WordPress リンク切れを見つける

WordPressの記事の中にある「リンク切れ」を自動的に見つける実践例を紹介します。初心者でも簡単に実践できます。

WordPressを利用してブログやWebサイトを運営していると、リンクを張った記事が非公開になったり、URLが変更になる場合があります。そういった「リンク切れ」は、記事の数が増えてくると、なかなか人力だけでは発見しづらい問題があります。

この記事で紹介する「Broken Link Checker」のWPプラグインを利用すると、記事のリンク切れを自動的に確認して、リンク切れを発見したらWordPressのダッシュボードで通知してくれます。WordPressを運用する上で非常に役立つWPプラグインなので活用しましょう。

はじめに

リンク切れとは?

リンク切れは、リンク先のウェブページが削除または変更されたことにより、リンクが切れてアクセスできなくなっている状態を表します。

リンク切れの状態のウェブページにアクセスした場合、HTTPステータスコードが「404 Not Found」などの応答が返されることが多いです。

WordPressを利用してブログやWebサイトを運用する場合は、可能な限りリンク切れが少なくなるように注意しましょう。

リンク切れが多いと悪影響がでる

記事の中にリンク切れが増え過ぎると、様々な悪影響が出る場合があります。
悪影響の例としては、下記のようなことが考えられます。

ブログの読者
  • 記事の中にリンク切れが多いと「記事の中に探している情報が見つからない」「記事に記載された情報が古い」など、ブログの読者が悪い印象をもつ可能性がある。
  • 探している情報が見つからないので、記事を読むことを途中で放棄して、ブログから途中離脱してしまう可能性がある。
  • 探している情報が見つからないので、ブログの読者の満足度が低くなる。
検索エンジン
  • 記事を読む際の「途中離脱」が多くなり、検索エンジンからの評価も悪くなる可能性がある。
  • 記事を読む際の「滞在時間」が短くなり、検索エンジンからの評価も悪くなる可能性がある。
  • 記事の中にリンク切れが多いと、記事のアクセス数やSNSでの共有数が少なくなり、結果的に検索エンジンからの評価も悪くなる傾向がある。

リンク切れを検出できるWPプラグイン

Broken Link Checker

Broken Link Checker

Broken Link Checkerは、WordPressの記事内にある「リンク切れ」を自動的にチェックして、リンク切れを発見したらダッシュボードで通知してくれるWordPressプラグインです。

WPプラグインをインストールして有効化するだけで、後はWPプラグイン側が継続的にリンク切れのチェックを行なってくれます。WPプラグインの設定は初期設定のままでも運用できます。設定は必要に応じて調整してください。

WordPressを利用してブログを運用する際に非常に役立つWPプラグインなので活用しましょう。

このプラグインが優れている点
  1. WordPressの記事の内にあるリンク切れを自動的に確認して、リンク切れを発見したらダッシュボードで通知してくれる。
  2. YouTubeなどの動画共有サイトの動画のリンク切れ(公開停止)も確認できる。
  3. どの記事のどの部分にリンク切れがあるかを具体的に教えてくれる。
  4. リンク切れになったリンクのURLを一括して編集できる。
  5. WPプラグインの管理画面が日本語化されているので分かりやすい。
リンク切れの検出対象
  • 投稿の記事
  • 固定ページの記事
  • カスタム投稿タイプの記事
  • 記事のコメント
  • カスタムフィールド
記事の中にある様々なリンクを確認できる
  • HTMLリンク
  • HTML画像
  • プレーンテキストのURL
  • YouTubeの動画
  • DailyMotionの動画
  • Vimeoの動画
インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Broken Link Checker」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

WPプラグインの設定

「Broken Link Checker」の管理画面は日本語化されています。
画面に記載されている補足説明を読んで設定を調整してください。

一般

初期設定のままでも運用できます。設定は必要に応じて調整してください。

一般

補足説明
ステータス リンク切れチェックの処理状態がわかります。
メールで通知 リンク切れをメールで通知できます。
不要の場合はチェックを外します。
リンクの調整 リンク切れがある部分にCSSを適用できます。
不要の場合はチェックを外します。

含まれるリンクを探す

リンクチェックの対象を指定できます。チェックを入れた対象にリンクエラーのチェックが行われます。

一般的なブログを運用する場合は「投稿、固定ページ、コメント」にチェックを入れて保存してください。

含まれるリンクを探す

チェックするリンクの種類

記事に貼り付けたYouTube動画などのリンク切れ(公開停止)を検出することもできます。
必要に応じて設定を調整してください。

チェックするリンクの種類

プロトコル&API

リンクチェックに利用するAPIを指定できます。初期設定のままでも運用できます。

プロトコル&API

高度な設定

高度な設定は特に変更する必要はありません。初期設定のままでも運用できます。

高度な設定

リンクエラー

ダッシュボードでの通知

記事やコメントの中にリンクエラー(リンク切れ)を検出すると、WordPressのダッシュボードに通知が表示されます。クリックすると、リンクエラーの確認&編集画面に遷移します。

ダッシュボードでの通知

リンクエラーの確認&編集

記事やコメントの中にリンクエラー(リンク切れ)を検出すると、リンクエラーの一覧を確認できます。

「URLを編集」をクリックすると、一括してURLの修正を適用できます。対象のURLが複数の記事の中に存在する場合は、複数の記事に修正が適用されます。

リンクエラーの確認&編集

リンクエラーに対して実行できる処理

リンクエラーに対しては、下記の処理を一括して実行できます。

  • URLを編集
  • リンク解除
  • リンクエラーでない
  • 無視
  • 再確認

まとめ

WordPressを利用してブログやWebサイトを運営していると、リンクを張った記事が非公開になったり、URLが変更になる場合があります。そういった「リンク切れ」は、記事の数が増えてくると、なかなか人力だけでは発見しづらい問題があります。

記事の中にリンク切れが増え過ぎると、ブログの読者、検索エンジンの両方に様々な悪影響が出る場合があります。

この記事で紹介した「Broken Link Checker」のWPプラグインを利用してリンク切れを自動的に見つけましょう。一度設定を行えば、後はWPプラグインが継続的にリンク切れを探してくれます。

WordPressを運用する上で非常に役立つWPプラグインなので活用しましょう。

スポンサーリンク