ワードプレス関連の役立つ情報をまとめています。WordPressプラグイン、WordPressテーマ(テンプレート)の情報をわかりやすく紹介します。

wp-admin classic - 管理画面をVer.3.8以前のクラシック・スタイルにできるWordPressプラグイン

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事公開 2014.07.22

最終更新 2015.03.10

wp-admin classicは、WordPress管理画面のデザインを Ver. 3.8 以前のクラシック・スタイルに変更できるプラグインです。

このプラグインはインストールするだけで利用できます。設定画面はありません。プラグインをインストールすると、CSSを利用して管理画面のデザインが Ver. 3.8 以前のクラシック・スタイルになります。あくまでも以前の管理画面のデザイン風になるだけです。以前と全く同じ状態に戻る訳ではありません。

もし、WordPress Ver. 3.9 以降の管理画面のデザインをどうしても利用したくない場合は、このプラグインを活用してみましょう。あなたが利用しているテーマやプラグインのオプション画面が Ver. 3.9 のデザインに合わない場合、このプラグインが役に立つかもしれません。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. WordPress管理画面のデザインを Ver. 3.8 以前のクラシック・スタイルに変更できる。
  2. CSSを利用してデザインを変更するだけなので、不具合がでることがありません。他のプラグインの管理画面やアイコンも正しく表示されます。
  3. プラグインをインストールするだけで利用できます。プラグインの設定画面はありません。

使用上の注意点

ダッシュボード・ウィジェットの表示幅は100%表示のみです。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「wp-admin classic」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグイン利用時の画面例

下記画面のように管理画面全体が WordPress Ver. 3.8 以前のクラシック・スタイルに変更できます。

ダッシュボード

ダッシュボード

記事の編集画面

記事の編集画面

プラグインの設定

このプラグインの管理画面はありません。インストールするだけで利用できます。

まとめ

wp-admin classicは、WordPress管理画面のデザインを Ver. 3.8 以前のクラシック・スタイルに変更できるプラグインです。

もし、WordPress Ver. 3.9 以降の管理画面のデザインをどうしても利用したくない場合は、このプラグインを活用してみましょう。あなたが利用しているテーマやプラグインのオプション画面が Ver. 3.9 のデザインに合わない場合、このプラグインが役に立つかもしれません。

スポンサーリンク

最後までお読み頂き、ありがとうございます

この記事の内容が役に立ったと思ったらソーシャルメディアで共有してね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSSフィードを購読する

follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ソーシャルメディア & RSS

Twitter Facebook Google+ RSSフィード

スポンサーリンク

賢威7 - SEOマニュアル&テンプレート

新バージョンの賢威7が購入者向けに先行公開中。


賢威7の詳細&レビューはこちら