ワードプレスやブログ運営に役立つ情報をまとめています。WordPressプラグイン、WordPressテーマ(テンプレート)の情報をわかりやすく紹介します。

WordPressプラグインのインストール方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
WordPress

記事公開 2013.10.24

最終更新 2017.02.03

WordPressプラグインのインストール方法について説明します。

プラグインを活用すると、WordPressに様々な機能を拡張することができます。WordPressを最初にインストールした直後の状態では、Webサイトを管理する限られた機能しか実装されていません。プラグインを活用し、WordPressを機能拡張しましょう。

はじめに

WordPressプラグインとは?

WordPressにおけるプラグインは、WordPressの機能を拡張する役割があります。WordPressは、初期状態ではシンプルな機能しかありませんが、プラグインを利用することで、様々な機能を追加できます。

便利なプラグインは、沢山あります。当サイトでは便利なプラグインを紹介しています。もし、プラグインをお探しであれば、WordPress優良プラグイン50選をご覧下さい。

最初からインストールされているプラグイン

WordPress日本語版には、初期状態からインストールされているプラグインが3つあります。プラグインの概要は下記の通りです。

Akismet ブログのコメント欄とトラックバックのスパムフィルターのプラグインです。非常に役立つプラグインなので利用しましょう。Akismetの初期設定の手順に関しては、下記記事を参考にして下さい。

参考記事

Akismet – コメントスパムをフィルタリングできるWordPressプラグイン

Hello Dolly このプラグインは、プラグイン開発者向けの見本としてインストールされています。プラグインを自分で開発しない人にとっては、全然関係ないので削除して問題ありません。
WP Multibyte Patch 日本語のマルチバイト文字の取り扱いに関する不具合の累積的修正と強化を行うプラグインです。有効化して利用しましょう。

初期状態

プラグイン

インストール方法は3通りあります

WordPressにプラグインをインストールする方法は3通りあります。

プラグイン名を検索してインストールする方法が一番簡単です。通常は検索する方法を利用しましょう。

インストール方法

  1. プラグイン名を検索してインストールする。
  2. ZIP形式の圧縮ファイルをアップロードしてインストールする。
  3. プラグインのデータをFTPでアップロードしてインストールする。

1. プラグイン名を検索してインストールする

検索

WordPress.org に登録されているプラグインを、プラグインの名前を検索してインストールすることができます。検索する方が簡単なので、通常の場合はこの方法を利用しましょう。

新しいプラグインを探す際は、プラグインのインストール画面にある検索ボックスを利用します。

プラグイン検索画面

プラグイン検索画面

管理画面の場所

WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加

プラグインの名前で検索した例

プラグインの名前を入力する、又はコピペして検索します。

検索すると、検索内容と一致するプラグインの候補が表示されます。プラグインをインストールする場合は、インストールしたいプラグインの下に表示されている「いますぐインストール」をクリックします。

プラグインの名前で検索した例

インストール確認画面

インストールを実行する前に確認画面が表示されます。問題が無ければ、「OK」をクリックしてインストールを実行して下さい。

インストール確認画面

インストール完了&プラグインの有効化

インストールが完了したら、「プラグインの有効化」をクリックしてプラグインを有効化します。プラグインは「有効化」しないと、機能を利用できません。プラグインを利用する場合は、必ず有効化して下さい。

インストール完了&プラグインの有効化

2. ZIP形式の圧縮ファイルをアップロードしてインストールする

ZIP形式で圧縮されたプラグインのデータをアップロードしてインストールすることができます。WordPress.org で配布されているプラグインのZIP形式の圧縮ファイルをアップロードして利用しましょう。

ZIP形式の圧縮ファイルをアップロードしてインストールする

管理画面の場所

WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 > プラグインのアップロード

3. プラグインのデータをFTPでアップロードしてインストールする

FTP

プラグインのデータをFTPソフトでアップロードしてインストールすることができます。

WordPress.org で配布されているプラグインのZIP形式の圧縮ファイルを解凍し、FTPソフトなどを用いて「/wp-content/plugins/」の直下のディレクトリにアップロードして設置します。

アップロード先ディレクトリ /wp-content/plugins/プラグイン名/

そして、WordPress管理画面を開き、「プラグイン > インストール済みプラグイン」のページを確認します。その画面にインストールしたプラグインが表示されていますので、「有効化」をクリックしてプラグインを有効化して下さい。

もし、「インストール済みプラグイン」にプラグイン名が表示されていなければ、先ほどFTPでアップロードしたプラグインのデータの設置が正しくないか、ファイルが壊れている可能性があります。アップロードしたファイルを再確認して下さい。

備考

プラグインのデータは、ZIP形式の圧縮ファイルを解凍したデータをアップロードする必要があります。ZIP形式のままでは動作しませんのでご注意下さい。

以上

スポンサーリンク

最後までお読み頂きありがとうございます

ネタワンは皆様の善意に支えられています。
この記事の内容が役に立ったと思ったら、記事をソーシャルメディアで共有してね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSSフィードを購読する

follow us in feedly

ネタワンを購読する

  • Twitter
  • Facebook
  • Google Plus
  • Feedly
  • RSS
  • Push7

初心者向け

WordPress使い方ガイド
WordPress入門

スポンサーリンク

ワードプレステーマTCD

ネタワンでも利用しているTCDのWordPressテーマを紹介します。様々な種類のテーマが販売されています。

AMORE(TCD028)

WordPressテーマ「AMORE (TCD028)」

パララックス効果(視差効果)を用いたお店やサービス業向けのWordPressテーマ


ワードプレステーマTCDの詳細&レビューはこちら