Goolge AdSense導入ガイド

Google AdSense(グーグル・アドセンス)を初めて申し込む際の注意点や運用に役に立つツールを紹介します。Google AdSenseを初めて利用する方は参考にしてください。

Google AdSenseは、Googleが運営するコンテンツマッチ型のクリック報酬型広告(PPC広告)です。

この広告配信サービスを上手く活用すると、あなたが運営するWebサイトやブログから収益を発生させることができます。収益性が非常に高い広告配信サービスなので活用しましょう。

はじめに

Google AdSenseとは?

Google AdSense

Google AdSense(グーグル・アドセンス)は、Googleが運営するコンテンツマッチ型のクリック報酬型広告(PPC広告)です。

自分が運営するWebサイトやブログに広告を掲載すると、サイト閲覧者の「Google内での検索履歴」や「サイト内の文章」に合わせて広告が自動的に配信される仕組みになっています。サイト運営者は一度広告を設定してしまえば、広告管理の手間が増えることはありません。

サイト運営者はコンテンツ作成に専念でき、サイトの閲覧者や閲覧数が増えれば、広告の収益も比例して増えていきます。収益性が非常に高い広告配信サービスです。

主な特徴

  1. Google AdSenseは、コンテンツマッチ型のクリック報酬型広告です。(PPC広告)
  2. PC・スマートフォン向けの広告を利用できる。
  3. 広告配信のパフォーマンスレポートを見ることができる。
  4. 「AdSenseプログラムポリシー」を守って運用すれば、広告の収益性が最も高くなる。ただし、他の広告配信サービスと比べて広告の運用ルールが最も厳しい。
  5. Webサイトやブログのアクセス数が増えると、それに比例して収益が増える傾向がある。

申し込みの前に

手続きの流れ

  1. Googleアカウントでログインまたは新規登録を行う。
  2. 必要事項を入力して、Google AdSenseの申し込みを行う。
  3. Googleの担当者があなたのWebサイトおよび申込情報を審査する。
  4. 数日後、審査結果の連絡がメールで来る。
  5. 審査に通れば、Google AdSenseの利用開始。
  6. 広告の設定を行い、あなたのWebサイトやブログに広告を掲載する。
  7. あなたのWebサイトやブログから収益が発生する。
  8. 収益が基準額に達すると、登録した情報が正しいことを確認するために、登録した住所に個人識別番号(PIN)が「はがき」で郵送されます。この個人識別番号(PIN)をAdSenseの管理画面に入力する必要があります。その確認作業が完了すると、収益を受け取ることができるようになります。
  9. 承認された収益は「銀行振込」または「小切手」で受け取ることができます。

申し込みに必要なもの

Google AdSenseの申し込み自体は非常に簡単です。ただ、審査があるので、申し込みは慎重に行う必要があります。

Google AdSenseを始めるには、下記の3つが必要になります。

Webサイトやブログなど、自作のコンテンツは必ず用意する必要があります。
そして、「AdSense プログラム ポリシー」の内容をよく確認した上で、自作のコンテンツがプログラムポリシー及びガイドラインに違反する可能性がないかを確認しておきましょう。

必要なもの
  1. Googleアカウント
  2. 自作のコンテンツ(Webサイトまたはブログ)
  3. 個人の情報(氏名、住所、郵便番号、電話番号、メールアドレス、銀行口座)

事前にご確認ください

Google AdSenseに申し込む前に「AdSense プログラム ポリシー」の内容を必ずご確認ください。

AdSense プログラム ポリシー

注意すべきこと

Google AdSenseに申し込む際は、下記のことに注意する必要があります。

特に「作りかけのWebサイト」や「記事数が少ないブログ」は、審査に落ちる可能性が高いです。Webサイトやブログを開設して直ぐに申し込むのではなく、コンテンツを充実させた上で申し込むようにしてください。

独自のコンテンツ 利用者の興味を引く独自のコンテンツを用意する必要があります。
当たり前のことですが、「他のサイトから記事を引用しただけのサイト」や「独自性のないコンテンツが主体のサイト」は、審査に落ちる可能性が高いです。
作りかけのWebサイト 作りかけやコンテンツが充実していないWebサイトは審査に通りません。
また、パスワード認証があるサイト、リンク切れが多いサイトは同様に審査に通りません。
サイト構築の作業を全て完了させた上で申し込みましょう。
記事数が少ないブログ ブログを始めて日数が経過しておらず、ブログの記事数がまだ少ない場合は、審査に通りにくい傾向があります。
ブログの記事数と運用日数が増えてから申し込みましょう。
操作性が悪いサイト サイトの操作性が極端に悪い(使いにくい)場合は、審査に通りにくい傾向があります。
利用者の視点で使いやすいサイトを目指してサイトを制作しましょう。
サイトの所有権 申し込み時に記入するURLは、自分が所有するサイトである必要があります。
HTMLの編集権限のない他者が所有するサイトは利用できません。
申込者の銀行口座 申し込み時に記入する氏名は、銀行口座に登録している氏名と一致している必要があります。
収益の振込先の銀行口座は、本人名義の銀行口座を用意してください。

Google AdSenseの申し込み

Google AdSenseを利用するには、Googleのアカウントを用意する必要があります。初めての場合は、Googleのアカウントを新規登録してください。

もし、「Google Analytics」または「Google Search Console」を運用しているアカウントがあれば、そのGoogleアカウントを利用してください。

公式サイト

Google AdSense

ログインまたはアカウント作成

あなたのGoogleアカウントを利用して、ログインまたはアカウントを新規作成してください。

ログインまたはアカウント作成

必要事項の入力

必要事項を入力して、利用規約に同意します。

「お客様のウェブサイト」は、あなたが所有するWebサイトのURLを入力します。

ここで入力した情報に対して、Googleの担当者が審査を行います。登録する情報は正確な情報を入力してください。

必要事項の入力

申し込み完了

これでGoogle AdSenseの申し込みが完了しました。
Googleの担当者があなたが所有するWebサイトやブログの審査を行います。
審査には数日かかります。審査結果のメールが来るまで数日待ちましょう。

公式のヘルプ

もし、申し込みが不承認となった場合は、公式のヘルプをご覧ください。

運用時の注意点

参考までに、ネタワン編集部でGoogle AdSenseを運用してみて、実際に感じたことや運用時の注意点をまとめてみました。

結論としては、Google AdSenseは「AdSenseプログラムポリシー」のルールを守って運用すれば、収益性が最も高くなります。広告の収益性が高いので、一番お勧めの広告配信サービスです。

個人的感想

  1. 入会審査はそれほど厳しくありません。ただ、広告の収益が最低支払金額を超えると、支払いを承認するためにWebサイトやブログに対して違反内容がないかどうかの人為的な確認作業が入ります。そこで違反が指摘されることが多々あるようです。AdSenseの管理画面に表示される見積もり金額は、あくまでも暫定的なものであり、何か違反があると容赦なく支払いが停止される場合があります。
  2. AdSenseの運用には注意が必要です。AdSenseは不正利用の監視が非常に厳しく、「AdSenseプログラムポリシー」に違反する行為を行うと、警告無しにアカウントが停止又は剥奪されます。一度アカウントを停止されると、二度とアカウントを再開できなくなる可能性があるのでご注意下さい。
  3. 何らかの問題で広告停止になると、「AdSenseプログラムポリシー」に完全に準拠するまで広告表示が再開されません。その間、収益の支払いも停止されます。例え、広告停止されたとしても、広告停止となった直接の原因を全て改善すれば、広告は再開されます。しかし、これが一番厄介であり、一番時間がかかります。逆に言うと、全て改善し、再発防止策をとらないと広告がいつまでも再開されません。

絶対にやってはいけないこと

  1. 自分で広告をクリックしてはいけない。(GoogleアカウントとAdSenseのアカウントが紐付いており、誰がどのサイトでいつクリックしたかが細かく集計されており、不正クリックは直ぐにバレる。広告の不正クリックは容赦なくアカウント停止になる。)
  2. Webサイトやブログの利用者に対して、広告のクリックを促すような文章を書いてはいけない。
  3. Webサイトやブログのコンテンツ(文章や画像など)と広告の間には、スペースを十分に空け、必ず分離する。(ユーザーの偶発的な広告クリックを防ぐため)
  4. HTMLやCSSの記述ミスによるレイアウトの著しい崩れをしない。(ユーザーの偶発的な広告クリックを防ぐため。)
  5. 成人向けの性的表現を含んだコンテンツや暴力的なコンテンツは、絶対にブログに掲載してはいけない。
  6. 流血や事故などの、衝撃画像や衝撃映像的なコンテンツは、絶対にブログに掲載してはいけない。
  7. 違法な情報や犯罪を助長するような記事を書いてはいけない。
  8. 他者の著作物を侵害するような記事を書いてはいけない。

詳しくは、「AdSenseプログラムポリシー」をの内容を熟読しておくことを強くお勧めします。

運用に役立つツール

参考までに、Google AdSenseを運用する上で役に立つWPプラグインとChromeアドオンを紹介します。
下記のWPプラグインとChromeアドオンを活用すると、効率的にGoogle AdSenseを運用できます。

AdSense Plugin WP QUADS(WPプラグイン)

AdSense Plugin WP QUADS

AdSense Plugin WP QUADSは、アフィリエイトの広告コードをWebサイトの様々な場所に自動挿入できるWordPressプラグインです。アフィリエイトの広告コードを一元管理できます。

このWPプラグインを利用すると、WPテーマのテンプレートを直接編集することなく、AdSenseなどの広告コードをWebサイトの様々な場所に自動挿入できます。例えば、記事の中に広告を自動挿入したり、サイドバーに広告を表示できます。

このWPプラグインは既に開発停止になった「Quick AdSense」の機能を引き継いでいます。「Quick AdSense」を利用した経験がある方は、プラグインの使い方が同じなのでスムーズに導入できます。

プラグインの解説

AdSense Plugin WP QUADS

Google Publisher Toolbar(Chromeアドオン)

Google Publisher Toolbar

Google AdSenseの「広告に関する情報の確認、アカウントの監視、不適切な広告のブロック」をGoogle ChromeのWebブラウザ上で直接行うことができます。

その機能に加え、「広告オーバーレイ」機能が役に立ちます。自分が運営するWebサイト上で広告を間違ってクリックしてしまうことを防ぐことができます。

アドオンの詳細

Google Publisher Toolbar

まとめ

Google AdSenseは、Googleが運営するコンテンツマッチ型のクリック報酬型広告(PPC広告)です。

この広告配信サービスを上手く活用すると、あなたが運営するWebサイトやブログから収益を発生させることができます。Google AdSenseはルールを守って運用すれば、収益性が最も高くなります。収益性が非常に高い広告配信サービスです。

Webサイトやブログを運営している方は、Google AdSenseを活用しましょう。

つづく

Google AdSenseの広告をWordPressに掲載する方法に関しては、次回の記事で詳しく解説する予定です。

スポンサーリンク