BackUpWordPress

BackUpWordPressは、バックアップ処理を定期的に自動実行できるプラグインです。インストールするだけで初期設定のままで運用可能です。

プラグインの初期設定では「データベースのバックアップを毎日実行」「ファイルとデータベースのバックアップを1週間毎に実行」に設定されています。バックアップのスケジュールやバックアップ対象は手動で変更することもできます。

バックアップデータはZIP形式の圧縮ファイルでサーバー上の「wp-content」ディレクトリに保存されます。もし、WordPressのデータベースやファイルに何らかの問題が発生した場合、そのバックアップデータから復元すれば、WordPressをバックアップ時点の状態に戻すことができます。シンプルで使いやすいプラグインなので活用しましょう。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. バックアップ処理を定期的に自動実行できる。初期設定のままで運用できる。
  2. バックアップのスケジュールやバックアップ対象は手動で変更することができる。
  3. バックアップデータの保持数を指定できる。
  4. バックアップ対象の除外設定を指定できる。
  5. バックアップデータはサーバー上の「wp-content」ディレクトリにプラグイン名とランダム英数字を組み合わせたディレクトリ名で保存される。バックアップデータは、ZIP形式で圧縮される。
  6. 有料版のプラグインにアップグレードすれば、バックアップデータの保存先をFTPやオンラインストレージサービスに保存することができる。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「BackUpWordPress」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

使用上の注意点

BackUpWordPressは、定期的にバックアップ処理を実行する際に、WP-CRON(WordPressの擬似CRON)を利用します。レンタルサーバーのサーバー環境によっては、WP-CRON(WordPressの擬似CRON)が動作しない場合があります。(格安レンタルサーバーなど)

プラグインの設定

管理画面の場所

このプラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > ツール > Backups

Database Daily(毎日のデータベースのバックアップ)

初期設定ではデータベースバックアップを「毎日23:00」に自動実行するように設定されています。バックアップデータの保持数は「14個」になっています。

この設定をそのまま利用することも可能ですが、スケジュールは手動で変更することもできます。スケジュールやデータの保持数は必要に応じて調整しましょう。

Database Daily

「Database Daily」ではバックアップしたデータの一覧が表示されます。「Run Now」をクリックすると、即時にバックアップ処理を実行できます。バックアップしたデータは、「Download」をクリックすると自分のPCにダウンロードできます。

Database Daily(データベースバックアップ)

Settings(詳細設定)

「Settings」をクリックするとバックアップのスケジュールやデータ保持数を指定できます。

Settings(詳細設定)

Complete Weekly(1週間毎の完全バックアップ)

初期設定ではデータベースとサーバー上のファイルのバックアップを「毎週日曜03:00」に自動実行するように設定されています。バックアップデータの保持数は「12個」になっています。

この設定をそのまま利用することも可能ですが、スケジュールは手動で変更することもできます。スケジュールやデータの保持数は必要に応じて調整しましょう。

Complete Weekly

「Complete Weekly」では、バックアップしたデータの一覧が表示されます。「Run Now」をクリックすると、即時にバックアップ処理を実行できます。バックアップしたデータは、「Download」をクリックすると自分のPCにダウンロードできます。

Complete Weekly(完全バックアップ)

Settings(詳細設定)

「Settings」をクリックすると、バックアップのスケジュールやデータ保持数を指定できます。

Settings(詳細設定)

まとめ

BackUpWordPressは、バックアップ処理を定期的に自動実行できるプラグインです。インストールするだけで初期設定のままで運用可能です。

WordPressのデータを定期的にバックアップすることは非常に重要です。万が一のデータ消失に備えて、Webサイト全体のバックアップを行うことを強くおすすめします。

バックアップの設定は、一度設定すると、後は自動的にバックアップ処理が実行されるので、手間が増えることはありません。シンプルで使いやすいプラグインなので活用しましょう。

バックアップの重要性

2012年に発生した「レンタルサーバー業者のデータ消失事件」をきっかけに、レンタルサーバーのバックアップ機能の重要性が再認識されるようになりました。

万が一のデータ消失に備えて、WordPressでWebサイトを運営する場合でも、データベースやサーバー上のファイルのバックアップを定期的に行うことを強くお勧めします。

「バックアップなんて必要ない!」とお考えですか?

そんなあなたの為にバックアップの必要性を説明します。

WordPressを利用してWebサイトを構築して運営していると、下記のような最悪な事態が発生することがよくあります。

  • WPテーマを編集してエラーが解消できなくなった!
  • WPプラグインが影響し合ってエラーになり、管理画面に全くアクセスできない!

そんな非常事態が発生しても、バックアップしておいたデータから復元すれば、Webサイトの復旧が早くなります。バックアップデータは、実際に利用しなくても、万が一の備えとして用意しておくと安心です。

WPプラグインのバックアップの設定は、一度設定すると後は継続的にバックアップ処理が実行されます。サイト運営者の手間が増えることはありません。

スポンサーリンク