WordPress データベース最適化の実践例

初心者でも簡単にできる「WordPressのデータベース最適化&不要データ削除」を定期的に自動実行する実践例を紹介します。

WordPressのデータベースをメンテナンスする方法は、様々な方法が存在しますが、この記事で紹介する方法が一番簡単に運用できます。記事に書いてある手順で進めれば、初心者でも簡単にWordPressのデータベースを管理・運用できます。

概要を説明すると、WPプラグインの「WP-Optimize」を利用してWordPressのデータベースを管理します。このWPプラグインはデータベースのメンテナンスを効率化できる便利なWPプラグインです。WordPressのデータベースの「最適化、不要データ削除、最適化処理の自動化」などが簡単にできます。

ちなみに、レンタルサーバーは「エックスサーバー」や「wpXレンタルサーバー」での利用を想定して記事を書いていますが、同じような共用レンタルサーバーであれば、他のレンタルサーバーを利用しても問題ありません。

はじめに

データベースは定期的なメンテナンスが必要

注意

WordPressを運用していると、記事やWPプラグインが利用しているデータが少しずつ増え、データベースの容量が増加していきます。それに加え、データベースの中にある利用していない余分なデータや未使用領域も同時に増えてきます。

それらの利用されていない不要なデータがあまりにも増え過ぎると、データベースの容量が肥大化してしまい、それが原因でWordPressの表示が遅くなることがあります。

WordPressを運用する場合は、データベースの最適化と不要なデータの削除などのメンテナンスを定期的に行う必要があります。

定期的なメンテナンスが必要な部分
古いデータを削除すると
DBを軽量化できる
  • 記事のリビジョンのデータ(投稿リビジョン)
  • 記事の自動下書き・ゴミ箱のデータ
不要なデータは削除する
  • スパム判定されたコメントのデータ
  • ゴミ箱に入れられたコメントのデータ
必要に応じて削除すると
DBを軽量化できる
  • 使用期限が過ぎた一時的なデータ
  • 使用されていない孤立したデータ
定期的に最適化する
  • データベース内に発生する未使用領域(ゴミ)

WPプラグインを利用してデータベース最適化

WP-Optimize

WP-Optimize

WP-Optimizeは、WordPressのデータベースの自動クリーンアップと最適化ができるWPプラグインです。

このWPプラグインを利用すると、データベース管理ツール(phpMyAdminなど)を利用することなく、データベースの中の不要なデータを削除したり、データベースを最適化してデータベースの容量を軽量化することができます。

その機能に加え、データベースの不要なデータ削除および最適化処理を定期的に自動実行する機能もあります。

このプラグインが優れていること
  1. データベースの最適化の処理を1クリックで実行できる。
  2. データベース内にある不要なデータを一括して削除できる。
  3. 不要なデータの削除対象から直近2週間のデータを除外して保持できる。
  4. データベースの最適化の処理を定期的に自動実行できる。
  5. データベース内にあるテーブルの容量や最適化が必要なテーブルを確認できる。
不要なデータを削除できる部分
  1. 記事の古いリビジョンのデータ
  2. 記事の自動下書き・ゴミ箱に入れたデータ
  3. スパム判定・未承認のコメントのデータ
  4. ピンバックのデータ
  5. トラックバックのデータ
  6. オプションの一時的データ
  7. 記事関連の孤立したデータ
  8. 孤立したデータ
インストール方法

WP管理画面から検索してインストールして下さい。
もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「WP-Optimize」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

WPプラグインの設定

「WP-Optimize」を利用すると、WordPressのデータベースの自動クリーンアップ(不要データ削除)および最適化の機能を利用できます。

初心者でも簡単にデータベースのメンテナンスができます。

使用上の注意点

データベースの最適化とクリーンアップ(不要データ削除)の実行は慎重に行う必要があります。一度実行するとデータを元に戻せないので慎重に作業を行いください。

初めてこのWPプラグインを利用する場合は、事前にデータベースのバックアップを取ることをお勧めします。

最適化

選択した対象の最適化および不要なデータの削除の処理を一括して実行できます。個別に実行することもできます。

ちなみに、赤色で表示されている部分は無理にクリーンアップ(不要データ削除)を実行する必要はありません。必要に応じて削除を実行しましょう。

最適化

用語解説

初めての方向けに用語解説を下記にまとめています。
もし、用語がよく分からない場合は、参考にしてください。

データベース WordPressは「MySQL」と呼ばれる形式のデータベースを利用しています。データベースは大量の情報を集めて、情報の蓄積・更新・検索が容易にできるよう整理された情報の集まりのことです。
テーブル データベースの情報を格納する場所や入れ物のことです。
データベースは利便性を考慮して、複数のテーブルを作成して運用します。
投稿リビジョン 記事の変更履歴や古い記事のデータが格納されています。
古いデータは定期的に削除することをお勧めします。
自動下書き 記事編集中に自動保存されたデータまたはゴミ箱に入れられたデータです。
古いデータは定期的に削除することをお勧めします。
スパムコメント スパム判定されたコメントのデータです。
定期的に削除することをお勧めします。
未承認コメント 未承認のコメントのデータです。
期限切れの
transient
オプション
キャッシュするデータなどが一時的に保存されており、既に有効期限が切れている不要なデータです。
古いデータは定期的に削除することをお勧めします。
ピンバック 記事本文に記載したリンクのURLから相手にピンバックを送信・受信した際に利用されるデータです。
トラックバック トラックバック機能を利用して相手にトラックバックを送信・受信した際に利用されるデータです。
コメント
メタデータ
ブログのコメント欄に投稿されたコメントのデータです。
孤立したデータ データベースの中で使用されていない孤立したデータです。

クリーンアップ設定

データベースを定期的にクリーンアップ(不要データ削除)する際に必要になる情報の設定です。データの保持期間や自動クリーンアップの設定を行います。

WordPressのデータベースは定期的に最適化や不要なデータの削除が必要になります。定期的にデータベースのメンテナンスを行うことで、データベースを常に最適な状態で運用することができます。

一般設定

補足説明
一般設定

指定した期間のデータを削除せずに保持することができます。

「直近2週間分のデータを保持する」にチェックを入れて設定を保存すると、指定した期間内のデータを保持して、それより古いデータがクリーンアップの対象となります。

2週間くらいのデータは保持して運用することを推奨します。

自動クリーンアップ設定

クリーンアップの処理を定期的に自動実行する際の設定です。

スケジュールを一度設定すると、指定した間隔で継続して処理が実行されます。データベースの定期的なメンテナンス作業を効率化するのに役に立ちます。

スケジュールタイプは「毎週」くらいの間隔で実行するのを推奨します。

テーブル情報

データベースのテーブルに関する情報や最適化が必要部分を確認できます。この画面でどのくらいの容量を最適化できるかの目安を確認することもできます。

赤文字で表示されている「オーバーヘッド」が最適化が必要な部分になります。

テーブル情報

用語解説
データベース WordPressは「MySQL」と呼ばれる形式のデータベースを利用しています。データベースは大量の情報を集めて、情報の蓄積・更新・検索が容易にできるよう整理された情報の集まりのことです。
テーブル データベースの情報を格納する入れ物のことです。データベースは利便性を考慮して、複数のテーブルを作成して運用します。
オーバーヘッド データベースを追加・削除・更新を実行しているうちに生じる未使用領域(ゴミ)のことです。データベースの最適化の処理を実行すると無くなります。

まとめ

WPプラグインの「WP-Optimize」を利用してWordPressのデータベースを管理・運用する方法を紹介しました。

このWPプラグインを利用すると、WordPressのデータベースの「最適化、不要データ削除、最適化処理の自動化」などが簡単にできます。データベースの管理・運用を効率化できる便利なWPプラグインです。

WordPressのデータベースをメンテナンスする方法は、様々な方法が存在しますが、この記事で紹介する方法が一番簡単に運用できます。記事に書いてある手順で進めれば、初心者でも簡単にWordPressのデータベースを管理・運用できます。

スポンサーリンク