レンタルサーバー比較。PHP・MySQLが利用可能。WordPressでブログを運営するのに最適な有料レンタルサーバーまとめ。

VPSサービスの比較(仮想専用サーバー)

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事公開 2016.07.08

最終更新 2016.12.12

オススメのVPS(仮想専用サーバー)のサービスを紹介します。利用者数が多い定番のVPSサービスです。

VPS(仮想専用サーバー)は、Webアプリケーションの開発者、プログラミングやサーバー管理を学んでいる学生などに最適です。OSやアプリケーションのパッケージを簡単にインストールできる機能も用意されています。

あなたの予算に合わせてサーバー・パフォーマンスを自由に選択できます。まずは、格安のプランから初めて、サーバーのアクセス数が増えてきたら、後からサーバー・パフォーマンスを拡張することができます。

はじめに

VPSとは?

VPSとは、Virtual Private Serverの略です。日本語に訳すと仮想専用サーバーになります。

Webサイトを公開するにはホスティングサーバー(レンタルサーバー)が必要となりますが、共有サーバーだと機能が足りなかったり、専用サーバーだと月額料金が高すぎる問題があります。VPS(仮想専用サーバー)は、その中間にあたる比較的安価で高機能なホスティングサービスです。

VPSを利用するメリットは、専用サーバー並の高機能を安価で利用できることです。ただ、デメリットもあります。ある程度のサーバー管理の専門的知識が必要となります。初心者にとっては扱うのが難しいですが、Webアプリケーションの開発者にとっては魅力的なホスティングサービスになります。

専用サーバー
  • サーバーを占有して利用できるが、サーバーを丸ごと借りているので月額料金が高い。
  • サーバー管理の専門的知識が必要になる。
  • root権限あり。
VPS
  • 仮想的に専用サーバーのようなサーバー環境を構築して提供している。
  • 月額料金が安くはじめられるが、サーバー管理の専門的知識が必要になる。
  • root権限あり。
共有サーバー
  • サーバーを複数のユーザーで共有して利用する。
  • 月額料金が安いが、機能制限や占有率の制限が多い。
  • 初心者でも利用できる。

 

オススメのVPSサービス

さくらのVPS

さくらのVPSは、専用サーバーの自由度とクラウドの拡張性を合わせもつ”複数台対応”の仮想専用サーバーサービスです。

月額685円から使える手軽さはそのままに、大規模システムに対応するスケーラビリティを兼ね備えています。VPS(仮想サーバー)とベアメタル(物理サーバー)の組み合わせ構成も容易に実現できます。

14日間の無料お試し期間が用意されています。まずは、実際に自分でVPSを試してみましょう。

月額料金
(税込)
512プラン
685円 〜
初期費用
(税込)
512プラン
1,080円 〜
メモリ 512MB 〜 32GB
CPU 仮想2コア仮想10コア
ディスク
容量
SSD 20GB 〜 800GB
データ
転送量
無制限
サポート
体制
  • メールフォーム
  • 電話
お試し
無料期間
14日間
支払方法
  • クレジットカード
  • 銀行振込
  • 請求書払い
  • 自動口座振替

※ プランやサーバスペックは自由に選べます。詳しくは公式サイトの料金表を参照してください。

サービスの特長

  • 2週間の無料お試し期間あり
  • サーバースペックを自由に変更できる
  • サーバーOSは自由に選択可能
  • 独自コントロールパネルを提供。OS再インストールやコンソール作業もブラウザ上で簡単にできる
  • 仮想化技術「KVM」を使用し、仮想サーバ環境の独立を実現
  • 各仮想サーバに100Mbps共有回線を提供
  • サーバー設置場所を東京・石狩から選択できる

無料お試し

2週間の無料お試し期間があります。まずは自分で試してみましょう。
そうすることで、このVPSサービスの特徴がわかります。

公式サイト

さくらのVPS


GMOクラウド VPS

GMOクラウド VPSは、VPS初心者でもすぐに使えるパッケージ型VPS(仮想専用サーバー)です。月額780円(税別)から高スペック・高性能なVPSを使える圧倒的なコストパフォーマンスが人気です。

料金は格安で尚且つ、信頼性も確かです。サーバー稼働率を保証するサービス品質保証制度(SLA)、30日返金保証の制度もあります。安心・安全のVPSサービスです。

月額料金
(税別)

格安プラン
780円 ~

ハイスペック
4,580円 ~

初期費用
(税別)
4,000円
メモリ 1GB 〜 12GB
CPU 仮想2コア仮想7コア
ディスク
容量
50GB 〜 800GB
データ
転送量
無制限
サポート
体制
メールフォーム
お試し
無料期間
15日間
支払方法
  • クレジットカード
  • 銀行振込

※ プランは6種類から選べます。詳しくは公式サイトの情報をご覧ください。

サービスの特長

  • 15日間の無料お試し期間あり
  • 6種類のプランを月額780円から選べる
  • サーバーOSは自由に選択可能
  • すぐに始められる開発者パッケージを用意
  • 人気のPlesk12を350円から利用可能
  • WordPressなど330種類以上の人気アプリケーションをパッケージ化(Plesk12)
  • 信頼のクラウド基盤(KVM)で高パフォーマンスを実現
  • わかりやすいと評判のオリジナル管理ツール
  • 充実の障害対応、物理サーバー障害時のオートフェイルオーバー標準装備
  • 安心のサービス品質保証制度(SLA)
  • 30日返金保証付

無料お試し

15日間の無料お試し期間があります。まずは自分で試してみましょう。
そうすることで、このVPSサービスの特徴がわかるはず。

公式サイト

GMOクラウドのVPS


最後までお読み頂きありがとうございます

ネタワンは皆様の善意に支えられています。
この記事の内容が役に立ったと思ったら、記事をソーシャルメディアで共有してね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSSフィードを購読する

follow us in feedly

スポンサーリンク

賢威7 - SEOマニュアル&テンプレート

新バージョンの賢威7が購入者向けに先行公開中。


賢威7の詳細&レビューはこちら