Edit Flow

Edit Flowは、WordPressの記事作成のワークフローを管理できるプラグインです。記事を書く作業を複数人数で行う場合の作業の流れを自由にカスタマイズできます。

このプラグインは複数人数で共同作業を行う場合に利用します。記事を書く作業のステータスやユーザーの役割などを再定義し、記事を書く共同作業を効率化できます。WordPressのダッシュボードや記事編集画面に共同作業を行う上で役立つ機能が追加されます。

プラグインの管理画面は日本語化されています。管理画面の説明を読めば使い方が大体わかります。WordPressを複数人数で運用している場合に非常に役立つプラグインなので活用しましょう。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. WordPressの記事作成のワークフローを管理&カスタマイズできる。
  2. WordPressのダッシュボードや記事編集画面に共同作業を行う上で役立つ機能が追加される。
  3. WordPressを複数人数で運用している場合の共同作業を効率化できる。
  4. プラグインの管理画面が日本語化されていてわかりやすい。

ワークフロー関連の機能

カレンダー 公開予定の記事をカレンダー形式で表示できる。
カスタムステータス ワークフローの段階を定義するカスタム投稿ステータスを作成できる。
ダッシュボードウィジェット ダッシュボードで記事の状況を把握できる。
編集用コメント 関係者向けのメモを共有できる。
編集用メタデータ 作業中の記事のメタデータを編集できる。
通知 記事のステータス変更などをチームに通知できる。
ストーリー割り当て 記事のステータスを一覧表示できる。
ユーザーグループ 作業に参加しているユーザーを組織構造に基いてグループ化できる。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Edit Flow」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの画面見本

ダッシュボード

ダッシュボードで記事作成中の状況を確認できます。ダッシュボード上でのメモ帳機能もあります。

ダッシュボード

カレンダー

現在進行中の記事一覧をカレンダー形式で確認できます。記事作成の「締切日」がカレンダー形式で表示されます。「締切日」はドラック&ドロップで日付を変更することもできます。

カレンダー

記事編集画面

投稿と固定ページの記事編集画面にワークフローを管理する設定項目が追加されます。編集用メタデータと投稿ステータスは管理画面で自由に編集可能です。

連絡事項などを編集用コメントに残すこともできます。また、記事のステータスを変更すると、作業の進行状況を指定したユーザーまたはグループにメールで通知することができます。

記事編集画面

プラグインの設定

プラグインの管理画面は日本語化されています。管理画面内の説明文を読めば、使い方がある程度わかります。触って慣れましょう。

管理画面の場所

このプラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > Edit Flow

Edit Flow

Edit Flow

Edit Flowの画面では、各機能の無効化・有効化ができます。

初期状態では、全ての機能が有効化されています。もし、不要な機能があれば無効化することもできます。

Edit Flow

カレンダー

カスタムカレンダーの設定画面です。表示する投稿タイプなどを指定できます。

カレンダー

カスタムステータス

ワークフローの段階を定義する設定画面です。投稿ステータスは自由にカスタマイズ可能です。初期設定では5つのステータスが用意されています。

  1. 提案
  2. 担当者決定
  3. 進行中
  4. 下書き
  5. レビュー待ち

カスタムステータス

ダッシュボードウィジェット

ダッシュボードに表示するウィジェットの設定画面です。

ダッシュボードウィジェット

編集用コメント

作業関係者のみが閲覧できる編集用コメントの設定画面です。

編集用コメント

編集用メタデータ

編集用メタデータを自由にカスタマイズ可能です。記事編集画面に表示するメタデータを追加する場合に利用します。初期設定では4つのメタデータが用意されています。

  1. 下書き締切日
  2. 投稿内容
  3. 要写真(チェックボックス)
  4. 文字数

編集用メタデータ

通知

メール通知機能の設定画面です。ステータスが変更されたり、コメントが追加されたらメールで通知されます。

通知

ユーザーグループ

作業を行う担当者や役割を自由にカスタマイズできます。チームの内容に合わせて調整しましょう。初期設定では4つのユーザーグループが用意されています。

  1. コピー・エディター(執筆担当)
  2. セクション編集者
  3. レポーター
  4. 写真担当

ユーザーグループ

まとめ

Edit Flowは、WordPressの記事作成のワークフローを管理できるプラグインです。記事を書く作業を複数人数で行う場合の作業の流れを自由にカスタマイズできます。

プラグインの管理画面は日本語化されています。管理画面の説明を読めば使い方が大体わかります。WordPressを複数人数で運用している場合に非常に役立つプラグインなので活用しましょう。

スポンサーリンク