ワードプレスやブログ運営に役立つ情報をまとめています。WordPressプラグイン、WordPressテーマ(テンプレート)の情報をわかりやすく紹介します。

Google Analytics by MonsterInsights - アクセス解析コードを簡単に挿入できるWordPressプラグイン

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google Analytics by MonsterInsights

記事公開 2017.01.06

Google Analytics by MonsterInsightsは、アクセス解析のGoogle AnalyticsのトラッキングコードをWordPressのWebサイトに簡単に挿入できるWPプラグインです。WPテーマのテンプレートを直接編集することなくアクセス解析のトラッキングコードをHTMLのヘッド要素に挿入できます。

このWPプラグインの初期設定は簡単です。Googleアカウントとの連携またはUAコードを手動入力して設定を行います。その機能に加え、WordPressの管理者ユーザーでログインしている場合にトラッキングコードを出力しないようにできます。そうすることで、WordPressの管理者ユーザーのアクセス数を除外することで、アクセス解析の精度が上がります。

WPテーマのテンプレートを直接編集したくない場合や、アクセス解析の精度を上げたい場合は、このWPプラグインを活用しましょう。

ちなみに、このWPプラグインは名称が変更になっています。以前の名称は「Google Analytics for WordPress」でした。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. アクセス解析のGoogle AnalyticsのトラッキングコードをWordPressを利用したWebサイトのHTMLのヘッド要素に簡単に挿入できる。
  2. WPテーマのテンプレートを直接編集する必要なし。Googleアカウントとの連携またはUAコードを手動入力して初期設定を行います。
  3. WordPressの管理者ユーザーでログインしている状態で、管理者ユーザーが自分のWebサイトにアクセスした場合、トラッキングコードを出力しないようにできる。管理者のアクセス数を除外できるので、より正確なアクセス解析ができる。
  4. Google Analyticsの様々な拡張オプションに対応している。
  5. 簡易的なアクセス解析レポートの表示機能もある。
  6. 機能を更に拡張した有料版のWPプラグインあり。
  7. WPプラグインの管理画面は日本語化されている。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Google Analytics by MonsterInsights」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

管理画面の設定

WPプラグインの管理画面は日本語化されています。
画面に表示される「?」マークをクリックすると補足説明が表示されます。

管理画面の場所

WPプラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > インサイト

インサイト

初期設定

Google Analytics

このWPプラグインを利用するには「Google Analytics」のアカウントが必要です。もし、まだ利用したことがない場合は、アカウントを開設してください。

一般設定

まずはじめに、GoogleアカウントまたはUAコードを手動入力して、Google Analyticsのアカウントを指定します。

「ユーザーを無視」の部分は、アクセス解析のトラッキングコードの出力を無効化する機能です。指定した管理者ユーザーがログイン状態でWebサイトにアクセスしてもトラッキングコードが出力されないので、アクセス解析の集計にデータが反映されなくなります。

その他の設定は、Google Analyticsの設定と合わせて、必要に応じて調整してください。初期設定のままでも運用可能です。

一般設定

許可のリクエスト

許可のリクエストの画面が表示されます。WPプラグインがデータを取得するのを許可してください。

許可のリクエスト

表示されるコードをコピー&ペーストする

表示される認証コードをコピーします。

表示されるコードをコピー&ペーストする

そして、コピーした認証コードをペースト(貼り付け)して設定を保存します。

表示されるコードをコピー&ペーストする

アカウントの指定

プルダウンからGoogle Analyticsのアカウントを指定して保存します。これでGoogle Analyticsのアカウントと紐付けされました。Google AnalyticsのトラッキングコードがHTMLのヘッド要素に出力されるようになります。

アカウントの指定

ダッシュボード

WPプラグインの機能で、Google Analyticsの簡易レポートを表示する機能があります。この機能は不要であれば、設定で無効化することもできます。

概要

ダッシュボード

レポート

ダッシュボード

表示できるレポート

  1. トラフィック元
  2. 人気の記事

まとめ

Google Analytics by MonsterInsightsは、アクセス解析のGoogle AnalyticsのトラッキングコードをWordPressのWebサイトに簡単に挿入できるWPプラグインです。

このWPプラグインは、WPテーマのテンプレートを直接編集することなくアクセス解析のトラッキングコードをHTMLのヘッド要素に挿入できるので非常に便利です。その機能に加え、WordPressの管理者ユーザーでログインしている場合にトラッキングコードを出力しないようにできます。アクセス解析の精度を上げたい方は、このWPプラグインを活用しましょう。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きありがとうございます

ネタワンは皆様の善意に支えられています。
この記事の内容が役に立ったと思ったら、記事をソーシャルメディアで共有してね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSSフィードを購読する

follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ネタワンを購読する

  • Twitter
  • Facebook
  • Google Plus
  • Feedly
  • RSS
  • Push7

初心者向け

WordPress使い方ガイド
WordPress入門

スポンサーリンク

ワードプレステーマTCD

ネタワンでも利用しているTCDのWordPressテーマを紹介します。様々な種類のテーマが販売されています。

MAG(TCD036)

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

ハイクオリティーな人気ブログを構築できるWordPressテーマ


ワードプレステーマTCDの詳細&レビューはこちら