ワードプレスやブログ運営に役立つ情報をまとめています。WordPressプラグイン、WordPressテーマ(テンプレート)の情報をわかりやすく紹介します。

Broken Link Checker - リンク切れを自動的にチェックできるWordPressプラグイン

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事公開 2013.06.21

最終更新 2016.12.30

Broken Link Checkerは、自分のWebサイト内のリンク切れを自動的にチェックし、リンク切れを発見したらダッシュボードで教えてくれるプラグインです。

プラグインをインストールして有効にするだけで、後はプラグイン側が継続的にリンク切れのチェックを行なってくれます。管理画面は初期設定のままでも利用でき、非常に簡単で便利なプラグインです。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. Webサイト内のリンク切れを自動的にチェックし、リンク切れを発見したらダッシュボードで教えてくれる。
  2. YouTube等の動画共有サイトにある動画の公開停止のチェックもできる。
  3. どのページのどの部分にリンク切れがあるかを具体的に教えてくれる。
  4. リンク切れのリンクを1クリックでリンク解除できる。
  5. 管理画面が日本語化されているので分かりやすいです。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Broken Link Checker」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

ダッシュボードでの表示例

もし、Webサイト内にリンク切れを発見したら、該当箇所をダッシュボードで通知して教えてくれます。下記はそのスクリーンショットの例です。

link01

プラグインの設定

このプラグインの管理画面は、日本語化されています。そして、管理画面は、初期設定のままでも利用できます。設定は必要に応じて変更しましょう。

一般設定

link02

リンクチェック対象の指定

link03

リンク種類の指定

YouTube動画のリンクチェックもできます。

link04

プロトコル&API

link05

高度な設定

link06

まとめ

Webサイトを運営していると、リンクを張ったページがURL変更又は公開停止になる場合があります。人力でチェックしていると、リンク切れを見逃してしまう場合が多いです。

Broken Link Checkerは、インストールするだけで利用できます。簡単で便利なプラグインなので活用しましょう。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きありがとうございます

ネタワンは皆様の善意に支えられています。
この記事の内容が役に立ったと思ったら、記事をソーシャルメディアで共有してね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSSフィードを購読する

follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ネタワンを購読する

  • Twitter
  • Facebook
  • Google Plus
  • Feedly
  • RSS
  • Push7

初心者向け

WordPress使い方ガイド
WordPress入門

スポンサーリンク

ワードプレステーマTCD

ネタワンでも利用しているTCDのWordPressテーマを紹介します。様々な種類のテーマが販売されています。

MAG(TCD036)

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

ハイクオリティーな人気ブログを構築できるWordPressテーマ


ワードプレステーマTCDの詳細&レビューはこちら