ワードプレス関連の役立つ情報をまとめています。WordPressプラグイン、WordPressテーマ(テンプレート)の情報をわかりやすく紹介します。

Admin Columns - 管理画面の一覧ページをカスタマイズできるWordPressプラグイン

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事公開 2014.05.09

最終更新 2016.12.30

Admin Columnsは、WordPress管理画面の投稿・固定ページ・メディアライブラリなどの一覧ページを自分好みにカスタマイズできるプラグインです。

このプラグインを利用すると、管理画面の一覧ページの表示項目を増減させたり、表示順番を入れ替えることができます。特に役に立つ機能としては、「カスタムフィールドの値」や「サムネイル画像」を表示する機能が便利です。表示項目の幅を数値で指定する機能もあります。

カスタムフィールドを利用している場合は、記事一覧ページにカスタムフィールドの値を表示しておくと、記入漏れや入力間違いに気づきやすくなるので非常に役に立ちます。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. WordPress管理画面の投稿・固定ページ・メディアライブラリなどの一覧ページを自分好みにカスタマイズできる。
  2. 表示項目の増減、表示順番の入れ替え、表示項目の幅を数値で指定できる。
  3. カスタムフィールドの値を記事一覧ページに表示できる。
  4. サムネイル画像を記事一覧ページに表示できる。
  5. 表示内容は予め雛形が用意されている。それを選択して利用するので簡単です。
  6. プラグインを停止すれば、表示内容は元に戻すことができる。

カスタマイズできる一覧ページ

  1. 投稿一覧
  2. 固定ページ一覧
  3. メディアライブラリ
  4. ユーザー一覧
  5. コメント一覧

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Admin Columns」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの使い方

管理画面の場所

このプラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > 設定 > Admin Columns

基本的な使い方

このプラグインをインストールした直後の状態では、投稿の記事一覧ページのテンプレートが選択された状態になっています。ドラッグ&ドロップ操作で項目の表示順番を入れ替えることができます。一番下にある「+Add Column」をクリックすると、表示項目を追加できます。そして、「Type」を選択すると項目の中身を指定できます。

おすすめ機能としては、サムネイル画像の追加、カスタムフィールド値の表示、項目の横幅の変更などの機能が便利です。実際に自分で触って試してみましょう。

画像を追加した例

投稿や固定ページの記事一覧ページにサムネイル画像を追加する場合の画面例です。

画像を追加した例

投稿の記事一覧

記事一覧ページに「サムネイル画像」や「最終更新日時」を追加した例です。項目の表示幅も変更すると更に良い感じになります。

投稿の記事一覧

カスタムフィールドを追加した場合

投稿や固定ページの記事一覧ページにカスタムフィールドの値を表示する場合の画面例です。記事一覧ページにカスタムフィールドの値を表示しておくと、入力漏れや入力の間違いに気づきやすくなります。

カスタムフィールドを追加した例

Typeの補足説明

Typeのプルダウンを選択すると、一覧ページに下記内容を表示できます。予め雛形が用意されているので、それを選択して利用します。

Actions 編集ボタン
Attachment メディアファイル
Before More Tag Moreタグより上の文章
Comment count コメント数
Comment status コメントの状態
Custom Field カスタムフィールド
Display Author As 投稿者名
Excerpt 抜粋
Featured Image サムネイル画像
ID 記事ID(投稿ID)
Last modified 最終更新日時
No. of Attachments メディアファイルの数
Ping status Pingの状態
Post Format 投稿フォーマット
Roles 管理者権限
Slug 記事のスラッグ
Status 記事の状態
Sticky 記事の先頭表示の有無
Taxonomy カテゴリー又はタグ
Word count 単語数

まとめ

Admin Columnsは、WordPress管理画面の投稿・固定ページ・メディアライブラリなどの一覧ページを自分好みにカスタマイズできるプラグインです。

このプラグインを利用すると、管理画面の一覧ページの表示項目を増減させたり、表示順番を入れ替えることができます。特に役に立つ機能としては、「カスタムフィールドの値」や「記事のサムネイル画像」を表示する機能が便利です。

投稿や固定ページなどの一覧ページをサイトの内容に合わせてカスタマイズすることで、作業効率が上がります。非常に便利なプラグインなので活用しましょう。

スポンサーリンク

最後までお読み頂き、ありがとうございます

この記事の内容が役に立ったと思ったらソーシャルメディアで共有してね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSSフィードを購読する

follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 4月 20日

CAPTCHA


ソーシャルメディア & RSS

Twitter Facebook Google+ RSSフィード

スポンサーリンク

ワードプレステーマTCD

ネタワンでも利用しているTCDのWordPressテーマを紹介します。様々な種類のテーマが販売されています。

MAG(TCD036)

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

ハイクオリティーな人気ブログを構築できるWordPressテーマ


ワードプレステーマTCDの詳細&レビューはこちら