Slideshow Gallery

Slideshow Galleryは、画像のスライドショーを簡単に作成できるプラグインです。無料でコンテンツスライダーを利用できます。

このプラグインは写真またはバナー画像をスライド表示できます。スライドごとにリンクを設定することもできます。また、表示位置の指定はショートコードまたはPHPコードを利用できます。

大きな画像をスライド表示させることでWebサイト訪問者に対し、視覚的にサイトのイチオシ情報をアピールできます。または、写真をスライド表示させてギャラリーのように見せることもできます。シンプルで使いやすいプラグインなので活用しましょう。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. 画像のスライドショーを簡単に作成できる。
  2. 写真をスライド表示させたり、バナー画像をスライド表示できる。スライドにリンクも設定できる。
  3. Webサイト訪問者に対し、視覚的にサイトのイチオシ情報をアピールできる。
  4. スライドの外観や視覚効果は、管理画面でカスタマイズできる。

コンテンツスライダーとは?

コンテンツスライダーとは、Webサイトのトップページ等でよく利用される、大きなバナー画像をスライド表示させ、訪問者に見てもらいたいページや情報をアピールする際に用いられるものです。カルーセル、スライダーとも呼ばれます。

動作見本

実際に動作するデモが公開されています。こんな感じで利用できます。参考にして下さい。

デモサイト

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Tribulant Slideshow Gallery」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの設定

管理画面の場所

このプラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > Slideshow

Slideshow

Manage Galleries(ギャラリー管理)

まず最初に、ギャラリーを作成します。登録する情報はギャラリーの名前を登録するだけです。登録したギャラリーはショートコードまたはPHPコードで呼び出すことができます。

ギャラリー登録

ギャラリー登録

登録したギャラリー一覧

登録したギャラリー一覧

Manage Slides(スライド管理)

次に、スライドを登録します。スライドごとに1枚の画像を登録し、画像のタイトル・説明文・対象ギャラリー・リンクなどを設定します。ちなみに、スライドにはリンクを設定することもできます。

スライド登録

スライド登録

登録したスライド一覧

登録したスライド一覧

Configuration Settings(外観設定)

スライドショーの外観や視覚効果を細かく設定できます。基本的に初期設定のままでも利用できますが、「サムネイル表示の有無」や「スライドショーの高さ」の設定項目は必要に応じて調整した方が良いです。

外観設定

Configuration Settings(外観設定)

まとめ

Slideshow Galleryは、画像のスライドショーを簡単に作成できるプラグインです。無料でコンテンツスライダーを利用できます。

このプラグインは写真またはバナー画像をスライド表示できます。スライドごとにリンクを設定することもできます。また、表示位置の指定はショートコードまたはPHPコードを利用できます。

シンプルで使いやすいプラグインなので活用しましょう。

スポンサーリンク