Page Builderは、投稿と固定ページの記事のレイアウトを自由に編集できるプラグインです。HTMLの編集は不要です。

このプラグインを利用すると、記事の中身のレイアウトを2分割または3分割で表示することができます。それに加え、記事の中でウィジェットを利用できます。記事レイアウトの自由度が向上するので便利です。

このプラグインは固定ページを利用してランディングページやキャンペーンページなどを作成する際に利用すると役に立ちます。

念の為説明しておきますが、全ての記事では利用しない方がよいです。レイアウトの設定や記事本文のソースをウィジェットで指定するので、あまり使いすぎると、逆に記事を書く作業効率が落ちる恐れがあります。記事ごとに使い分けて活用しましょう。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. 記事の中身のレイアウトを自由に設定できる。HTMLの編集は不要。
  2. 記事のレイアウトを2分割または3分割で表示にすることができる。
  3. 記事の中でウィジェットを利用できる。
  4. 投稿と固定ページの両方に対応している。

記事のレイアウト作成例

プラグインをインストールして有効にすると、記事編集画面に「Page Builder」のタブが追加されます。このタブをクリックしてレイアウトの設定を行います。画面の横幅比率は、ブラウザ上で横にドラッグさせれば調整できます。

記事の内容は、テキストウィジェットなどを利用して指定します。

Page Builder 記事のレイアウト作成例

動画でのプラグイン説明

このプラグインの利用イメージは、下記の公式動画(英語)を見ると大体把握できます。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Page Builder」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの設定

管理画面の場所

このプラグインの管理画面は、下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > 設定 > Page Builder

管理画面の設定

管理画面ではPage Builderの機能を有効にする記事の種類を指定できます。デフォルトでは全ての項目にチェックが入っていますが、利用しない場合はチェックを外しましょう。

Page Builder 管理画面の設定

利用上の注意点

  1. Page Builderを利用すると、以前登録していた記事本文のデータがPage Builderのデータに差し替えられます。ビジュアルエディタやテキストエディタを利用して書いていた記事のデータが消えてしまわないように、別途、別の場所にコピペして一時的に避難させておきましょう。もし、古い記事データが消えてしまった場合は、古いリビジョンのデータから復帰させましょう。
  2. このプラグインは記事本文のデータを自動的に差し替えます。記事本文に他のプラグインを利用して何かを挿入している場合、エラーが発生する場合があります。他のプラグインの処理と競合しないかを確認の上、プラグインを利用して下さい。

まとめ

Page Builderは、投稿と固定ページの記事の中身のレイアウトを自由に設定できるプラグインです。記事レイアウトの自由度が向上するので便利です。

このプラグインは、固定ページを利用してランディングページやキャンペーンページなどを作成する際に利用すると役立ちます。

スポンサーリンク