、総当たり攻撃(ブルートフォースアタック)でパスワードを解析され、WordPressを乗っ取られる場合があります。

このプラグインは、2つ目のログインパスワード(第二認証コード)を追加することにより、セキュリテイを強化して、あなたのWebサイトをハッカーなどの攻撃から守ります。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Stealth Login Page」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの設定

管理画面の場所

このプラグインの管理画面は、下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > 設定 > Stealth Login Page

管理画面の設定

プラグインの管理画面では、下記の設定ができます。

  1. 第二認証コードの登録(ログインパスワードの登録)
  2. パスワード認証失敗時の転送先URLの登録
  3. 第二認証コードの控えを送信するメールアドレス(パスワードを忘れないようするため)

Stealth Login Page

お勧めプラグイン

Stealth Login Pageと併用して利用すると便利なプラグインを紹介します。もし、下記のプラグインをまだ利用していなければ、プラグインを活用してみましょう。

Limit Login Attempts

Limit Login Attemptsは、WordPressのログイン画面に対するログイン試行回数を制限できるプラグインです。ログイン認証に複数回失敗すると、ログイン画面を一定時間ロックし、管理画面への不正ログインを防ぐ効果があります。ログイン試行回数やログイン画面のロック時間は、プラグインの管理画面で自由に設定できます。

このプラグインを利用すると、パスワード総当り攻撃(ブルートフォースアタック)による不正アクセスを防止できます。プラグインの管理画面でログイン試行回数やログイン画面をロックする時間を設定できます。

プラグインの解説

Limit Login Attempts – ログイン画面に対するログイン試行回数を制限できるWordPressプラグイン

Crazy Bone

Crazy Boneは、WordPress管理画面のログイン履歴を記録して閲覧できるプラグインです。ログインに成功した履歴とログインに失敗した履歴が記録されます。

もし、外部の誰かがあなたのWordPressで運営するWebサイトを乗っ取ろうとしている場合、管理画面のログイン履歴にログインエラーの履歴が残るので、悪意のあるユーザーを発見しやすくなります。

さらに、WordPress管理画面に別の接続元IPアドレスから接続があった場合、ダッシュボードに警告が表示され、自分(管理者)以外のユーザーがログインしたことを知ることができます。

プラグインの解説

Crazy Bone – WordPress管理画面のログイン履歴を記録・閲覧できるプラグイン

セキュリティ対策プラグイン

上記で紹介したプラグインの他にもセキュリティ対策プラグインは沢山あります。下記の記事でもセキュリテイ対策のプラグインを紹介していますので合わせてご覧下さい。

参考記事

WordPressのセキュリティ対策プラグイン

まとめ

Stealth Login Pageは、WordPressのログイン画面に2つ目のログインパスワードを追加できるプラグインです。ログインパスワードを複数にすることでセキュリテイを強化できます。

ログイン画面のパスワードに対するセキュリテイ対策は、二段階認証など、他にも方法は幾つかありますが、このプラグインは単体で動作するので導入が簡単です。他のセキュリテイ対策のプラグインと併用して利用することもできます。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きありがとうございます

ネタワンは皆様の善意に支えられています。
この記事の内容が役に立ったと思ったら、記事をソーシャルメディアで共有してね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSSフィードを購読する

follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ネタワンを購読する

  • Twitter
  • Facebook
  • Google Plus
  • Feedly
  • RSS
  • Push7

初心者向け

WordPress使い方ガイド
WordPress入門

スポンサーリンク

ワードプレステーマTCD

ネタワンでも利用しているTCDのWordPressテーマを紹介します。様々な種類のテーマが販売されています。

MAG(TCD036)

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

ハイクオリティーな人気ブログを構築できるWordPressテーマ


ワードプレステーマTCDの詳細&レビューはこちら