レンタルサーバー比較。PHP・MySQLが利用可能。WordPressでブログを運営するのに最適な有料レンタルサーバーまとめ。

海外データセンターのレンタルサーバー比較

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事公開 2015.07.29

最終更新 2016.07.09

日本向けにサービスを提供している海外のレンタルサーバー(ホスティング)を紹介します。海外のデータセンターで運営されている日本向けレンタルサーバーです。

日本向けにサービスを提供しているレンタルサーバーなので、日本語マニュアルや日本語でのサポートを受けることができます。レンタルサーバーの管理画面も日本語での表示に対応しています。英語が苦手でも、安心して利用できるレンタルサーバーです。

レンタルサーバーが利用しているデータセンターは、アメリカで運用されています。運営は米国法人です。完全に外国企業との取引となります。ちなみに、アメリカ合衆国の法律・法令に違反しないコンテンツであれば、アダルトサイトも運用可能です。

こんな人におすすめ

  1. 日本語で運用できる海外の格安レンタルサーバーを利用したい。
  2. アクセス数が多くてデータ転送量の多いWebサイトを運営している。
  3. アダルトサイトを運営したい。
  4. まとめサイトを運営したい。

※ アメリカ合衆国の法律・法令に違反するコンテンツは運営できません。

日本向けの海外レンタルサーバー

フレンドサーバー ビギナープラン

月額料金 3ドル〜(約300円〜)
※ 1ドル100円換算
初期費用 0ドル
ディスク容量 2GB
転送量制限 150GB / 月
MySQL 5個
マルチ
ドメイン
独自ドメイン:1個
サブドメイン:3個
サポート体制 メール
支払方法 クレジットカード
自動
インストール
  • WordPress
  • Movable Type Open Source
  • XOOPS
  • osCommerce
  • ZenCart
コントロールパネル PLESK9を利用したコントロールパネルあり

フレンドサーバーは、アメリカのシリコンバレーにあるデータセンターで運用されている日本向けのレンタルサーバー(ホスティング)です。

高速回線、大容量の共用レンタルサーバーを月額3ドル(約300円)の格安料金から利用できます。共用サーバーだけでなく、大規模サイトを運営できる専用サーバーのプランも別途用意されています。

月額料金が格安でありながら、日本では実現不可能なスペックを実現させたレンタルサーバーです。特に、データ通信量(転送量)の制限値が他社より緩和されています。アクセス数が多いWebサイトでも問題なく運用できます。

日本語に完全対応

  • サポート体制は、日本人スタッフによる日本語でのサポート対応となります。全て日本語での対応なので安心して利用できます。
  • 不明点はメールフォームから問い合わせできます。
  • 日本語のオンラインマニュアルが充実しています。公式サイトのフッターにマニュアルへのリンクがあります。

公式サイト

フレンドサーバー


最後までお読み頂きありがとうございます

ネタワンは皆様の善意に支えられています。
この記事の内容が役に立ったと思ったら、記事をソーシャルメディアで共有してね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSSフィードを購読する

follow us in feedly

スポンサーリンク

ワードプレステーマTCD

ネタワンでも利用しているTCDのWordPressテーマを紹介します。様々な種類のテーマが販売されています。

MAG(TCD036)

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

ハイクオリティーな人気ブログを構築できるWordPressテーマ


ワードプレステーマTCDの詳細&レビューはこちら