レンタルサーバー比較。PHP・MySQLが利用可能。WordPressでブログを運営するのに最適な有料レンタルサーバーまとめ。

ビジネス向けレンタルサーバー比較

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事公開 2013.03.27

最終更新 2016.11.06

ビジネス向けのレンタルサーバー(ホスティング)を紹介します。クラウド型レンタルサーバーと共有レンタルサーバです。主に中小規模のWebサイトやECサイトを運営するのに適したレンタルサーバーです。

ビジネス向けなので、月額料金はそこそこしますが、「信頼性・稼働率・回線のバックボーン・データ転送量制限が少ない」をウリにしているレンタルサーバです。

ビジネス向けのレンタルサーバーは、安さに釣られて「信頼性の低いレンタルサーバー」や「制限の多いレンタルサーバー」を選ぶと、後々トラブルになる場合が多いです。特にビジネス向けのWebサイトの場合、アクセス数が増えて、サイトの表示が重くなると、ページ閲覧中のユーザーの離脱率が上がってしまい、サイトの売上に影響がでる場合があるので、「データ転送量の制限が少ないレンタルサーバー」を選ぶようにしましょう。これ非常に大事なことですよ。

中小企業にオススメ

  1. アクセス数が多いWebサイトやECサイトを運営している。
  2. 企業が運営するWebサイトを新規構築を検討している。又はレンタルサーバーの乗り換えを検討している。
  3. 会社の業務で利用するグループウェアやWebアプリケーションを設置するレンタルサーバを探している。
  4. 自社ドメインを利用してメールアカウントを大量に発行・管理している。
  5. 実績と信頼性があるレンタルサーバーを探している。

ビジネス向けクラウド型レンタルサーバー

Zenlogicホスティング

月額料金(税別) プランS:890円
プラン1〜7:2,970円〜
初期費用 0円
vCPU プランS:1vCPU
プラン1〜7:1vCPU 〜 4vCPU(拡張可能)
メモリ プランS:1GB
プラン1〜7:1GB 〜 16GB(拡張可能)
ディスク容量 プランS:300GB
プラン1〜7:1TB 〜 最大2TB(拡張可能)
データベース 無制限
バーチャルドメイン 無制限
SSL
  • 無料SSLサーバー証明書(Let’s Encrypt)
  • 複数のSSLサーバー証明書を利用可能
  • SSLサーバー証明書の持込みに対応
  • CSR発行機能を提供
サポート体制 プランS
平日電話&メールサポート無料

プラン1〜7
365日電話&メールサポート無料
サーバー設定チューニング無料

お試し
無料期間
14日間
支払方法
  • 銀行振込
  • コンビニ決済
  • 口座振替
  • クレジットカード
自動
インストール
  • WordPress
  • EC-CUBE
  • RoundCube
  • phpMyAdmin
  • phpPgAdmin

Zenlogicホスティング(ゼンロジック・ホスティング)は、中小企業向けのクラウド型レンタルサーバーです。小規模から大規模サイトまで、ECサイトや企業の自社サイトなどを構築して運営できます。

簡単・手軽に使える仮想専用環境(VPS)のクラウド型レンタルサーバーです。CPU/メモリ/ディスク容量などのサーバーリソースを自由に拡張・変更できます。自社サイトのアクセス数が急に増えて、サーバーのスペックを増強する必要が出た際に、いつでも自由にサーバーリソースを拡張できます。レンタルサーバーが拡張性に優れているので、サーバーのデータ移行作業などが不要になり、自社サイトの運営に労力を集中できます。

共有サーバー並みの価格で、専用サーバー並みの安定性とクラウドの拡張性をあわせ持ち、大容量・高速ネットワーク、高信頼を誇るYahoo! JAPANのIaaS型クラウド基盤を採用、さらに豊富なセキュリティ対策機能も標準搭載しているので、安心で快適なレンタルサーバー利用できます。

また、電話サポートや専門スタッフによる作業代行サービスなど、サポート体制が充実しています。安心して導することができます。

公式サイト

Zenlogic[ゼンロジック]

更に詳しい情報

Zenlogic(ゼンロジック) – レビュー&評判

ビジネス向け共用レンタルサーバー

さくらインターネット ビジネスプラン

月額料金 2,571円(税込)
初期費用 5,142円(税込)
ディスク容量 300GB
MySQL 100個
マルチ
ドメイン
40個
サポート体制 電話、メール
お試し
無料期間
2週間
支払方法
  • クレジットカード
  • 請求書払い
  • 銀行振込
  • 自動口座振替
自動
インストール
  • WordPress
  • MovableType
  • Xoops Cube

さくらインターネットのレンタルサーバーは、「価格・機能・使い易さ」のバランスが取れたビジネス向けの共有レンタルサーバーです。

企業の自社サイト、企業の自社サービス、ECサイト、グループウェアなどを設置して運用するのに最適です。SSHが利用可能なので、本格的なプログラムを開発・運用する事ができます。複数のWebサイトを管理したい方におすすめの共有レンタルサーバーです。

公式サイト

さくらのレンタルサーバ ビジネス


エックスサーバー X10プラン

月額料金 1,000円(税込1,080円)
初期費用 3,000円(税込3,240円)
ディスク容量 200GB
MySQL 30個
マルチ
ドメイン
無制限
サポート体制 電話・メール
お試し
無料期間
10日間
支払方法
  • クレジットカード
  • コンビニ決済
  • 銀行振込
自動
インストール
  • WordPress
  • Movable Type Open Source
  • Xoops Cube
  • osCommerce
  • Zen Cart
  • PukiWiki

エックスサーバーは、高速動作する高機能レンタルサーバーです。個人・ビジネスの両方で活躍します。

他の格安レンタルサーバーよりは月額料金が少し高くなりますが、そのかわりに利用できるディスク容量やデータベース数が多く、マルチドメインも無制限です。

このレンタルサーバーは、個人ブログやアフィリエイトブログなど、複数のWebサイトをまとめて管理するのに最適です。マルチドメインが無制限なので、独自ドメインやサブドメインを無制限に追加できます。

他のレンタルサーバーのサービスと比べて、1つのアカウントに対しての「CPU負荷」や「データ通信量制限」が少ない(余裕がある)ので、高速にWebサイトが表示されます。(例えば、格安レンタルサーバーでは、CPU負荷やデータ通信量の制限の上限が厳し目に設定されているので、Webサイトが低速に表示される。)

サポート体制は電話サポートもあり、サポート体制は万全です。個人向けの共用レンタルサーバーとしては、最上級のレンタルサーバーのサービスです。

公式サイト

エックスサーバー

更に詳しい情報

エックスサーバー – レビュー&評判

最後に

ビジネス向けのレンタルサーバーは、料金の安さだけで選んではいけません。サーバーの反応速度・安定性・拡張性を総合的に考慮して選びましょう。

ビジネス向けのレンタルサーバーを選ぶ際は、現時点での運用に耐えられることはもちろんですが、近い将来、運用サイトのアクセス数が増えて、サーバーのリソースを増強しなければならない場合も想定しておく必要があります。サーバーリソースの増強が必要になった場合に、スムーズにリソースを拡張できるレンタルサーバーを選びましょう。

最後までお読み頂きありがとうございます

ネタワンは皆様の善意に支えられています。
この記事の内容が役に立ったと思ったら、記事をソーシャルメディアで共有してね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSSフィードを購読する

follow us in feedly

スポンサーリンク

賢威7 - SEOマニュアル&テンプレート

新バージョンの賢威7が購入者向けに先行公開中。


賢威7の詳細&レビューはこちら