Content Aware Sidebars

Content Aware Sidebarsは、サイドバーに表示する内容(ウィジェット)をページ毎に管理できるプラグインです。簡単に説明すると、サイドバー管理プラグインです。

このプラグインを利用すると、ウィジェットの初期設定をテンプレートや「functions.php」に記述する手間が省け、ウィジェットの設定をプラグインで管理できます。

もし、あなたのWebサイトでサイドバーの内容をページごとに変えたい場合は、このプラグインを活用しましょう。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. サイドバーに表示する内容(ウィジェット)をページ毎に管理できる。
  2. ページ毎にサイドバーの内容が変えられる。例えば、ページ毎に最適化した個別の内容をサイドバーに表示できる。
  3. プラグインの設定は簡単。ウィジェットの初期設定をテンプレートや「functions.php」に記述する必要はありません。(※手動を除く)

このプラグインでウィジェットを指定できるページの例

  • トップページ
  • 検索結果ページ
  • 404ページ
  • 全ての投稿(Post)
  • 個別の投稿(Post)
  • 全ての固定ページ(Page)
  • 個別の固定ページ(Page)
  • メディアライブラリ
  • 全ての投稿者ページ
  • 個別の投稿者ページ
  • 全てのテンプレート
  • 個別のテンプレート
  • 全てのカテゴリ
  • 個別のカテゴリ
  • 全てのタグ
  • 個別のタグ

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Content Aware Sidebars」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの設定

管理画面の場所

このプラグインの管理画面は、第一階層のSidebarsの位置にあります。

WordPress管理画面 > Sidebars

トップページのウィジェットを置き換える場合の例

指定した対象のウィジェットを追加できます。そして、右側にある Options でオプションの設定を行います。

トップページのウィジェットを置き換える場合の例

ウィジェット設定の例

上記の設定をすると、新しいウィジェットが追加されます。

ウィジェット設定の例

投稿の記事にウィジェットを追加した例

このプラグインを利用すると、様々なページのサイドバーの内容(ウィジェット)を変更できます。投稿の個別記事を指定することもできます。

投稿の記事にウィジェットを追加した例

Replace(置換)

Replaceを指定すると、ウィジェットの内容を置き換えることができます。表示内容はウィジェットで指定します。

sidebars_img04

Merge(結合)

Mergeを指定すると、ウィジェットの内容を結合することができます。既存のウィジェットと結合されます。表示位置はTop(上部)とBottom(下部)が指定できます。表示内容はウィジェットで指定します。

sidebars_img05

Manual(手動)

Manualを指定すると、表示位置を手動(PHP)で記述することができます。表示内容はウィジェットで指定します。

sidebars_img06

<?php display_ca_sidebar( $args ); ?>

関連プラグイン

参考までに同じようなことができる関連プラグインを紹介します。

Widget Logicは、ウィジェットに条件分岐タグを指定することで、結果的に Content Aware Sidebars と同じようなことができます。どちらのプラグインを利用するかは、個人の好みだと思います。

参考記事

Widget Logic – ウィジェットに条件分岐タグを指定できるWordPressプラグイン

まとめ

Content Aware Sidebarsは、サイドバーに表示する内容(ウィジェット)をページ毎に管理できるプラグインです。

もし、ページごとにサイドバーの内容をカスタマイズしたい場合は、このプラグインを利用すると便利です。ウィジェットの初期設定をテンプレートや「functions.php」に記述する必要がないのでサイト運営が捗ります。

スポンサーリンク