アダルト

アダルトサイトを運営できるレンタルサーバーを紹介します。成人向けの「アダルトサイト」、成人向けコンテンツと一般コンテンツが混在する「まとめサイト」などを運営するのに適しているレンタルサーバーです。

成人向けのアダルトサイトを運営できるレンタルサーバーは日本では限られています。海外と日本のレンタルサーバーをまとめているので参考にしてください。

注意点としては、アダルトサイトを運営できますが、日本およびアメリカの法律に違反しない合法コンテンツである必要があります。非合法のコンテンツは運用できません。

この記事で紹介する海外レンタルサーバーは、日本向けにサービスを提供しています。日本語のオンラインマニュアル、日本語でのカスタマーサポートを受けることができます。レンタルサーバーの管理画面も日本語表記になっています。英語が苦手でも安心して利用できます。

海外のレンタルサーバーが利用しているデータセンターはアメリカで運用されています。運営は米国法人です。完全に外国企業との取引となります。

はじめに

こんな人にオススメ

  1. 成人向けの「アダルトサイト」を運営したい。
  2. アダルトコンテンツが混在する「まとめサイト」を運営したい。
  3. 日本語で運用できる海外の格安レンタルサーバーを利用したい。
  4. 海外向けのWebサイトやWebサービスを立ち上げたい。
  5. アクセス数が多くてデータ転送量の多いWebサイトを運営している。

日本向けの海外レンタルサーバー

  1. フレンドサーバー ビギナープラン

月額料金 3ドル〜(約300円〜)
※ 1ドル100円換算
初期費用 0ドル
ディスク容量 SSD 2GB〜
転送量制限 150GB / 月
MySQL 5個
マルチドメイン 独自ドメイン:1個
サブドメイン:3個
自動インストール WordPress
Movable Type OS
XOOPS
osCommerce
ZenCart
コントロールパネル PLESK9を利用したコントロールパネルあり
サポート体制 メール
支払方法 クレジットカード

フレンドサーバーは、アメリカのシリコンバレーにあるデータセンターで運用されている日本向けのレンタルサーバー(ホスティングサービス)です。

高速回線、大容量の共用レンタルサーバーを月額3ドル(約300円)の格安料金から利用できます。共用サーバーだけでなく、大規模サイトを運営できる専用サーバーのプランも別途用意されています。

月額料金が格安でありながら、日本では実現不可能なスペックを実現させたレンタルサーバーです。特に、データ通信量(転送量)の制限値が他社より緩和されています。アクセス数が多いWebサイトでも問題なく運用できます。

日本語に完全対応

  • サポート体制は、日本人スタッフによる日本語でのサポート対応となります。全て日本語での対応なので安心して利用できます。
  • 不明点はメールフォームから問い合わせできます。
  • 日本語のオンラインマニュアルが充実しています。公式サイトのフッターにマニュアルへのリンクがあります。
公式サイト

フレンドサーバー

日本のクラウド型レンタルサーバー

合法コンテンツであれば、アダルトサイトも運用できる日本のクラウド型レンタルサーバーです。

WordPressをはじめ、様々なWebアプリケーションを運用できます。「拡張性」と「使いやすさ」を両立しています。

  1. mixhost(ミックスホスト)

月額料金 480円 〜 5,980円
(税込518円 ~ 6,458円)
初期費用 0円
CPU 仮想1コア 〜 仮想5コア
メモリ 512MB 〜 6GB
ディスク容量 SSD 10GB 〜 80GB
MySQL 容量無制限
自動インストール WordPress
多数のWebアプリケーション
自動バックアップ ホームディレクトリ
データベース
サポート体制 メール
お試し無料期間 30日間
支払方法 クレジットカード
PayPal
銀行振込

mixhost(ミックスホスト)は、高速・高機能・高安定性を追求したクラウド型のレンタルサーバーです。

このレンタルサーバーの最大の特徴は、Apacheよりも高速で、完全な互換性を持った「LiteSpeed」のWebサーバーを採用していることです。そして、全てのプランで「ピュアSSD」を採用した高速サーバーを利用できます。

共用レンタルサーバーの使いやすさと、クラウドの拡張性を融合した、いいとこ取りのレンタルサーバーです。

公式サイト

MixHost

最後に

成人向けのアダルトサイトの運営が許可されているレンタルサーバーは少ないです。

海外と日本のレンタルサーバーの中で特にお勧めのレンタルサーバーを紹介しました。上記のどちらのレンタルサーバーでも大量のアクセスにも耐えられるようになっています。