404 Redirectionは、リンク切れなどの際に表示される404ページを強制的にトップページにリダイレクトできるプラグインです。301リダイレクトで強制的にトップページに転送できます。

404ページはリンク切れなど、ユーザーがアクセスしたページが存在しない場合に表示されます。ユーザーによっては、404ページが表示された後にブラウザの履歴で元のサイトに戻ってしまう場合があります。このプラグインは強制転送することにより、その機会損失をなくします。

このプラグインは、インストールして有効にするだけで利用できます。プラグインの設定画面はありません。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. 404ページを強制的にトップページにリダイレクトできる。
  2. 301リダイレクトでトップページに転送できる。
  3. プラグインをインストールして有効にするだけで利用できる。プラグインの設定はない。

404ページとは?

404ページは、リンク切れなど、ユーザーがアクセスしたページが存在しない場合に表示されるページのことです。「404 Not Found」などで表示されるページのことです。

404ページをカスタマイズせずにそのまま利用していると、404ページの存在がユーザーの興味をそぎ、途中離脱率を上昇させてしまう可能性があります。

404ページをカスタマイズして分かりやすくするか、又はこのプラグインを活用してトップページなどに転送させましょう。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「404 Redirection」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの設定

このプラグインはインストールして有効にするだけで利用できます。プラグインの設定画面はありません。

まとめ

404 Redirectionは、リンク切れなどの際に表示される404ページを強制的にトップページにリダイレクトできるプラグインです。301リダイレクトで強制的にトップページに転送できます。

ちなみに、個別にリダイレクトを管理したい場合は、下記のプラグインを使用して下さい。記事のURLを変更した際に自動で新しいURLに転送する機能もあります。

関連記事

Redirection – 301リダイレクトを管理できるWordPressプラグイン

スポンサーリンク