Exec-PHPは、記事本文とテキストウィジェットでPHPを利用できるプラグインです。

通常の場合は、記事本文やテキストウィジェットでは、静的なHTMLコードしか利用できません。しかし、このプラグインを利用すると、記事本文やテキストウィジェットで動的なPHPコードを利用できるようになります。Webサイトの表現の幅が広がるので、PHPが分かる方は活用しましょう。

尚、このプラグインはPHPが分かる人向けのプラグインです。PHPが分からない人は利用しないで下さい。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. 投稿と固定ページの記事本文と抜粋でPHPコードを利用できる。
  2. テキストウィジェットでPHPコードを利用できる。
  3. 難しい設定は不要。プラグインをインストールして有効にするだけで利用できる。

使用上の注意点

このプラグインは、マルチサイト環境や複数ユーザーで管理している環境では利用しないで下さい。プラグインをインストールすると、全ての管理者ユーザーがPHPを実行できてしまいます。使い方を誤ると、このプラグインの存在自体がセキュリティホールになる可能性があります。

ウィジェットでのPHP使用例

ウィジェットにPHPコードを記述する例

サイドバーでの表示例

PHPコードの実行結果が出力されます。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Exec-PHP」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

管理画面の設定

Exec-PHPの管理画面は、初期設定のままでも利用できます。設定項目は、「テキストウィジェットでPHPを実行可能にする」の1つのみです。最初からチェックが入っているので、特に変更する必要はありません。

プロフィールの設定

このプラグインをインストールすると、記事編集画面にビジュアルエディタに切り替えないように警告する文章が表示されるようになります。その警告文を非表示にしたい場合は、プロフィール設定の一番下の方にある設定項目にチェックを入れて保存すれば非表示になります。

まとめ

Exec-PHPを利用すると、記事本文やテキストウィジェットでPHPが利用できるようになります。それにより、記事本文・サイドバー・フッター等でPHPで動的コンテンツを表示させることができるようになります。

例えば、外部ファイルの読み込みやランダム表示など、様々な活用方法があります。Webサイトの表現の幅が広がるので、PHPが分かる方は活用しましょう。

スポンサーリンク