ワードプレス関連の役立つ情報をまとめています。WordPressプラグイン、WordPressテーマ(テンプレート)の情報をわかりやすく紹介します。

Display Widgets - ウィジェットに表示条件を設定できるWordPressプラグイン

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事公開 2014.01.31

最終更新 2016.12.31

Display Widgetsは、WordPressのウィジェットに表示条件を設定できるプラグインです。ウィジェットごとに表示・非表示の設定ができます。

このプラグインをインストールして有効にすると、ウィジェットの下部に表示条件の設定項目が追加されます。指定した表示条件に応じてウィジェットが表示されるようになります。

このプラグインを活用すると、サイドバーやフッターに表示しているコンテンツをページごとに最適化できます。ページごとに不要な情報を非表示にできるので、あなたのWebサイトを更に分かりやすいWebサイトに調整できます。便利なプラグインなので活用しましょう。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. WordPressのウィジェットに表示条件を設定できる。
  2. ログイン状態に応じてウィジェットの表示・非表示が設定できる。
  3. 指定したページごとにウィジェットの表示・非表示が設定できる。
  4. 設定が簡単で使いやすい。

ウィジェットの表示例

使用前

ウィジェット

プラグイン使用時

Display Widgets

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Display Widgets」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

ウィジェットの設定

このプラグインの設定は、ウィジェットで行います。ウィジェットの下部に表示条件の設定項目があるので、そこに表示条件を設定します。

Display Widgets

補足

Show Widget for:(ウィジェットを表示する条件)

Everyone(全員)
Logged-out users(ログアウト状態のユーザー)
Logged-in users(ログイン状態のユーザー)

Hide on checked pages(チェックを入れたページを非表示にする)
Show on checked pages(チェックを入れたページを表示する)

まとめ

Display Widgetsは、WordPressのウィジェットに表示条件を設定できるプラグインです。ウィジェットごとに表示・非表示の設定ができます。

このプラグインを活用すると、サイドバーやフッターに表示しているコンテンツをページごとに最適化できます。ページごとに不要な情報を非表示にできるので、あなたのWebサイトを更に分かりやすいWebサイトに調整できます。便利なプラグインなので活用しましょう。

スポンサーリンク

最後までお読み頂き、ありがとうございます

この記事の内容が役に立ったと思ったらソーシャルメディアで共有してね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSSフィードを購読する

follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ソーシャルメディア & RSS

Twitter Facebook Google+ RSSフィード

スポンサーリンク

賢威7 - SEOマニュアル&テンプレート

新バージョンの賢威7が購入者向けに先行公開中。


賢威7の詳細&レビューはこちら