Plugins Garbage Collector

Plugins Garbage Collectorは、WordPressのデータベースをスキャンして、プラグインが以前使用していた古いデータを削除できるプラグインです。不要なテーブルのゴミ収集ができます。

WordPressのデータベースの中には、以前使っていたプラグインのデータが残っています。このプラグインを利用すると、以前使っていたプラグインのデータを手動で削除できます。定期的に不要なデータは削除して、データベースを軽量化するようにしましょう。

このプラグインは使い方を誤ると他のプラグインのデータを削除してしまう可能性があります。テーブルを削除する際は、テーブルの名前をよく確認の上、削除するようにして下さい。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. WordPressのデータベースをスキャンして、不要なテーブルを簡単に削除できる。
  2. スキャンを実行するとデータベースの中の不要なテーブルの候補が表示され、対象のテーブルを選択して削除できる。
  3. スキャンして表示されるデータベースのテーブル一覧は、使用中のプラグイン(緑色)と不明なテータ(赤色)が色分けして表示されます。使用中のプラグイン(緑色)は、削除できないようになっています。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Plugins Garbage Collector」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

使用上の注意点

このプラグインは、使い方を誤ると他のプラグインのデータを削除してしまう可能性があります。テーブルを削除する際は、テーブルの名前をよく確認の上、削除するようにして下さい。

緑色の文字で表示されるテーブルは、現在使用中のプラグインのデータです。

プラグインの使い方

管理画面の場所

このプラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > ツール > Plugins Garbage Collector

Plugins Garbage Collector

このプラグインに設定項目はありません。データベースをスキャンして、削除対象のテーブルを選択して削除します。

スキャン実行

右側のボタンをクリックすと、スキャンを実行します。

スキャン実行

対象を選択してテーブルを削除する

スキャンを実行すると、プラグイン関連のテーブルが一覧表示されます。削除対象を選択して、画面の下にある「Delete Tables」をクリックしてテーブルを削除します。プラグインの名前とテーブルの名前に関連性がある場合が多いです。テーブルの名前をよく確認した上で削除して下さい。

ちなみに、緑色の文字で表示されるテーブルは、現在使用中のプラグインのデータです。

削除対象を選択してテーブルを削除する

まとめ

Plugins Garbage Collectorは、WordPressのデータベースをスキャンして、プラグインが以前使用していた古いデータを削除できるプラグインです。

WordPressのデータベースの中には、以前使っていたプラグインのデータが残っています。このプラグインを利用すると、以前使っていたプラグインのデータを手動で削除できます。定期的に不要なデータは削除して、データベースを軽量化するようにしましょう。

スポンサーリンク