WordPressページ表示の高速化

初心者でも簡単にできる「WordPressのページ表示の高速化」の実践例を紹介します。キャッシュ機能のWPプラグインを利用してページ表示を高速化します。

WordPressのページ表示を高速化する方法は、様々な方法が存在しますが、この記事で紹介する方法が一番簡単です。記事に書いてある手順で進めれば、初心者でも簡単に導入できます。

概要を説明すると、WPプラグインの「WP Fastest Cache」を利用してWordPressのページ表示を高速化します。

ちなみに、レンタルサーバーは「エックスサーバー」での利用を想定して記事を書いていますが、同じような共用レンタルサーバーであれば、他のレンタルサーバーを利用しても問題ありません。

はじめに

キャッシュ機能とは?

キャッシュ機能は、一度生成したファイルや処理を一時的に保存して再利用します。そうすることでWordPressのページ表示を高速化できます。

WordPressは動的にページを生成する仕組みになっており、Webサイトのアクセス数が増えるとサーバーへの負荷が増えてしまい、結果的にページ表示が遅くなります。その問題を解決する方法としてキャッシュ機能のWPプラグインがあります。

もし、あなたが運営するWebサイトに人気が出てアクセス数が増えたら、ページの表示速度が低下する場合があります。ページ表示が遅いと感じたら、キャッシュ機能のWPプラグインを活用しましょう。

利用上の注意点

レンタルサーバーによっては、最初からキャッシュ機能のWPプラグインがインストールされている場合があります。その場合は、その標準のキャッシュ機能を利用してください。

例えば、「wpXレンタルサーバー&クラウド」には最初からキャッシュ機能のWPプラグインがインストールされています。キャッシュ機能のWPプラグインのインストールは不要です。

キャッシュ機能のWPプラグインを二重にインストールしてしまうと、WPプラグインの機能が干渉し合いエラーが発生します。同じような機能が既にインストールされている環境には絶対にインストールしないように注意してください。

ページ表示を高速化するWPプラグイン

WP Fastest Cache

WP Fastest Cache

WP Fastest Cacheは、キャッシュ機能でWordPressのページ表示を高速化できるWPプラグインです。Webサイトの表示速度が劇的に速くなります。

非常に高機能なWPプラグインですが、管理画面はシンプルで使いやすく、初心者から上級者まで利用できます。言語設定を変更すれば、WPプラグインの管理画面を日本語表記に変更できます。

このWPプラグインは有料版も用意されており、アクセス数の多い本格的なWebサイトでの運用も可能です。

このプラグインが優れていること
  1. キャッシュ機能でWordPressのページ表示を高速化できる。
  2. 言語設定を変更すれば、WPプラグインの管理画面を日本語表記に変更できる。
  3. ページ表示を高速化することに役立つ様々な機能が搭載されている。
  4. 更に高機能な有料版のWPプラグインも用意されている。
インストール方法

WP管理画面から検索してインストールして下さい。
もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「WP Fastest Cache」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

WPプラグインの設定

「WP Fastest Cache」を利用するとWordPressにキャッシュ機能を拡張できます。
初心者でも簡単に初期設定および運用ができます

管理画面の場所

WPプラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > WP Fastest Cache

日本語への切り替え

言語設定を変更すれば、WPプラグインの管理画面を日本語表記に変更できます。

日本語への切り替え

プラグインの設定

WPプラグインの管理画面はシンプルな構成になっています。
「設定」の画面で機能を有効化するだけで運用できます。

ちなみに、選択できない部分は有料版で提供されている機能になります。

プラグインの設定

キャッシュの削除

WPプラグインが生成したキャッシュのデータは手動でも削除できます。

WPプラグインの画面

左側のボタンをクリックすると古いキャッシュのデータを手動で削除できます。

WPプラグインの画面

アドミンバー

画面上部にあるアドミンバーを選択すると古いキャッシュのデータを手動で削除できます。

アドミンバー

キャッシュの有効期限

キャッシュの有効期限を設定できます。有効期限は必要に応じて調整してください。
古いキャッシュのデータは定期的に削除することをお勧めします。

キャッシュの有効期限

キャッシュを1日1回削除する設定例

キャッシュを1日1回削除する設定例

除外する

キャッシュの除外設定ができます。初期設定のままでも運用できます。

初期状態からWordPressの管理画面やログインページが除外に指定されています。

除外する

CDN

CDN(コンテンツ・デリバリ・ネットワーク)の機能は、アクセス数が桁違いに多い大規模サイトを運営している方向けに用意されている機能です。

あなたが運営するWebサイトのアクセス数がそれ程多くなければ、CDNの機能を無理に利用する必要はありません。

CDN

ページ表示速度の比較

参考までに、Webサイトの表示速度に関連するスコアを計測できる「GTmetrix」を利用して、「WP Fastest Cache」のWPプラグインを利用する場合と利用しない場合でのスコアを比べてみました。

Webサイトの表示速度は、計測する時間帯やWebサイトの内容によって計測結果が異なってきます。あくまでも参考情報としてお考え下さい。

多少の誤差はありますが、殆どのWebサイトでページの表示速度のパフォーマンスが良くなります。キャッシュ機能のWPプラグインの利用を検討している方は、実際にあなたのサイトでも試してみましょう。

計測条件
計測ツール GTmetrix
レンタルサーバー エックスサーバー X10プラン
キャッシュ機能 WP Fastest Cache(無料版)
備考 広告を非表示にした状態で計測

キャッシュ機能を有効化した状態

キャッシュ機能を有効化した状態

キャッシュ機能を無効化した状態

キャッシュ機能を無効化した状態

まとめ

初心者でも簡単にできる「WordPressのページ表示の高速化」の実践例を紹介しました。

WordPressのページ表示を高速化する方法は、様々な方法が存在しますが、「WP Fastest Cache」を利用する方法が一番簡単です。記事に書いてある手順で進めれば、初心者でも簡単に導入できます。

ちなみに、「WP Fastest Cache」は無料版の機能だけでも十分すぎるほど役に立ちます。画像の最適化や高度な機能は有料版の機能で提供されています。このWPプラグインが気に入った方はチェックしてみましょう。

スポンサーリンク