wpXレンタルサーバー

wpXは、WordPress運用に特化した超高速レンタルサーバー&クラウドサービスです。エックスサーバーの会社が運営しています。

このレンタルサーバーは「wpXレンタルサーバー」と「wpXクラウド」の2種類にサービスが分かれています。WordPressをインストールできる個数や耐えられるアクセス数に違いがあります。

wpXレンタルサーバーは、複数のサイトを運用するのに最適なレンタルサーバーです。最大10個のWordPressをインストールして快適に運用できます。

wpXクラウドは、アクセス数が多い大規模サイトを運営するのに特化したクラウドサービスです。サイトのアクセス数に応じてサーバーリソースを段階的に拡張できます。WordPressを1個単位でインストールして利用できます。

ちなみに、ネタワン(当サイト)は「wpXレンタルサーバー」を利用して運営しています。WebサイトやWordPressの管理画面がサクサク表示されて快適なレンタルサーバーです。

追記 2017.08.04

利用可能なデータベース容量が1GBに緩和されました。

レンタルサーバーの特徴

wpXレンタルサーバーとは?

レンタルサーバー比較

wpXは、WordPress運用に特化した超高速レンタルサーバーです。レンタルサーバーのサービスは「wpXレンタルサーバー」と「wpXクラウド」の2種類に分かれています。それぞれ特徴が異なります。

wpXレンタルサーバーは、複数のサイトを運用するのに最適なレンタルサーバーです。

wpXクラウドは、アクセス数が多い大規模サイトを運営するのに特化したクラウドサービスです。

レンタルサーバーには様々な高速化の仕組みが施されています。例えば、SSD多重化による高速化。それに加え、リバースプロキシによるキャッシュ処理が常時稼働しており、サーバーへの負荷を最小限にすることで、Webサイトの表示を高速化しています。

wpXレンタルサーバーを快適に利用できる目安としては、アクセス数の合計が「1ヶ月あたり 200,000PV 〜 300,000PV」くらいであれば、接続制限なしで快適に運用できます。それ以上にアクセス数が増えた場合は、グレードの変更を行うか、またはアクセス数の多いサイトをwpXクラウドに移す必要があります。

wpXクラウドとは?

wpXクラウドは、アクセス数が多い大規模サイトを運営するのに特化したクラウドサービスです。Webサイトのアクセス数に応じてサーバーリソースを段階的に拡張できます。WordPressを1個単位で契約して利用できます。追加契約で運用サイトを増やすこともできます。

wpXレンタルサーバーと比べて、サーバーの「転送量目安」や「想定PV数」が多くなっています。グレードごとに想定PV数は異なりますが、桁違いにアクセス数が多いサイトの運用にも対応できます。

主な特徴

wpXレンタルサーバーの主な特徴は下記の通りです。

月額料金 1,000円~(税込1,080円〜)
初期費用 5,000円(税込5,400円)
※ キャンペーン割引がある場合あり
ディスク容量 SSD 30GB
転送量制限 50GB(1日あたり)
MySQL データベース数 10個以内
データベース容量 1GB以内(1サイトあたり) New!
データベース管理 phpMyAdmin
マルチドメイン 独自ドメイン&サブドメイン追加は最大10個
日本語ドメイン対応
SSL ドメイン認証型SSLが無料で利用可能(Let’s Encrypt) New!
バックアップ
  • 過去14日間のMySQLデータベースの自動バックアップ
  • 過去14日間のサーバー領域(Web/メールデータ)の自動バックアップ ※有料
  • MySQLバックアップデータのダウンロード
  • MySQLバックアップデータからの復元 New!
WordPress
セキュリテイ対策
  • ダッシュボードの国外IPアドレスからの接続制限
  • ダッシュボードのログイン試行回数の制限
  • 大量コメント・トラックバックの制限
  • 国外IPアドレスからのコメント・トラックバックの制限
  • XML-RPC APIの国外IPアドレスからの接続制限
  • REST APIの国外IPアドレスからの接続制限
ページ表示高速化
  • リバースプロキシによるキャッシュ処理
  • SSD多重化による高速化(ストライピング構成)
  • mod_pagespeedによる高速化
サポート体制 電話、メール
お試し無料期間 14日間
支払方法
  • クレジットカード
  • コンビニ決済
  • 銀行振込
公式サイト

まとめ(レビュー、感想、評判)

wpXレンタルサーバー&クラウドを利用してみた上での個人的感想を下記にまとめました。

非常に良い点

  1. wpXレンタルサーバー&クラウドを利用してみて、一番最初に違いを実感したのが、WordPressの管理画面が高速に表示されることです。レスポンスの早さが全然違います。これが他のレンタルサーバーとの一番の違いです。ブログやWordPress管理画面がサクサク表示されます。つまり、ブログの記事を書く作業が捗ります。作業効率が格段に向上します。あなたも無料トライアルで試してみてください。
  2. 初心者でも簡単にWordPressを始めることができるレンタルサーバーです。WordPressのインストールやデータベースの設定など、初心者にはハードルが高い初期設定が簡略化できます。難しい設定は不要で、初心者でもマニュアルを見ながら設定を進めれば、簡単にWebサイトを開設・運営できます。
  3. WordPressのインストール作業が非常に簡単です。レンタルサーバーの機能として、WordPressの「自動インストール機能」があります。
  4. 自動バックアップ機能が常に稼働しており、毎日自動的にバックアップ処理が実行されるので安心です。バックアップ対象は、MySQLデータベースとサーバー領域(Web/メールデータ)です。
  5. MySQLデータベースのバックアップは、簡単にダウンロードおよび復元ができます。
  6. リーバースプロキシによるキャッシュ処理を行うプログラムが常に稼働しており、Webサイトや管理画面が高速に表示されます。特に管理画面の表示が驚くほど早くなり、記事を書くのが捗ります。
  7. Webサイトの表示速度を向上させる「mod_pagespeed」が利用できます。Google社により開発された拡張モジュールです。管理パネルで機能を有効化すると、ファイルを圧縮してデーター転送量を削減できます。
  8. WordPressの管理画面に独自のセキュリテイ対策が施されています。(国外IPアドレスからの接続制限、ログイン試行回数制限)
  9. スマートフォンアプリや外部システムから、リモートで記事の投稿や画像のアップロードを行う際に利用される「XML-RPC WordPress API」に対する国外IPアドレスからの接続を制限できるようになりました。
  10. サーバーにFTP接続ができる。WordPressをインストールした直下のディレクトリも編集可能です。
  11. レンタルサーバーの管理画面上で「.htaccess」の編集ができる。
  12. レンタルサーバーの管理画面上で「phpMyAdmin」を利用してデータベースの編集・管理ができる。
  13. ドメイン認証型SSL(Let’s Encrypt)が無料で利用できるようになりました。全てのWordPressサイトへ手軽にSSLを設定することが可能です。証明書は即時発行され、期限前の自動更新により、証明書の期限切れを防ぎます。 New!

知っておくべきこと

  1. wpXレンタルサーバー&クラウドは、普通のレンタルサーバーとは仕様が異なります。良い意味でWordPress運用に特化しています。WordPress以外のプログラムはインストールできないのでご注意ください。
  2. WordPressのマルチサイト機能が利用できません。
  3. キャッシュ機能のプログラムが常時稼働しています。ただ、任意のタイミングでキャッシュをクリアできません。キャッシュをクリアするには、記事を更新するかキャッシュの有効期限が切れるまで待つ必要があります。これは、テンプレートやCSSを編集した際に少し不便である。

無料お試し

wpXレンタルサーバー&クラウドには、14日間の無料お試し期間があります。

百聞は一見に如かず。自分で見て触って試してみましょう。そうすることで、このレンタルサーバー&クラウドサービスの特徴がわかるはず。

公式サイト

参考記事

実際に利用してみた感想

ネタワン(当サイト)は、wpXレンタルサーバーを利用して運営しています。
実際に利用してみた感想やレビューなどを記事にまとめていますので参考にして下さい。

wpXレンタルサーバー | WordPress専用の超高速レンタルサーバーを利用してみた感想

スポンサーリンク