アフィリエイト広告比較。成果報酬型広告とクリック報酬型広告(PPC広告)を利用してアフィリエイト報酬を稼ごう。

Pitta!(ピッタ!)- レビュー&評判

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事公開 2013.03.28

最終更新 2016.12.02

Pitta!

Pitta!(ピッタ!)は、クリック報酬型の広告配信サービスです。

広告の配信形式は、ローテーション型です。「Pitta!に登録されている広告」と「他社アドネットワークに登録されている広告」が交互に入れ替わりながら表示されます。ローテーション型広告なので、広告の収益性は標準レベルです。

Adsenseと比べてしまうと、どうしても登録されている広告が少なく感じてしまいますが、様々な広告ネットワークを試してみたい方には魅力的な広告配信サービスです。

難易度 標準
入会審査 有り
配信広告の多さ 標準(ブログの内容やアクセス数によって異なる)
広告の収益性 標準(ブログの内容やアクセス数によって異なる)
備考 一般向け広告のみ

公式サイト

Pitta!(ピッタ!)

ピッタ!を利用してみた上での個人的感想

  1. 入会審査は厳格に行われている。(ブログの内容に不備があると、入会審査に通らないようです。)
  2. この広告配信サービスは、AdSenseよりは、広告の掲載ルールが厳しくありません。もちろん、エロ・グロ・違法なものは禁止されています。
  3. AdSenseと比べてしまうと、どうしても配信される広告が少なく感じてしまいます。広告主がメディア(ブログ運営者)に対して、広告を配信するかどうがかを個別に指定するようです。
  4. 広告の配信方式は、コンテンツマッチ型ではなく、ローテーション型広告です。「Pitta!に登録されている広告」と「他社アドネットワークに登録されている広告」が交互に入れ替わりながら表示されます。
  5. 入会して間もない頃は、自分のブログに対して、広告主が個別指定する数が少ないので、配信される広告は「他社アドネットワークに登録されている広告」が表示される場合が多い。
  6. 「他社アドネットワークに登録されている広告」は、管理画面で個別制御できません。

ピッタ!と相性が良いブログの例

  1. AdSenseの広告掲載ルールが厳しくて嫌気をさした人がこの広告をよく利用しているようです。(推測)
  2. AdSenseだけに依存するのは良くないので、リスク分散として利用すると良いかも。

スポンサーリンク

最後までお読み頂き、ありがとうございます

この記事の内容が役に立ったと思ったらソーシャルメディアで共有してね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSSフィードを購読する

follow us in feedly

スポンサーリンク

ワードプレステーマTCD

ネタワンでも利用しているTCDのWordPressテーマを紹介します。様々な種類のテーマが販売されています。

CORE(TCD027)

WordPressテーマ「CORE (TCD027)」

マガジンスタイルのメディアサイト(ポータルサイト)を構築できるWordPressテーマ


ワードプレステーマTCDの詳細&レビューはこちら