Google AdSense

Google AdSenseは、グーグル・アドセンス公式のプラグインです。AdSense広告の掲載位置をHTML編集なしで設定できます。以前は「Google Publisher Plugin」という名称でした。

広告管理機能に加え、WordPress管理画面にAdSenseとウェブマスターツールのリンクを追加し、1クリックでAdSenseとウェブマスターツールにアクセスできるようになります。

AdSenseとウェブマスターツールを頻繁に閲覧する方は、このプラグインを利用すると、WordPress管理画面から1クリックでアクセスできるので、サイト管理の効率が上がります。

もし、あなたのWebサイトにAdSense広告をまだ掲載していなければ、このプラグインを活用し、AdSense広告を掲載してみましょう。

はじめに

このプラグインで出来ること

Google AdSense AdSense広告の表示位置と広告の種類をテンプレート編集なしで設定できる。
Googleウェブマスターツール ウェブマスターツールに登録したサイトを1クリックで確認できる。

注意点

既に他のプラグイン又は手動でAdSense広告を設定済みの方は、このプラグインを利用する必要は全くありません。

プラグインの利用イメージ

広告掲載位置の指定

赤色のアイコンをクリックすると、広告掲載位置の指定ができます。テンプレートは編集不要です。広告の掲載位置は、テンプレートを解析して自動検出されます。

広告掲載位置の指定

広告の設定

ページごとに掲載する広告を設定できます。

広告の設定

広告のプレビュー

実際に表示される広告の見本をプレビューで確認できます。

広告のプレビュー

WordPress管理画面から1クリックでアクセスできる

WordPress管理画面から1クリックでAdSenseとウェブマスターツールにアクセスできるようになります。

Google Publisher Plugin

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Google AdSense」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの設定

管理画面の場所

このプラグインの管理画面は、下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > 設定 > Google Publisher Plugin

Googleアカウントへのログイン

このプラグインを利用するには、AdSenseとウェブマスターツールと紐付いているGoogleアカウントにログインして認証する必要があります。クリックすると、Googleの認証画面が表示されます。

Googleアカウントへのログイン

プラグインの管理画面

AdSenseの「広告の管理」をクリックすると、サイトの分析が始まります。広告を掲載できる場所が自動的に検出されます。広告を掲載したい場所のアイコンをクリックして表示位置を指定します。広告の掲載位置は、ページごとに設定可能です。

Google Publisher Plugin

まとめ

Google AdSenseは、グーグル・アドセンス公式のプラグインです。AdSense広告の掲載位置をHTML編集なしで設定できます。以前は「Google Publisher Plugin」という名称でした。

広告管理機能に加え、WordPress管理画面にAdSenseとウェブマスターツールのリンクを追加し、1クリックでAdSenseとウェブマスターツールにアクセスできるようになります。

このプラグインを利用すれば、テンプレートを直接編集することなく広告の掲載位置を設定できます。もし、あなたのWebサイトにAdSense広告をまだ掲載していなければ、このプラグインを活用し、AdSense広告を掲載してみましょう。

尚、既に他のプラグイン又は手動でAdSense広告を設定済みの方は、このプラグインを利用する必要は全くありません。

スポンサーリンク